データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:オーストラリア代表

キューバがオーストラリアを破り2次R進出!14日に侍ジャパンと再戦へ

2017/03/10

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のプールB、1次ラウンドのキューバ代表対オーストラリア代表が10日に東京ドームで行われ、キューバ代表が4対3で勝利した。    両チーム1勝1敗で並び、2次ラウンド進出をかけた試合を制したキューバが、4大会連続でWBCの2次ラウンド進出を果たした。    オーストラリア代表は4回まで毎回得点圏に走者を置くも、あと一本が出ずに無得点。4回裏に一死満塁としたキューバも投ゴロ併殺打で得点ならず。お互いに点が取れない展開が続いた。    膠着状態の試合は5回に動く。5回表にオーストラリアの4番・デニングが四球と盗塁で5度目のチ ... 続きを見る


豪州は今大会初のコールド勝利で1次R突破へ望みつなぐ。日本は2次R進出決定

2017/03/09

中国0-11オーストラリア   ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のプールB第1ラウンドの中国対オーストラリアの試合が9日に東京ドームで行われ、0対11でオーストラリア代表が勝利した。    この試合では8回に11点差がついたため、規定により今大会初のコールドゲームとなった。    この勝利により、プールBで2勝以上のチームが2つ以上存在することがなくなったため、既に2勝を上げている侍ジャパンの2次ラウンド進出が確定し、12日に2次ラウンドでプールA2位のオランダと対戦することになった。    また、オーストラリアも対戦成績を1勝1敗とし、2位 ... 続きを見る


豪州勝利で日本は2次R進出決定。5回終了時点で豪州が4点リード

2017/03/09

中国 0-4 オーストラリア    ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のプールB第1ラウンドの中国対オーストラリアの試合が9日、東京ドームで行われている。    この試合でオーストラリアが勝利すると、キューバとオーストラリアの戦績が1勝1敗となり、2勝以上出来るチームが日本ともう1国のみとなるため、日本の2次ラウンド進出が確定する。また、両国の戦績は現在0勝1敗となっており、1次ラウンド突破へ望みを繋ぐために、負けられない試合となっている。    オーストラリア先発は2014年に東北楽天ゴールデンイーグルスに所属していたブラックリー、中国先発はジュ・チュ ... 続きを見る


豪監督、菅野に「脱帽」。かつて松坂らのスカウトが侍Jエースを絶賛

2017/03/09

 WBCの1次ラウンド・プールBの侍ジャパン対オーストラリア代表戦が、8日に東京ドームで行われ、侍ジャパンが中田翔内野手・筒香嘉智外野手のアベック本塁打などで4対1と勝利。侍ジャパンは2次ラウンド進出へ大きく前進した。    敗れたオーストラリアのジョン・ディーブル監督は試合後に先発の菅野智之投手を絶賛。4回1/3を1失点に抑えた菅野は彼の目にも印象に残ったようだ。    オーストラリアのディーブル監督は監督業と共に現在はロサンゼルス・ドジャースのスカウトも務めている。以前はボストン・レッドソックスの環太平洋地区スカウトも務めており、松坂、岡島、田澤の日本人投手のスカウトを ... 続きを見る


侍Jは“丸裸”、豪州への苦戦も必然。進む“日本包囲網”、対策への対策が急務

2017/03/09

WBC第2戦。日本は豪州に4-1で勝利した。点差だけを見れば快勝と言ってもいいが、終盤まで侍Jは苦しめられた。それには理由がある。豪州は日本を徹底的に分析。また、その傾向は豪州だけでなく各国同様だ。日本対策もとい“日本包囲網”は完成しつつある。連勝も手放しで喜んでいいわけではない。... 続きを見る


WBC今大会初ヒットが決勝弾の中田翔、待望の一発は「初球からフルスイングを」

2017/03/09

 WBCの1次ラウンド・プールBの侍ジャパン対オーストラリア代表戦が8日に東京ドームで行われ、侍ジャパンが4対1で勝利。2次ラウンド進出へ大きく前進した。    この試合、7回に貴重な勝ち越し点となる一発を放ったのがキューバ戦は無安打に終わった中田翔内野手だ。   「試合前に誠也とどっちが先に打つか勝負だという話はしていたので、やっぱり自分が最後だなあという風に思いながら見ていた」と語った中田。キューバ戦では侍ジャパンは14安打を放つも、中田翔と鈴木誠也外野手が無安打。鈴木が5回に待望の初安打を放ち、スタメンで最後に残されたのが中田だった。    しかし、待望の瞬 ... 続きを見る


