データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【ヤクルト】5年前の開幕投手・開幕スタメンは? “特別な試合”か“143分の1”か。過去5年間の開幕戦を検証

2021/03/07

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 オープン戦に突入した2021年のプロ野球。いよいよ26日にはレギュラーシーズンの火蓋が切って落とされる。“特別な試合”と“143分の1“の意味合いで見解の分かれる開幕戦だが、勝敗の鍵を握る開幕投手の役割は、長いシーズンにおいても重要な意味をもつだろう。
 

 
 昨季セントラル・リーグ6位の東京ヤクルトスワローズは、今季の開幕投手に小川泰弘投手を指名。2年ぶり5度目の大役となる。今回は、ヤクルトの過去5年間の開幕投手と戦績にフォーカスし、各シーズンの戦いを振り返っていきたい。
 

2016年


 
開幕投手:小川泰弘
対戦カード:対読売ジャイアンツ(東京ドーム)
試合結果:1-3 敗戦

 
 2016年の開幕戦は、敵地で読売ジャイアンツと対戦。開幕投手は、小川が3年連続3度目の登板となった。

 同試合の小川は、6回1失点の好投を見せたが、リードを許して降板。直後にリリーフが追加点を奪われ、1-3で敗戦投手となった。同年の小川は、25試合(158回)を投げ、8勝9敗、114奪三振、防御率4.50の成績。投球内容は不安定な面も見られたが、チームで唯一の規定投球回に到達するなど先発陣の核を担った。
 
 同年のチーム成績は、64勝78敗1分で勝率.451。2連覇を目指したシーズンだったが、シーズン負け越しの5位に終わった。

2017年


 
開幕投手:石川雅規
対戦カード:対横浜DeNAベイスターズ(神宮球場)
試合結果:9-2 勝利

 
 2017年の開幕戦は、本拠地で横浜DeNAベイスターズと対戦。開幕投手は、石川雅規投手が5年ぶり8度目の登板となった。

 同試合の石川は、6回2失点の安定した投球。2点リードでマウンドを降りると、以降も打線が追加点を奪い、9-2で白星を挙げた。同年の石川は、23試合(123回1/3)を投げ、4勝14敗、88奪三振、防御率5.11と精彩を欠いた。
 
 同年のチーム成績は、45勝96敗2分で勝率.319。借金51と成績不振に喘ぎ、断トツの最下位に沈んだ。

2018年


 
開幕投手:デービッド:ブキャナン
対戦カード:対横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム)
試合結果:7-3 勝利

 
 2018年の開幕戦は、敵地でDeNAと対戦。デービッド・ブキャナン投手が自身初の開幕投手を務めた。

 同試合のブキャナンは、序盤に5点の援護をもらい、6回1失点の好投。7-3で勝利投手となった。同年のブキャナンは、28試合(174回1/3)を投げ、10勝11敗、95奪三振、防御率4.03をマーク。貯金をつくことはできなかったが、2桁勝利を挙げてチームの勝ち頭となった。
 
 同年のチーム成績は、75勝66敗2分で勝率.532。3年ぶりのリーグ優勝には届かなかったが、下馬評を覆して2位に入った。しかしクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージでは、3位巨人に2連敗で敗退となった。

2019年


 
開幕投手:小川泰弘
対戦カード:対阪神タイガース(京セラドーム大阪)
試合結果:1-2 敗戦

 
 2019年の開幕戦は、京セラドーム大阪で阪神タイガースと対戦。開幕投手は、小川が3年ぶり4度目の登板となった。

 同試合の小川は、7回1失点(自責点0)の力投。しかし打線も阪神のランディ・メッセンジャー投手を打ち崩せず、同点のままマウンドを降りた。試合は延長11回の末にサヨナラ負けを喫した。同年の小川は、26試合(159回2/3)を投げ、5勝12敗、132奪三振、防御率4.57の成績。規定投球回に到達するも、結果を残すことはできなかった。
 
 同年のチーム成績は、59勝82敗2分で勝率.418。大きくシーズンを負け越すなど再び成績が低迷し、最下位に沈んだ。

2020年


 
開幕投手:石川雅規
対戦カード:対中日ドラゴンズ(神宮球場)
試合結果:7-9 敗戦

 
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で120試合制となり、6月に開幕を迎えた2020年。開幕戦は本拠地での中日ドラゴンズ戦となり、40歳を迎えたベテランの石川が3年ぶり9度目の開幕投手を務めた。

 同試合の石川は、5回3失点と試合を作り、3点リードでマウンドを後にしたが、終盤にリリーフ陣が打ち込まれ、延長10回の末に7-9で敗れた。同年の石川は、15試合(76回1/3)を投げ、2勝8敗、41奪三振、防御率4.48の成績。好投しながらも投打が噛み合わず、勝ち星がつかない試合も目立った。
 
 同年のチーム成績は、41勝69敗10分で勝率.373。5位にも12ゲーム差を付けられ、2年連続の最下位に終わった。
 
 
東京ヤクルトスワローズ、歴代開幕投手一覧<2005年以降>






  • 記者募集