データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【西武】5年前の開幕投手・開幕スタメンは? “特別な試合”か“143分の1”か。過去5年間の開幕戦を検証

2021/03/09

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 オープン戦に突入した2021年のプロ野球。いよいよ26日にはレギュラーシーズンの火蓋が切って落とされる。“特別な試合”と“143分の1“の意味合いで見解の分かれる開幕戦だが、勝敗の鍵を握る開幕投手の役割は、長いシーズンにおいても重要な意味をもつだろう。
 

 
 昨季パシフィック・リーグ3位の埼玉西武ライオンズは、今季の開幕投手に髙橋光成投手を指名。エースとして飛躍が待たれる2014年のドラ1右腕が、自身初の大役を務める。今回は、西武の過去5年間の開幕投手と戦績にフォーカスし、各シーズンの戦いを振り返っていきたい。

2016年


 
開幕投手:菊池雄星
対戦カード:対オリックス・バファローズ(西武プリンスドーム)
試合結果:5-4 勝利

 
 2016年の開幕戦は、本拠地でオリックス・バファローズと対戦。菊池雄星投手が自身初の開幕投手を務めた。

 同試合の菊池は、6回2失点(自責点1)と試合を作るも、リードを許して降板した。試合は、終盤に打線が奮起。9回1点ビハインドの展開から、サヨナラ勝ちを収めた。同年の菊池は、22試合(143回)を投げ、12勝7敗、127奪三振、防御率2.58をマーク。自身初の規定投球回到達、2桁勝利を挙げるなど確かな成長を見せた。
 
 同年のチーム成績は、64勝76敗3分で勝率.457。シーズンを負け越し、16年と同じく4位となった。

2017年


 
開幕投手:菊池雄星
対戦カード:対北海道日本ハムファイターズ(札幌ドーム)
試合結果:8-1 勝利

 
 2017年の開幕戦は、敵地で北海道日本ハムファイターズと対戦。開幕投手は、菊池が2年連続2度目の登板となった。
 
 同試合の菊池は。7回1失点の好投。投打が噛み合い、8-1で勝利投手となった。同年の菊池は、26試合(187回2/3)を投げ、16勝6敗、217奪三振、防御率1.97をマーク。6完投4完封、最優秀防御率と最多勝の投手2冠を受賞するなど大きく飛躍を遂げた。
 
 同年のチーム成績は、79勝61敗3分で勝率.564。4年ぶりのAクラスとなる2位に入った。クライマックスシリーズ(CS)では、ファーストステージで3位東北楽天ゴールデンイーグルスに1勝2敗で敗退となった。

2018年


 
開幕投手:菊池雄星
対戦カード:対北海道日本ハムファイターズ(札幌ドーム)
試合結果:11-2 勝利

 
 2018年の開幕戦は、17年と同じく敵地で日本ハムと対戦。開幕投手は、菊池が3年連続3度目の登板となった。
 
 同試合の菊池は、5回まで無失点投球。6回に2点を失ったが、7回8奪三振2失点でまとめ、11-2で大勝を収めた。同年の菊池は、23試合(163回2/3)を投げ、14勝4敗、153奪三振、防御率3.08をマーク。故障離脱の影響もあってタイトル受賞は逃したが、防御率、勝利数でリーグ2位の好成績を残した。
 
 同年のチーム成績は、88勝53敗2分で勝率.624。12球団で唯一勝率を6割台に乗せ、10年ぶりのリーグ優勝を飾った。しかしクライマックスシリーズファイナルステージでは、2位福岡ソフトバンクホークスに2勝4敗で敗退。日本シリーズ進出を逃した。

2019年


 
開幕投手:多和田真三郎
対戦カード:対福岡ソフトバンクホークス(ヤフオクドーム)
試合結果:4-5 敗戦

 
 2019年の開幕戦は、敵地でソフトバンクと対戦。18年最多勝の多和田真三郎投手が自身初の開幕投手を務めた。
 
 同試合の多和田は、5回4失点の成績。4点リードを許してマウンドを後にした。試合は、8回に同点に追いつき延長戦へ。粘りを見せたが11回に力尽き、サヨナラ負けを喫した。同年の多和田は、シーズン途中に頻脈性不整脈の診断を受けて戦線離脱。12試合(66回1/3)を投げ、1勝6敗、37奪三振、防御率5.83の成績となった。オフには自律神経失調症を公表し、契約保留選手として治療に専念することとなった。
 
 同年のチーム成績は、80勝62敗1分で勝率.563。ソフトバンクとのデッドヒートを制し、リーグ2連覇を達成した。クライマックスシリーズファイナルステージでは、18年同様にソフトバンクに1勝4敗で敗退。2年続けて苦杯を嘗めた。

2020年


 
開幕投手:ザック・ニール
対戦カード:対北海道日本ハムファイターズ(メットライフドーム)
試合結果:3-0 勝利

 
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で120試合制となり、6月に開幕を迎えた2020年。開幕戦は敵地でのソフトバンク戦となり、ザック・ニール投手が自身初の開幕投手を務めた。
 
 同試合のニールは、6回1安打無失点の快投。後を受けたリリーフ陣も日本ハム打線に得点を与えず、3-0の完封リレーで白星を飾った。同年のニールは、21試合(112回)を投げ、6勝8敗、66奪三振、防御率5.22の成績。年間通して先発ローテーションを回ったものの、不安定な投球が目立った。
 
 同年のチーム成績は、58勝58敗4分で勝率.500。リーグ3連覇は逃したが、シーズンを5割で終え、順位は3位となった。
 
 
埼玉西武ライオンズ、歴代開幕投手一覧<2005年以降>






  • 記者募集