データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





タグ:マイアミ・マーリンズ

イチロー、MLB17年の全軌跡 全米を驚愕させた新世紀 <2001年>【編集部フォーカス】

2017/09/22 NEW

 来月22日に44歳を迎えるイチロー。メジャー17年目のシーズンは人生初の代打の切り札としての役割を担っているが、月ごとに成績を伸ばし、代打安打のMLB記録までも残り2本と迫っている。今回は、数々の名場面を残してきたイチローの伝説をMLBデビューの年から振り返る。 【次ページ】MLBデビュー&初安打... 続きを見る


【MLB】9回に値千金の同点打放ったイチローを指揮官も大絶賛「どんな状況でもヒットを打ち続ける」

2017/09/20

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手は、19日に本拠地で行われたニューヨーク・メッツ戦に1番・左翼手として先発出場。    この日は9回まで快音が出ず4打数ノーヒットとなっていたが、1点ビハインドで迎えた9回裏二死1・2塁のチャンスでベテランの真骨頂が発揮された。    イチローは速球で攻めてくるラモスに対し、3球目の速球を逆らわずに逆方向へ。「スタットキャスト」の計測によると、イチローは速度が87.7マイル、角度は12度という打球を放ち、遊撃手・レイエスのグラブをかすめて打球はフェアゾーンに。その間に二塁走者は生還し、チームは土壇場で同点に追いつくことに成功した。そして ... 続きを見る


【MLB】イチロー、青木が1番打者で共演!田澤も8回から登板し日本人3選手揃い踏み

2017/09/20

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手は、本拠地で行われたニューヨーク・メッツ戦に1番・左翼として先発出場。イチローの1番起用は6月25日のシカゴ・カブス戦以来となり、今季初の3戦連続先発出場となった。    また、この試合にはニューヨーク・メッツの青木宣親外野手も1番・右翼手として先発出場。日本の誇る安打製造機2人が、ナ・リーグ東地区の一戦で共演を果たした。日本人打者の1番共演は、2011年の9月19日のイチロー(マリナーズ)と福留孝介(インディアンス)以来となった。    イチローは5打数1安打で打率を.263とした。イチローは9回に1点ビハインドで二死1・2塁と一打同 ... 続きを見る


【MLB】イチロー、「7番・右翼」で技あり2点適時打 歴代21位まで残り5本

2017/09/18

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手は17日(日本時間18日)、敵地で行われたミルウォーキー・ブリュワーズ戦に「7番・右翼」で先発、4打数1安打2打点として打率を.260とした。     大型ハリケーン「イルマ」の影響でマーリンズの主催試合ながらも、ミルウォーキーで行われた3連戦。イチローはシリーズの最終戦で3日ぶりに先発出場を果たす。    第1打席は詰まった当たりの三飛に倒れると、チームが5点を取られた4回の守備では、二塁後方の当たりに猛チャージ。内野手と交錯しそうになりながら手を伸ばすが、ボールはグラブをかすめるも捕ることができずに6点目を失った(記録は右前打)。 ... 続きを見る


【MLB】17年目のイチロー、今季もバント安打は見られず?2015年までは14年連続で記録

2017/09/16

 メジャー17年目のシーズンも佳境に入ってきたマイアミ・マーリンズのイチロー(43)。今季は代打出場がメインとなっているが、シーズン打率は2割6分台まで持ち直し、代打打率に至っては3割台に近づいている。   そして、通算安打数も重ね続けて歴代安打数ランキングも日々更新し、王貞治氏の持っていた5862塁打の記録を抜くなど、球史に残る記録を更新し続けている。    そんなイチローだが、実は今季も代名詞ともいえる芸術的なバント安打が0となっている。イチローはメジャーでもバントの名手として知られており、2001年から2015年までは毎年バント安打を記録していたが、昨季からバント安打 ... 続きを見る


