プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



ヤクルト、近年の開幕戦戦績 開幕戦は「特別な試合」or「143分の1」?

2022/03/24

text By



プロ野球最新情報

 いよいよあす25日に開幕を迎えるプロ野球。“特別な試合”と“あくまでも143分の1“の意味合いで見解の分かれる開幕戦だが、勝敗の鍵を握る開幕投手の役割は、長いシーズンにおいても重要な意味をもつ。
 

 
 昨季セントラル・リーグ1位の東京ヤクルトスワローズは、今季の開幕投手に小川泰弘投手を指名。2年連続6度目の大役となる。今回は、ヤクルトの近年の開幕投手・スタメンと戦績にフォーカスし、各シーズンの戦いを振り返っていきたい。

2016年


 
開幕投手:小川泰弘
対戦カード:対読売ジャイアンツ(東京ドーム)
試合結果:1-3 敗戦

 
 2016年の開幕戦は、敵地で読売ジャイアンツと対戦。開幕投手は、小川が3年連続3度目の登板となった。

 同試合の小川は、6回1失点の好投を見せたが、リードを許して降板。直後にリリーフが追加点を奪われ、1-3で敗戦投手となった。同年の小川は、25試合(158回)を投げ、8勝9敗、114奪三振、防御率4.50の成績。投球内容は不安定な面も見られたが、チームで唯一の規定投球回に到達するなど先発陣の核を担った。
 
 同年のチーム成績は、64勝78敗1分で勝率.451。2連覇を目指したシーズンだったが、シーズン負け越しの5位に終わった。

1 2 3 4 5 6