データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:エース

立教大・中川颯とは。1年時から幅広い起用法で活躍の長身サブマリン 2年時には大学日本代表にも選出

2020/09/15

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト候補として名前が挙がる立教大(東京六大学野球連盟)の中川颯投手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    神奈川県出身の中川は、小雀少年野球部(小雀小)、横浜泉シニア(大正中)、桐光学園高を経て、立教大に入学した右投左打の投手。身長184センチ、体重80キロ(立教大野球部HPより)。高校時代の甲子園出場経験はないが、投打で光る才能を見せていた。    大学時代は、1年春からベンチ入りを果たし、主にクローザー ... 続きを見る


ドラフト1位有力候補の慶應大・木澤尚文とは。3年時に全国制覇を経験

2020/09/10

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト1位有力候補として名前が挙がる慶應大(東京六大学野球連盟)の木澤尚文投手に焦点を当てる。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    千葉県出身の木澤は、慶應義塾高を経て、慶應大に入学した右投右打の投手。身長182センチ、体重78キロ(慶應大野球部HPより)。高校時代の甲子園出場経験はなく、現在は同野球部の副主将を務めている。    大学野球では、2年春からベンチ入り。タイトルの受賞歴はないが、3年秋のリーグ戦優勝、明治神宮 ... 続きを見る


“新エース誕生”へ。マリナーズ、技巧派左腕ゴンザレスと4年契約 加入後に才能開花した男の流出阻止

2020/02/04

“キング”ヘルナンデスの後継者なるか  シアトル・マリナーズが先発左腕のマルコ・ゴンザレス投手と2024年まで契約延長した。米公式サイト『MLB.com』が3日(日本時間4日)、伝えている。    同サイトによると、マリナーズとゴンザレスは4年3000万ドル(約32億6000万円)で契約延長に合意。4年目となる24年シーズン終了後にフリーエージェント(FA)となる。また、25年には球団側にオプションが付いている。    マリナーズのジェリー・ディポートGMはゴンザレスとの契約延長について「彼の存在感、競争心、(試合への)準備力、そしてリーダーシップが、チームの未来の鍵だ」と ... 続きを見る


ナショナルズの先発右腕シャーザー“屈辱”乗り越え万全 「2度と起きないように」身体づくりを徹底

2020/01/12

昨季は世界一貢献も2度の負傷者リスト入り。2年目以降では最少の登板数  初のチャンピオンリングを手にしたワシントン・ナショナルズのマックス・シャーザー投手が、今季を万全の状態で迎えられることを明らかにした。米スポーツ専門サイト『ESPN』が11日(日本時間12日)、伝えている。    シャーザーはメジャー12年目の昨季、首と背中の負傷で2度の負傷者リスト(IL)入りを経験。メジャー2年目以降では最少となる27試合の登板に留まり、通算2500奪三振を達成したもののレギュラーシーズン11勝7敗に終わった。    チームはポストシーズンを勝ち進み、シャーザー自身3勝も挙げて迎えた ... 続きを見る


ヤンキース・田中将大は「不運」だったのか 連続得点試合ストップで黒星。“エース”としての真価とは

2019/09/03

今季は先発ローテ5人の中で2番目に少ない援護点  ニューヨーク・ヤンキースが2日(日本時間3日)に行われた、本拠地ヤンキー・スタジアムでのテキサス・レンジャーズ戦で完封負けを喫し、昨季7月から続いていた連続得点試合が「220」でストップした。打線の援護に恵まれなかった先発・田中将大投手は6回2失点ながら8敗目を喫している。    2009年以来10年ぶりの世界一を目指すアメリカン・リーグ東地区首位のヤンキースは、この日レンジャーズ戦で0-7で完封負け。打線は相手先発のマイク・マイナー投手に対して4度の3者凡退を喫するなど散々だった。試合を通じても、二塁打2本が飛び出すなど6安打を放ち ... 続きを見る


自身初の沢村賞に輝いた巨人・菅野。今季成績は歴代エースのキャリアハイと比較しても遜色なし

2017/11/02

 読売ジャイアンツの菅野智之投手(28)は、30日の選考委員会で西武・菊池雄星投手(26)との一騎打ちを経て自身初となる沢村賞に選出された。    沢村賞の選考基準は(1) 25登板以上(2) 15勝以上(3) 勝率6割以上(4) 200イニング以上(5) 10完投以上(6) 防御率2.50以下(7) 150奪三振以上の7項目があり、今季の菅野と菊池は(4)の200イニング以上と(5)10完投以上の2つ以外は全てクリアしていた。    先発・中継ぎ・抑えの投手分業が確立している現在、投球回と完投の基準をクリアすることは難しいが、菅野の投球回は同僚のマイルズ・マイコラスと0回 ... 続きを見る


ロッテ・涌井秀章、西武・岸孝之の対決にみた“エースの条件”。渡辺SD「意外とライバル心を持っている」【中島大輔One~この1対1をクローズアップ】

2016/07/11

 7月5日のQVCマリンフィールドでは濃密な時間が流れていた。ロッテのエース・涌井、西武のエース・岸が投手戦を展開。その対決にはかつての恩師・渡辺久信SDが語っていたエースとしてのあるべき像を体解しようとする二人の姿があった。... 続きを見る


菅野智之、エースが示す2016年負けない理由。驚異の4割超え、打でも貢献【広尾晃の「ネタになる記録ばなし」】

2016/05/12

ブログ「野球の記録で話したい」を運営中で『プロ野球解説者を解説する』(イーストプレス刊)の著者でもある広尾晃氏。当WEBサイトでは、MLBとNPBの記録をテーマに、週2回、野球ファンがいつもと違う視点で野球を楽しめるコラムを提供していく。今回は2016シーズン未だ無傷の巨人・菅野智之の話だ。... 続きを見る




  • 記者募集