【MLB】「特別な特別な選手」 イチローの二塁打に元チームメイト詠嘆

2017/09/15

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、14日(日本時間15日)に敵地で行われたフィラデルフィア・フィリーズ戦に「2番・中堅」として先発出場。3打数2安打1四球と、8月9日以来の複数安打を記録した。    この日は外野手のスタントン、イェリッチ、オズナが揃ってお休み。イチローは「2番・中堅」でスタメン出場となり、第1打席から左前へ安打を放つ。    しかし、初回と2回に計9点を失ったマーリンズ。イチローの第2打席は三振、第3打席はチャンスで四球を選ぶが、打線がつながらずチームはスコアボードに「0」を重ねる。    イチローは7回の第4打席では右翼線へ鋭い当たりの ... 続きを見る


【MLB】イチロー、代打で四球 マ軍は一夜で二度のサヨナラ負け? 直近15戦でわずか2勝と絶不調

2017/09/13

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、12日(日本時間13日)に敵地でのフィラデルフィア・フィリーズ戦に代打として登場。四球を選んだ。また、田澤純一投手も中継ぎ登板で、2回を1安打無失点に抑えた。    この日のマーリンズは6回裏までに7点を獲得し、7-2と快勝ムード。しかし、フィリーズ打線が驚異の粘りで食らいつき、1点差で9回裏を迎える。    そして、フィリーズは9回裏には満塁とチャンスを作ると、金賢洙外野手の右前への当たりで二塁走者が本塁へ突入し、タッチをかいくぐりサヨナラ勝利。チームメイト総出で金を祝福したが、ビデオ判定の結果、捕手のミットが走者の指に先に触れて ... 続きを見る


【MLB】イチロー、3打数1安打2得点で勝利に貢献 通算2500単打は史上6人目の偉業

2017/09/09

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手は、8日(日本時間9日)に敵地でのアトランタ・ブレーブス戦に「7番・右翼」で先発出場。3打数1安打2得点とした。また、この試合の安打がMLB通算で2500本目の単打。史上6人目の大記録となった。    代打安打のMLB記録が迫っているイチローだが、この日は1ヶ月ぶりのスタメン出場。2回の第1打席は四球で出塁すると、2点目のホームを踏む。    第2打席、第3打席は凡退したイチロー。9回には先頭打者として登場。2球で追い込まれるも、遊撃へ技ありの内野安打を放ち、これがMLB通算で2500本目の単打となった。    『マイアミ・ヘ ... 続きを見る


【MLB】イチロー、代打で中前打放ち王貞治氏超えの日米通算5863塁打を記録

2017/09/07

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手は、6日(日本時間7日)に本拠地で行われているワシントン・ナショナルズ戦の5回に代打出場し、2戦ぶりの安打を放った。    3点ビハインドの5回無死に先発・ピーターズの代打として代打出場。ナショナルズ先発・ゴンザレスとの対決となったが、フルカウントから速球を中前に弾き返し2戦ぶりの安打を放った。そして、その後の6回以降は守備に就かず、途中交代となった。    イチローはこの安打で日米通算5863塁打を記録し、王貞治氏の持つ5862塁打の日本記録を超えた。(MLB・3974塁打、NPB・1889塁打)    また、今季の代打打席 ... 続きを見る


【MLB】イチロー、代打で二ゴロ マ軍直近10戦8敗でワイルドカード争いから後退

2017/09/06

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、5日(日本時間6日)に本拠地でのワシントン・ナショナルズ戦の7回に代打として登場。二ゴロに打ち取られた。    イチローは7回裏にチームが0-1とリードされた2死二塁で代打として登場。相手の失策から生まれたチャンスだったが、左腕のソリスから追い込まれて二ゴロに打ち取られた。前日に日米通算塁打数で王貞治氏の5862に並んだが、記録更新はお預けとなった。    試合はナショナルズの先発ストラスバーグ、マーリンズの先発デスパイネが好投。2回にセベリーノの適時打で先制をしたナショナルズが、8回にマーフィーのソロ本塁打で追加点を加える。マーリ ... 続きを見る


