プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】侍ジャパン、オーストラリア代表に快勝! 今永昇太らが快投、村上宗隆は3戦連続弾

2022/11/09

text By

photo

産経新聞社



侍ジャパン野球日本代表 最新情報(最新ニュース)

<侍ジャパンシリーズ2022 オーストラリア 1―8 日本>(9日、札幌ドーム)

 

 
 野球日本代表「侍ジャパン」は9日、オーストラリア代表との強化試合を9日、札幌ドームで開催。中盤に得点を重ねた侍ジャパンが8-1で勝利し、強化試合3試合連続となる白星を飾った。
 
 侍ジャパンは、左腕の今永昇太が先発マウンドに上がった。初回、1死から連打を浴びると、右翼手の三塁送球が逸れる間に走者が生還。いきなり先制を許す苦しい立ち上がりとなった。
 
 しかし、打線は2回、先頭の村上宗隆、続く牧秀悟の連続ヒットとワイルドピッチで1死二、三塁のチャンス。7番・岡本和真が二遊間を破る2点タイムリーを放ち、逆転に成功した。
 
 守備のミスも絡んで失点を喫した先発・今永だったが、2回以降は圧巻の奪三振ショー。4回10奪三振1失点(自責点0)の好投を披露した。
 
 1点差のまま迎えた5回、侍ジャパンは2死から3番・山田哲人が右安で出塁。続く4番・村上は、右腕の緩い変化球を完璧にとらえた。打った瞬間の当たりはライトスタンドに飛び込み、強化試合3戦連続となる2ラン本塁打で待望の追加点を奪った。
 
 さらに6回、無死一、二塁から8番・佐藤輝明が右中間フェンス直撃の適時二塁打を放つと、その後も1番・近本光司、四球を挟んで3番・山田がタイムリー。この回だけで6安打を浴びせ、一挙4得点を挙げた。

 

 

 投手陣は、5回から戸郷翔征が登板。4イニングを球数48球、被安打1、与四死球0、奪三振7、失点0と安定感抜群の投球を見せると、9回は左腕・森浦大輔が試合を締めた。