データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



キューバがオーストラリアを破り2次R進出!14日に侍ジャパンと再戦へ

2017/03/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のプールB、1次ラウンドのキューバ代表対オーストラリア代表が10日に東京ドームで行われ、キューバ代表が4対3で勝利した。
 
 両チーム1勝1敗で並び、2次ラウンド進出をかけた試合を制したキューバが、4大会連続でWBCの2次ラウンド進出を果たした。
 
 オーストラリア代表は4回まで毎回得点圏に走者を置くも、あと一本が出ずに無得点。4回裏に一死満塁としたキューバも投ゴロ併殺打で得点ならず。お互いに点が取れない展開が続いた。
 
 膠着状態の試合は5回に動く。5回表にオーストラリアの4番・デニングが四球と盗塁で5度目のチャンスを作ると、7番・ウエードがイエラのスライダーを三遊間に運び、ようやく1点を先制する。
 
 しかし、その裏にキューバ打線が二死から安打と四球で満塁とすると、4番・デスパイネが内角のストレートを完璧に捉え、左中間スタンドに満塁本塁打を打ち込み逆転。3点差とした。
 
 オーストラリアは7回、8回に1点ずつ返すも、あと一歩及ばず。チーム史上初の2次ラウンド進出はお預けとなった。
  
 オーストラリアに勝ち、2次ラウンド進出を果たしたキューバは14日には侍ジャパンとの再戦が控えている。1次ラウンドで11対6と乱打戦が展開されたが、2次ラウンドではどうなるか。侍ジャパンにとって要注意の相手が2次ラウンドへ乗り込んできた。