プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



日本ハム、近年の開幕戦戦績 開幕戦は「特別な試合」or「143分の1」?

2022/03/24

text By



プロ野球最新情報

 いよいよあす25日に開幕を迎えるプロ野球。“特別な試合”と“あくまでも143分の1“の意味合いで見解の分かれる開幕戦だが、勝敗の鍵を握る開幕投手の役割は、長いシーズンにおいても重要な意味をもつ。
 

 
 昨季パシフィック・リーグ5位の北海道日本ハムファイターズは、今季の開幕投手に北山亘基投手を指名。期待のルーキーが大役を担う。今回は、日本ハムの近年の開幕投手・スタメンと戦績にフォーカスし、各シーズンの戦いを振り返っていきたい。

2016年


 
開幕投手:大谷翔平
対戦カード:対千葉ロッテマリーンズ(QVCマリンフィールド)
試合結果:2-3 敗戦

 
 2016年の開幕戦は、敵地で千葉ロッテマリーンズと対戦。開幕投手は、大谷翔平選手が2年連続2度目の登板となった。

 同試合の大谷は、初回に3点を失ったが、以降は得点を許さずに7回9奪三振3失点(自責点2)の粘投。しかし、味方打線もロッテ先発の涌井秀章投手を打ち崩せず。8回にリリーフ投手から2点を返したが、2-3で惜敗となった。同年の大谷は、投手として21試合(140回)を投げ、10勝4敗1ホールド、174奪三振、防御率1.86、打者としても104試合に出場し、打率.322、22本塁打、OPS.1.004(長打率.588+出塁率.416)と投打に渡る大車輪の活躍。投手部門、指名打者(DH)部門のベストナインを同時受賞、シーズンMVPにも輝く偉業を成し遂げた。
 
 同年のチーム成績は、87勝53敗3分で勝率.621、2位福岡ソフトバンクホークスと2.5ゲーム差の混戦を制し、4年ぶりのリーグ優勝を果たした。クライマックスシリーズ(CS)を勝ち抜いて迎えた日本シリーズでは、セントラル・リーグ王者の広島東洋カープと対戦。2連敗後に4連勝を飾り、10年ぶりの日本一を達成した。

1 2 3 4 5 6