プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



千葉ロッテ、近年の開幕戦戦績 開幕戦は「特別な試合」or「143分の1」?

2022/03/24

text By



プロ野球最新情報

 いよいよあす25日に開幕を迎えるプロ野球。“特別な試合”と“あくまでも143分の1“の意味合いで見解の分かれる開幕戦だが、勝敗の鍵を握る開幕投手の役割は、長いシーズンにおいても重要な意味をもつ。
 

 
 昨季パシフィック・リーグ2位の千葉ロッテマリーンズは、今季の開幕投手に石川歩投手を指名。2年ぶり3度目の大役を務める。今回は、ロッテの近年の開幕投手・スタメンと戦績にフォーカスし、各シーズンの戦いを振り返っていきたい。

2016年


 
開幕投手:涌井秀章
対戦カード:対北海道日本ハムファイターズ(QVCマリンフィールド)
試合結果:3-2 勝利

 
 2016年の開幕戦は、本拠地で北海道日本ハムファイターズと対戦。開幕投手は、涌井秀章投手が通算7度目、ロッテでは2年連続2度目の登板となった。

 同試合の涌井は、7回7奪三振無失点の快投。リリーフ陣が失点して1点差に迫られたが、3-2で白星を手にした。同年の涌井は、26試合(188回2/3)を投げ、10勝7敗、118奪三振、防御率3.01をマーク。リーグトップタイの5完投を記録するなどイニングイーターぶりも発揮した。
 
 同年のチーム成績は、72勝68敗3分で勝率.514。2位福岡ソフトバンクホークスとゲーム差は開いていたものの、Aクラスの3位に入った。しかしクライマックスシリーズでは、ファーストステージ2連敗で敗退となった。

1 2 3 4 5 6