データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プレミア12速報】侍ジャパン、稲葉監督の采配ズバリ。周東・源田の機動力、最後は気迫で押し出し

2019/11/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 スーパーラウンド 日本 3-2 オーストラリア>(11日、日本:ZOZOマリンスタジアム)
 
 野球日本代表「侍ジャパン」は11日、オープニングラウンド・グループCを2位通過したオーストラリア代表と対戦。3-2で逆転勝利を収め、スーパーラウンド2勝目を挙げた。
 
 日本は、先発・山口俊が3回に先制を許すと、4回にも追加点を与え、0-2とビハインドの展開。序盤からオーストラリアのペースとなる。
 
 しかし、4回裏に“日本の4番”鈴木誠也が一発を放ち、1点差。さらに7回、代走で出場した周東佑京が二盗と三盗を決めチャンスを広げると、8番・源田壮亮がセーフティバントを決め、2-2の同点に追いついた(記録はフィルダースチョイス)。
 
 そして8回、2死から近藤健介がラッキーな二塁打で出塁すると、鈴木の敬遠と、代打・山田哲人の四球で満塁とする。さらに浅村栄斗も押し出しの四球を選び、ついに勝ち越しを決めた。
 
 9回は、守護神・山﨑康晃がオーストラリア打線を3人で完璧に抑えて勝利。投手陣は、5投手が無四球で試合を作った。
 
 侍ジャパンは、あす12日にアメリカ代表と対戦。ファイナルラウンド進出を目指して、勝利を重ねられるか。
 
【順位表】侍ジャパン、スーパーラウンドの相手は?<組み合わせ、試合日程・結果、放送予定一覧>




  • 記者募集