プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



中日、近年の開幕戦戦績 開幕戦は「特別な試合」or「143分の1」?

2022/03/24

text By



プロ野球最新情報

 いよいよあす25日に開幕を迎えるプロ野球。“特別な試合”と“あくまでも143分の1“の意味合いで見解の分かれる開幕戦だが、勝敗の鍵を握る開幕投手の役割は、長いシーズンにおいても重要な意味をもつ。
 

 
 昨季セントラル・リーグ5位の中日ドラゴンズは、今季の開幕投手に大野雄大投手を指名。2年ぶり4度目の大役を務める。今回は、中日の近年の開幕投手・スタメンと戦績にフォーカスし、各シーズンの戦いを振り返っていきたい。

2016年


 
開幕投手:大野雄大
対戦カード:対阪神タイガース(京セラドーム大阪)
試合結果:5-2 勝利

 
 2016年の開幕戦は、京セラドーム大阪で阪神タイガースと対戦。大野雄大投手が自身初の開幕投手を務めた。

 同試合の大野雄は、7回3/2を2失点の力投。初の大役を白星で飾った。同年の大野雄は、故障離脱の影響もあって規定投球回未到達。最終的に19試合(129回2/3)を投げ、7勝10敗、85奪三振、防御率3.54の成績で、4年ぶりに2桁勝利も逃した。
 
 同年のチーム成績は、58勝82敗3分で勝率.414。借金24と大きく負け越し、1997年以来の最下位に沈んだ。

1 2 3 4 5 6