データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



西武、近年の開幕戦戦績 開幕戦は「特別な試合」or「143分の1」?

2022/03/24

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



プロ野球最新情報

 いよいよあす25日に開幕を迎えるプロ野球。“特別な試合”と“あくまでも143分の1“の意味合いで見解の分かれる開幕戦だが、勝敗の鍵を握る開幕投手の役割は、長いシーズンにおいても重要な意味をもつ。
 

 
 昨季パシフィック・リーグ6位の埼玉西武ライオンズは、今季の開幕投手に髙橋光成投手を指名。2年連続の大役を務める。今回は、西武の近年の開幕投手・スタメンと戦績にフォーカスし、各シーズンの戦いを振り返っていきたい。

2016年


 
開幕投手:菊池雄星
対戦カード:対オリックス・バファローズ(西武プリンスドーム)
試合結果:5-4 勝利

 
 2016年の開幕戦は、本拠地でオリックス・バファローズと対戦。菊池雄星投手が自身初の開幕投手を務めた。

 同試合の菊池は、6回2失点(自責点1)と試合を作るも、リードを許して降板した。試合は、終盤に打線が奮起。9回1点ビハインドの展開から、サヨナラ勝ちを収めた。同年の菊池は、22試合(143回)を投げ、12勝7敗、127奪三振、防御率2.58をマーク。自身初の規定投球回到達、2桁勝利を挙げるなど確かな成長を見せた。
 
 同年のチーム成績は、64勝76敗3分で勝率.457。シーズンを負け越し、16年と同じく4位となった。

1 2 3 4 5 6


  • 記者募集