データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プレミア12速報】侍ジャパン、4番・鈴木誠也の一発で反撃 山口俊が4回までに2失点

2019/11/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 スーパーラウンド 日本 - オーストラリア>(11日、日本:ZOZOマリンスタジアム)
 
 野球日本代表「侍ジャパン」は11日、オープニングラウンド・グループCを2位通過したオーストラリア代表と対戦。4回まで1-2とリードを許す展開となっている。
 
 侍ジャパン先発の山口俊は、初回オーストラリア打線を三者凡退に抑える落ち着いた立ち上がり。2回には、得意のフォークを有効に使い、4番ウェイド、5番ホワイトフィールド、6番ニルソンを3者連続三振に斬る圧巻の投球を見せた。
 
 しかし3回、先頭のジョージに二塁打を許すと、2死から1番ケネリーに中前に抜ける適時打を浴び、先制を許した。さらに4回、2死からホワイトフィールドに右前に運ばれて走者を背負うと、続くニルソンに甘く入ったスライダーを弾き返され、2点目を失った。
 
 一方の打線は、オーストラリア先発ルジクの前に攻略の糸口をつかめず、3回まで松田宣浩の左前安打のみに抑えられた。しかし4回裏、2死から4番・鈴木誠也が重苦しい雰囲気を吹き払うソロ本塁打で反撃。試合は1-2で中盤5回へと進んでいる。




  • 記者募集