【MLB】イチロー、代打で華麗な中前打 代打安打を24本としてMLB記録まで残り「4」

2017/09/05

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、4日(日本時間5日)に本拠地でのワシントン・ナショナルズ戦の7回に代打として登場。中前安打を放ち、今季の代打安打を24本としてシーズン代打安打のMLB記録まで残り4本と迫った。    イチローは7回裏にチームが2-7とリードされた展開で代打として登場。右腕のキンツラーから追い込まれながらも鮮やかな中前安打を放った。    イチローはこの安打でMLB通算3070安打として、今季の代打安打は24本。ジョン・バンダーウォルが1995年に記録した代打安打のMLB記録である28本まで残り4本と迫り、『エライアス』によると、歴代21位のキャップ ... 続きを見る


【MLB】イチロー、代打で左飛に倒れる

2017/09/03

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手は、2日(日本時間3日)に本拠地で行われたフィラデルフィア・フィリーズ戦の6回に代打出場したが、左飛に倒れた。    イチローは2点リードの6回に代打として途中出場。フィリーズ2番手・ピントとの対戦となり、2ボール2ストライクから5球目のチェンジアップを叩いたが、距離は伸びず左飛に終わった。    イチローの今季代打打率は.277(83-23)、1本塁打、9打点となっており、代打の年間最多安打記録までは残り5本としている。また、今季打率は.248となっている。    試合はマーリンズが10-9で勝利し、連敗を5でストップさせた ... 続きを見る


【MLB】イチロー、代打で三振

2017/09/02

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、1日(日本時間2日)に本拠地でのフィラデルフィア・フィリーズ戦に代打として登場。三振を喫した。    8月の月間打率を.346として、調子が上向きのイチローは8回に先頭打者として出場。しかし、この日は相手左腕ミルナーの変化球に合わずに空振り三振を喫した。    この日の三振で今季の打率は.250。また、地元紙『マイアミ・ヘラルド』は、イチローの今季の代打での打席数は「89」として、レニー・ハリスが2001年に記録したMLB記録に並んだと速報した。    試合は、マーリンズが9回表に2点を失い、1-2で逆転負け。逆転プレーオ ... 続きを見る


スタントンが挑む先人たちの本塁打記録 どこまで迫れるか【編集部フォーカス】

2017/08/31

 マイアミ・マーリンズのジャンカルロ・スタントン外野手が打ちまくっている。29日(30日)に敵地で行われたワシントン・ナショナルズ戦でも本塁打を放ち、8月は月間18本塁打と量産。今季の本塁打数を51本として、MLB歴代33位タイとした。ナ・リーグの選手として50本塁打を放ったのは2007年のプリンス・フィルダー内野手以来10年ぶりの快挙だが、史上9度目の60号も射程圏内へと入っている。今日は、スタントンが挑む先人のシーズン本塁打記録トップ10を紹介する。 10位:58本塁打=ライアン・ハワードら4人      58本塁打を放っているのは4人。ジミー・フォックス(1932)、 ... 続きを見る


【MLB】イチロー、代打で中前安打 シーズン代打安打のMLB記録まで残り「5」

2017/08/30

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、29日(日本時間30日)に敵地で行われたワシントン・ナショナルズ戦に代打として出場。中前安打を放ち、今季の代打安打を23本としてシーズン代打安打のMLB記録まで残り5本と迫った。    イチローは7回表無死一塁から代打として登場。相手投手のエドウィン・ジャクソンはキャリアでは10打数1安打と苦手にしている相手だ。しかし、イチローはフルカウントからジャクソンの直球を叩き、中前へ華麗な安打を放ち、チームのチャンス拡大に貢献した。    イチローはこの安打でMLB通算3069安打として、今季の代打安打は23本。ジョン・バンダーウォルが19 ... 続きを見る


【MLB】イチローの通算安打数は21位? 22位? 記録にズレが発生した理由とは

2017/08/29

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が今月4日(日本時間5日)にMLB通算3061安打を放ち、安打数歴代でクレイグ・ビジオを抜き単独22位に浮上。マーリンズの公式ツイッターも「イチローがMLBの安打数で歴代単独22位に浮上!」と速報した。しかし、MLBの公式サイトの成績一覧を開いてみると、イチローは安打数で単独21位と表示されている。これはどういうことだろうか。    まず、整理したいのはマーリンズがMLB公式サイトが発表している記録ではなく、どこの記録を使っているのかだ。すると4日のイチローの記録達成を報じた記事に次のように記されていた。“Next up is Cap Anson ... 続きを見る


