データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





侍J、スーパーラウンド初戦で豪州からサヨナラ勝ち!延長11回に安田が中前サヨナラ打【U-18野球W杯】

2017/09/08

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



○侍ジャパン 4X-3 オーストラリア●(延長11回)
 
 侍ジャパンU-18代表は、7日(日本時間7日~8日未明)にカナダ・サンダーベイで行われている「第28回WBSC U-18 ベースボールワールドカップ」のスーパーラウンド第1戦でオーストラリア代表と対戦。侍ジャパンは延長11回タイブレークで4-3でオーストラリア代表をサヨナラ勝利で破った。
 
 侍ジャパンの先発は今夏の甲子園の1回戦の広陵戦で中京大中京の先発として好投した磯村。磯村は初回走者を出すも粘りの投球でオーストラリア打線を抑える。すると、侍ジャパンはその裏にチャンスを作り、櫻井(日大三)の適時打で先制。さらに相手のミスを突いた安田(履正社)の好走塁で2点目を獲得する。
 
 4回にオーストラリアに同点に追いつかれるが、その裏に安田の右翼線への強烈な適時二塁打で勝ち越しに成功する。
 
 しかし、6回に1死満塁のピンチから左翼への大飛球。櫻井の好プレーでなんとか犠飛に抑えるが、同点となる。
 
 先発の磯村は6回8安打、8三振、2四球、3失点で降板。2番手の清水(花咲徳栄)がマウンドに上がる。
 
 清水はオーストラリア打線を7回、8回、9回と無失点に抑える快投。侍ジャパンは9回裏に1死から清宮が出塁するも、打線がつながらず。試合は延長戦タイブレークへと持ち込まれた。
 
 延長10回は両軍無得点に終わると、延長11回からは今大会絶好調の田浦(秀岳館)が登板。1死満塁から2者連続で見逃し三振に抑え、味方のサヨナラ勝ちを待つ。
 
 すると、侍ジャパンは、1死満塁から安田が中前へはじき返し、侍ジャパンが4-3で勝利した。
 
 勝った侍ジャパンはスーパーラウンドの成績を2勝1敗(オープニングラウンドの持ち越し)として決勝戦進出への望みをつないだ。

スポンサードリンク