【速報・8回】筒香、大きな追加点となる2点本塁打!宮西は相手の勢いを抑える好投

2017/03/08

 オーストラリア代表は8回もウィリアムズが続投。  ウィリアムズは山田、菊池を打ち取ると、青木、筒香と左打者が続く場面で左腕のケネディにスイッチ。しかし、この継投が完全に裏目に出た。    青木に四球を与え出塁を許すと、4番筒香がライトポール際に特大本塁打を放ち、2点を追加した。ケネディは5番中田に四球を与えたところで降板。1アウトも奪えない乱調であった。6番坂本のところで、5番手・サールが登板。坂本は遊ゴロに倒れたが、この回、筒香の本塁打で2点を追加し、終盤で3点と差を広げた。    裏のオーストラリアの攻撃は、宮西の好投もあり三者凡退に終わった。   オースト ... 続きを見る


【速報・7回】中田、値千金の勝ち越し本塁打!続投の千賀は2回無失点と好投

2017/03/08

 7回からは、ウェルズに代わりウィリアムズが登板。  投手交代後、試合はすぐに動いた。5番中田がウィリアムズの初球を左翼席へ運び、値千金の勝ち越し本塁打を放った。続く6番坂本は二飛に倒れたが、7番鈴木は四球で出塁。しかし、8番松田は空振り三振、9番小林も一飛に倒れ、この回の攻撃は終了。  しかし、今大会初安打となる中田の本塁打でついに勝ち越しに成功。試合終盤に突入したところで、待望の追加点を奪った。    7回裏は千賀が続投した。千賀はこの回も持ち味を活かし、好投を披露した。  7番デサンミゲルを空振り三振、8番オールティエンを二ゴロ、9番ハーマンを三ゴロと三者凡退に抑えた。 味方の ... 続きを見る


【速報・6回】侍打線、2番からの好打順も三者凡退。この回から登板の千賀は1回3奪三振と好投

2017/03/08

 5回に同点に追いつき、勢いに乗りたい侍打線だったがこの回はウェルズの前に沈黙。  2番菊池は空振り三振、3番青木は左飛、4番筒香は外角のスライダーに見逃し三振を喫し、三者凡退に終わった。6回までで計4安打と、なかなかオーストラリア投手陣を捉えられないまま、試合は終盤戦に向かうことになった。   裏の守備からは、ソフトバンク・千賀滉大が登板。今日の千賀も球威抜群で、オーストラリア打線に付け入る隙を与えなかった。 3番ヒューズを155キロの直球で空振り三振、4番デニングをフォークで空振り三振と連続三振に仕留めたが、5番ケネリーに三塁強襲の内野安打を許す。 しかし、6番ウェルチを速球で三 ... 続きを見る


【速報・5回】侍打線、連打で好機作り松田の犠飛で同点!岡田は満塁のピンチを凌ぐ

2017/03/08

 5回表も続投のアサートンを、侍打線が遂に捉えた。  6番坂本が左前に1回表ぶりの安打を放つと、相手の守備がもたつく間に好走塁で2塁を陥れ、無死2塁とチャンスを作る。また、7番鈴木も二塁内野安打を放ち、昨日大活躍の松田の打席のところで、アサートンからウェルズにスイッチ。 ここで松田がまたも仕事を果たす。2球目をレフトに運び、犠飛で1点を奪い試合を振り出しに戻した。昨夜に続き、今日もチームの勢いを取り戻す一打を放った。    その後は1死1塁となり、9番小林は犠打でしっかりと送り2死2塁のチャンスで1番山田に打席を回す。しかし、山田は中飛に倒れ3アウトとなった。しかし、この回は松田の犠 ... 続きを見る