【MLB】イチローの野球人生で最高の1日 子供に伝えたい“生きる伝説”からのメッセージ

2017/08/27

 「あなたのスポーツ人生で最高の1日はどの日?」マイアミの『サン・センチネル』電子版がスポーツ界の著名人10人にインタビューを行ったところ、マーリンズのイチロー外野手からは意外な答えが返ってきたという。    アメリカン・フットボールの伝説的なクオーターバックのカート・ワーナー氏はキャリアの始まり、スポーツ実況の重鎮のアル・マイケルズ氏は1980年の「氷上の奇跡」を実況した日と答えるなど、多くの選手がキャリアのスタートや優勝した瞬間などを答える中、イチローはこう答えた。    「僕は子供のときに、日々野球が上手くなっていると実感していたときですね。毎日野球をやっていました。 ... 続きを見る


【MLB】イチロー、新たな金字塔 代打で技あり左前安打 代打安打の球団記録を更新

2017/08/27

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、26日(日本時間27日)に本拠地で行われたサンディエゴ・パドレス戦に代打として出場。左前安打を放ち、今季の代打安打数を22としてマーリンズの代打安打の球団記録を更新した。    米国ではこの週末を「プレイヤーズ・ウィークエンド」と題し、選手は特別なユニフォームにニックネームを背中に入れて試合に臨んでいる。イチローのニックネームは「ICHI」だ。    その、イチは、1-1と同点で迎えた7回裏に代打として登場。無死一塁から初球をバントの構えでファウル。さらにバントをもう1球ファウルとすると、追い込まれてから左翼線へ技ありの安打。今季の ... 続きを見る


【MLB】イチロー、代打出場も空振り三振…。主砲・スタントンは2打席連弾で50号に王手

2017/08/26

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手は、25日(日本時間26日)に本拠地で行われたサンディエゴ・パドレス戦の7回に代打出場したが、空振り三振に倒れた。    この日は「プレイヤーズ・ウィークエンド」と題されたイベントデーで、各選手がニックネーム入りのユニフォームを着用しての一戦となった。    イチローは米国での愛称「ICHI」を背ネームにつけたユニフォームを纏い、7回裏の二死走者なしという場面で登場。パドレス3番手・イェイツとの対戦となり、5球粘ったものの最後は空振り三振に倒れ、その後は守備につかず交代となった。    試合は、スタントンの2打席連弾となる48 ... 続きを見る


【MLB】イチロー、完璧な代打3ラン 「スタントンの一打よりも圧倒的に遠くへ・・・」

2017/08/23

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、22日(日本時間23日)に敵地でのフィラデルフィア・フィリーズ戦のダブルヘッダー第1試合に代打で出場。右翼スタンドに今季第3号となる3ラン本塁打を放った。    完璧な一発だった。7回表、3-3と同点の場面。イチローは無死一二塁から代打として登場。3ボール1ストライクからノラの甘い球を叩き、完璧な当たりの3ラン本塁打を放った。    『スタットキャスト』によると、飛距離は432フィート(132メートル)。同機械で計測を始めてからイチローにとっての最長の本塁打となった。さらに同じ回にホームランを放ったスタントンの当たり(105メートル ... 続きを見る


【MLB】田澤、打者一巡のイニングを終わらせる好リリーフ。イチローは代打で遊飛

2017/08/20

 マイアミ・マーリンズの田澤純一投手とイチロー外野手は、19日(日本時間20日)に敵地で行われているニューヨーク・メッツ戦に途中出場した。    田澤は7点ビハインドの7回に登板。この回、マーリンズは守備の乱れが響き先発・ウォーリーと2番手・ステッケンライダーの2人で7点を失う苦しい展開。ステッケンライダーは2本塁打を浴びて一死しか取れずに降板し、ここで田澤が登板となった。    田澤は6回二死走者なしという場面で登板。レイノルズを落ちる球で打ち取ったと思われたが、三塁手・ディートリッチが失策。このイニング3つ目となる失策で出塁を許した田澤だったが、その後はしっかりとニモを ... 続きを見る


