プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



阪神、近年の開幕戦戦績 開幕戦は「特別な試合」or「143分の1」?

2022/03/24

text By

photo

Getty Images



プロ野球最新情報

 いよいよあす25日に開幕を迎えるプロ野球。“特別な試合”と“あくまでも143分の1“の意味合いで見解の分かれる開幕戦だが、勝敗の鍵を握る開幕投手の役割は、長いシーズンにおいても重要な意味をもつ。
 

 
 昨季セントラル・リーグ2位の阪神タイガース。今季の開幕投手は、藤浪晋太郎投手が2年連続2度目の大役を務める。今回は、阪神の近年の開幕投手・スタメンと戦績にフォーカスし、各シーズンの戦いを振り返っていきたい。

2016年


 
開幕投手:ランディ・メッセンジャー
対戦カード:対中日ドラゴンズ(京セラドーム大阪)
試合結果:2-5 敗戦

 
 2016年の開幕戦は、京セラドーム大阪で中日ドラゴンズと対戦。開幕投手は、2年連続3度目となるランディ・メッセンジャー投手が務めた。

 同試合のメッセンジャーは、6回2/3を4失点(自責点3)と踏ん張りきれず、敗戦投手に。同年のメッセンジャーは、28試合(185回1/3)を投げ、12勝11敗、177奪三振、防御率3.01をマーク。2年ぶりの2桁勝利を挙げた。
 
 チーム成績は、64勝76敗3分で勝率.457。15年に続いてシーズン負け越し、4年ぶりのBクラスとなる4位に終わった。

1 2 3 4 5 6