【速報・4回】侍打線、1回から12人連続アウト…。菅野は先頭打者を出すも粘りの投球で無失点

2017/03/08

 侍打線は、4回もアサートンを捉えきれなかった。  3番青木は一ゴロ、4番筒香は遊ゴロ、5番中田も右飛に倒れ、1回から数えて12人連続アウトとなってしまった。四球での出塁もなく、1回の菊池の安打以降、1度も出塁出来ていない。反撃のためにも、昨日の試合のような打線爆発が待たれる。    裏の守備では、4回も菅野が続投。  先頭のヒューズに三遊間を抜ける左安打を許し、先頭打者の出塁を許す。そして、4番デニングの二ゴロの間に進塁を許し1死2塁となるが、5番ケネリーを見逃し三振、6番ウェルチを空振り三振と、連続三振で追加点を許さなかった。   オーストラリア 1-0 侍ジャパン & ... 続きを見る


【速報・3回】侍打線、荒れ気味右腕の前にまたも三者凡退…。菅野は3回33球と省エネ投球

2017/03/08

 3回も、侍打線は制球が荒れ気味のアサートンを攻めきれなかった。 9番小林は二ゴロ、1番山田は左飛、2番菊池も二ゴロに倒れ、10球で3アウトとなってしまった。    裏では菅野が持ち直した。  9番ハーマンを高めのボール球で空振り三振、1番カンディラスを一邪飛、2番ペレスフォードを投ゴロと、下位打線からのスタートながら、この回わずか8球で三者凡退に仕留めた。   オーストラリア1-0侍ジャパン   【オーストラリア】 アサートン 42球   【侍ジャパン】 菅野 33球   本塁打 オ デサンミゲル(2回ソロ) 侍   バッテリー 【 ... 続きを見る


【速報・2回】侍打線、相手の術中にはまり三者凡退…。菅野はソロ被弾で先制点許す

2017/03/08

 2回は6番坂本から攻撃が始まったが、坂本は遊ゴロ、7番鈴木は遊飛、8番松田も見逃し三振に倒れ、三者凡退に終わった。顔の前を通過するボールが2球見られるなど、この回はいまいち制球が安定していない先発・アサートンを攻めることが出来なかった。    裏のオーストラリアの攻撃では、5番ケネリーの強い打球を遊撃・坂本がエラー。先頭打者を出塁させてしまうが、6番ウェルチを二ゴロ併殺打に打ち取る。しかし、7番デサンミゲルにスライダーを右中間スタンドに運ばれ、先制点を献上してしまう。その後の8番オールティエンは一ゴロに打ち取り3アウトを取ったが、この回は相手に貴重な先制点を許してしまった。 &nb ... 続きを見る


侍J、エース・菅野が先発。目覚めた打線で連勝なるか? 第2戦豪州戦スタメン発表

2017/03/08

 侍ジャパンは8日、東京ドームで行われる第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンド・プールB第3戦でオーストラリアと対戦する。この一戦に挑むスタメンが発表された。    侍ジャパンの先発は巨人・菅野智之、オーストラリア先発はティム・アサートンとなっている。    小久保監督は、7日のキューバ戦で11得点を挙げた打線を変更せず2戦連続の大量得点を目指す。    また、オーストラリア打線には2015年シーズンに東京ヤクルトスワローズに在籍していたミッチ・デニング外野手が4番・センターでスタメン入りしている   侍ジャパン 1(指)山田哲人 ... 続きを見る


【WBC2017】各プールの順位表

2017/03/06

プールA 高尺スカイドーム 勝 分 負 得点 失点 イスラエル 3 0 0 21 10 オランダ 2 0 1 13 9 韓国 1 0 2 12 15 チャイニーズ・タイペイ 0 0 3 20 32   ※イスラエル、オランダが2次ラウンドに進出   【次ページ】プール... 続きを見る


予選勝ち上がった豪州代表、充実の救援陣は侍ジャパン打線を翻弄できるか?【WBC戦力分析】

2017/03/04

 今大会で4大会連続のWBC出場となるオーストラリア代表だが、過去にWBCで白星をあげたのは、メキシコを17-7で破った2009年大会の初戦のみ。2013年は台湾・韓国・オランダに3連敗を喫し、今回は予選からの出場となっていた。    過去3大会同様、選手層は決して厚いとは言えない。しかし、その中でも救援陣はチームの武器となりうる。特に大きいのが、第1回大会以来の代表参加となる、ピーター・モイラン投手の存在。サイドスローから繰り出されるシンカーとスライダーのコンビネーションでゴロを打たせる投球が持ち味。昨季はカンザスシティ・ロイヤルズで50試合に登板、防御率3.43の成績を残した。「 ... 続きを見る