【MLB】イチロー、代打としての出場は「慣れることはない」 それでも「同じように準備」

2017/08/19

 今季は主に代打として試合出場しているマイアミ・マーリンズのイチロー外野手。この日までに代打で積み上げた安打数は20本として球団記録まで残り1本、さらにはジョン・バンダーウォルが持つMLB記録(28)も射程圏内だ。しかし、イチローは代打としての役割は「慣れない」と明かす。18日(日本時間19日)に『マイアミ・ヘラルド』が報じた。    43歳のシーズン。今季も外野手の4番手としてシーズンが開幕したが、4月、5月は絶不調。月間打率が1割台と本来の打撃がまったくできなかった。また、チームの外野陣も怪我をせずに絶好調。イチローのスタメンの機会はなかなか訪れず、代打としての出場が増えていた。 ... 続きを見る


【MLB】イチロー、技あり内野安打に現地実況も興奮「全盛期のイチローだ」 

2017/08/16

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、15日(日本時間16日)に本拠地で行われたサンフランシスコ・ジャイアンツ戦に代打として出場し、二安打を記録。4試合ぶりの安打で今季の打率を.241に上げ、MLB通算の安打数を3065安打とした。    イチローはチームが2点をリードされた7回裏に代打として出場。ジャイアンツのメランソンの低めのカットボールに合わせると、打球は高いバウンドで二塁へ転がり、イチローは俊足を活かして内野安打とした。    このイチローらしい安打にはマイアミの実況陣も興奮。「これは全盛期のイチローだ!」と実況し、解説も「メランソンは自分の頭をボールが越えたと ... 続きを見る


【MLB】イチロー、代打で凡退 スタントン5戦連続弾で本塁打王争い独走の43号

2017/08/15

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、14日(日本時間15日)に本拠地で行われたサンフランシスコ・ジャイアンツ戦に代打として出場し、遊ゴロに打ち取られた。    イチローは、7回裏に1死満塁の場面で代打として登場。相手のバッテリーエラーで1点を追加し、二三塁となるが、直球を打つもどん詰まりの遊ゴロに打ち取られた。    試合は、マーリンズのスタントンがチーム新記録となる43号本塁打を打ち、マーリンズが8-3と快勝。これでスタントンは5試合連続弾となり、また、今月ではすでに10本目の本塁打で、パイレーツ(9)とフィリーズ(5)のチーム本塁打数を一人で超えているということも ... 続きを見る


【MLB】田澤、1回無失点で7ホールド目を記録 通算85ホールドは日本人歴代単独1位

2017/08/14

 マイアミ・マーリンズの田澤純一投手が、13日(日本時間14日)に本拠地で行われたコロラド・ロッキーズ戦に登板。1回を2安打打たれるも、今季7ホールド目を記録した。田澤は通算85ホールド目としてMLBでの日本人のホールド記録で歴代単独1位に躍り出た。    田澤はチームが2点リードの8回に登板。先頭から2者連続で安打を許すが、続く打者を併殺打。そして、レイノルズを遊ゴロに打ち取り、無失点に抑え、今季7ホールド目を記録した。    田澤はこのホールドで通算85ホールドとして、ボストン・レッドソックスなどで活躍した岡島秀樹氏の84ホールドを抜き、日本人投手として歴代単独1位のホ ... 続きを見る


【MLB】ジーター氏とジョーダン氏のグループがマーリンズ買収に合意 MLB公式サイトが報じる

2017/08/12

 元ニューヨーク・ヤンキースのスーパースターのデレク・ジーター氏と、ニューヨークの投資家であるブルース・シャーマン氏が率いる投資家グループが、マイアミ・マーリンズを12億ドル(約1310億円)での買収に合意したと、11日(日本時間12日)にMLB公式サイトら複数ソースが報じた。    ジーター氏は、ヤンキース一筋のスーパースターで、キャリア通算では歴代6位の3465安打を積み重ねた名選手だ。彼の背番号「2」はヤンキースの永久欠番となっている。    また、マイアミの地元紙の『マイアミ・ヘラルド』によると、シャーマン氏は、ニューヨークを拠点とする69歳のベンチャー投資家とのこ ... 続きを見る


【MLB】マーリンズ・スタントンが自己最多タイの37号。シャーザーのメジャー屈指の超高回転速球を弾き返し話題に

2017/08/09

 マイアミ・マーリンズのジャンカルロ・スタントン外野手の打棒が止まらない。    スタントンは7日(日本時間8日)に敵地で行われたワシントン・ナショナルズ戦に2番・右翼手として先発出場し、6回表にナショナルズのエース、マックス・シャーザーから自己最多タイとなる今季第37号となる同点ソロ本塁打を放った。    8回にマーリンズ4番手・ガルシアが1点の勝ち越しを許し、チームは2-3で敗戦となったが、自己最多タイの37本塁打を記録したスタントンが、シャーザーの放った高回転の速球を打ち返したことが話題となっている。    MLB公式サイトでは、ボールの動きを高精度に分析す ... 続きを見る


【MLB】イチロー、代打でシャーザーから四球 田澤は今季最速を記録し三者凡退の好救援

2017/08/08

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手と田澤純一投手が、7日(日本時間8日)に敵地で行われたワシントン・ナショナルズ戦に出場。イチローはナショナルズのエースのシャーザーから四球を選び、田澤は1回を無安打無失点に抑えた。    マーリンズが2-2と同点の7回表、イチローは2アウトから代打として出場。キャリアで46打数12安打、打率.261のナショナルズのエースのシャーザーとの対戦となった。イチローは、シャーザーの低めの球を見極め、ストレートの四球を選んだ。しかし、ゴードンが三振に打ち取られ得点ならず。イチローも再三の牽制で今季初盗塁を試みなかった。    一方の田澤は7回裏に ... 続きを見る


【MLB】イチロー、3061安打 中前打でビジオを抜き歴代単独22位

2017/08/05

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、4日(日本時間5日)に敵地でのアトランタ・ブレーブス戦の8回表に代打として出場。中前安打を放ち、MLB通算3061安打として、歴代22位のクレイグ・ビジオ氏を抜き、単独22位に浮上した。    イチローは、3-5とリードされた8回表に先頭打者として代打で登場すると、ジム・ジョンソン投手の初球を中前に運ぶ。この安打で歴代22位のクレイグ・ビジオ氏の記録を抜き、単独22位となるMLB通算3061安打を記録した。    ビジオ氏はヒューストン・アストロズ一筋で主に90年代から00年代にかけて活躍した二塁手兼外野手。当時のアストロズの「キラ ... 続きを見る


【MLB】イチロー、安打数歴代22位に並ぶ! 二塁打で通算3060安打を達成

2017/07/29

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、25日(日本時間26日)に本拠地でのシンシナティ・レッズ戦の6回裏に代打として出場。右越え二塁打を放ち、MLB通算3060安打として、歴代22位のクレイグ・ビジオ氏に並んだ。    イチローはチームが2-3と1点をリードされた6回裏に代打として登場。無死一塁からレッズの中継ぎのロレンゼンの変化球をとらえ、打球は右翼手の頭上へ。今季4本目の二塁打となり歴代22位タイとなるMLB通算3060安打を記録した。    ビジオ氏はヒューストン・アストロズ一筋で主に90年代から00年代にかけて活躍した二塁手兼外野手。当時のアストロズの「キラービ ... 続きを見る


【MLB】ダル対イチローは1安打1打点でイチローに軍配 12年ぶりの3四球に片脚打ち披露で歴代22位まで「1」

2017/07/27

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手は、26日(日本時間27日)に敵地で行われたテキサス・レンジャーズ戦に「6番・右翼」として先発出場。3年ぶりの対戦となったダルビッシュ有投手には2打数1安打とし、この日の成績を3打数2安打1打点3四球3得点とした。    イチローはダルビッシュとの通算成績は22打数7安打の成績を残しているが、2012年に6安打を放ち、その後2年間では11打数1安打と抑えられていた。    この日の第1打席は直球で遊ゴロに抑えられたが、4回の第2打席では無死一三塁から右中間を破るエンタイトルツーベースで打点を記録する。ダルビッシュはその後計10失点でノッ ... 続きを見る


【MLB】ダルビッシュ、悪夢の4回に8失点 自己最悪の10失点で大炎上

2017/07/27

 テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手が、26日(日本時間27日)に本拠地で行われたマイアミ・マーリンズ戦に先発登板。3回2/3を9安打、2四球、5三振、10失点と自己最悪の成績でノックアウトされた。    7月31日のトレード期限を前に、多くの噂が飛び交っているダルビッシュ。この日の登板がレンジャーズの選手として最後のマウンドになるかもしれない。    ダルビッシュは初回に先頭のゴードンへの初球を右翼スタンドへ運ばれると、3番・イェリッチにもバックスクリーンへ運ばれいきなりの2被弾2失点。2回にはイチローとの3年ぶりの対戦となるが、遊ゴロに抑えた。     ... 続きを見る


【MLB】ダル対イチロー、2打数1安打1打点でイチローの勝利 イチロー4年ぶりの安打

2017/07/27

 テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手と、マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が26日(日本時間27日)にテキサスで行われた試合で対戦。注目のダルビッシュ対イチローの対戦は4回表にイチローが右中間を破る適時二塁打を放ち、2打数1安打1打点とした。    2014年7月28日以来の両選手の対戦。過去の対戦成績はイチローが22打数7安打、打率.318とリードしているが、そのほとんどの安打が2012年に放ったもので、以降は11打数1安打とダルビッシュがリードしている。    この日は初回にダルビッシュが2被弾で2点を失うと、2回表に先頭打者のイチローと対戦。第1打席はダルビ ... 続きを見る


【MLB】メッツ・レイエス、現役ではイチローに次ぐ500盗塁を達成 

2017/07/25

 ニューヨーク・メッツのホセ・レイエス内野手(34)が24日(日本時間25日)に敵地で行われたサンディエゴ・パドレス戦で史上39人目となるMLB通算500盗塁を達成した。    レイエスは8回表に遊安打で出塁すると、続くダーノーの打席で2盗を成功。史上39人目の500盗塁を成功させたレイエスは、5-3とメッツが勝利した後に二塁ベースを記念品として持ち帰ることにも成功した。    レイエスはメッツ時代のキャリア3年目である2005年から60、64、78盗塁で3年連続盗塁王を獲得。デビッド・ライト三塁手とリーグを代表する若手三遊間のコンビを組んでいた。11年に打率.337で首位 ... 続きを見る


【MLB】イチロー、金字塔目前のベルトレについて語る「金属バットで打撃練習していた」

2017/07/25

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、史上31人目の3000本安打まで残り7本と迫っているテキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ内野手との思い出を24日(日本時間25日)にMLB公式サイトで語っている。    ベルトレは2005年にロサンゼルス・ドジャースからシアトル・マリナーズに移籍。2010年にボストン・レッドソックスに移籍するまで、イチローとは5シーズンもの間一緒にプレーした。    イチローはベルトレとの思い出を聞かれると、「金属バットを使って打撃練習をしていたことですね」と通訳を介して語ったという。「セーフコ・フィールドで彼とセクソンが金属バットでボー ... 続きを見る


【MLB】イチロー、突然の試合出場で2打数無安打 ベルトレ4安打で金字塔まで残り「7」

2017/07/25

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、24日(日本時間25日)に敵地で行われたテキサス・レンジャーズ戦に途中出場。2打数無安打、1四球とした。チームは4-0で勝利した。    この日は4回に指名打者のジャスティン・ボーアの打席で突然代打として出場。ボーアはトレードされたのではないかとファンは騒然となったが、外腹斜筋の張りと球団が発表した。    そのイチローの第1打席はフルカウントから四球を選び出塁。6回表の第2打席では空振り三振に打ち取られると、8回表の第3打席は初球を捕らえるも、中飛となりこの日は2打数無安打1四球で終えた。    チームは初回にスタントン ... 続きを見る


【MLB】マイナーリーグで快挙!ダブルヘッダーで2試合連続ノーヒットノーラン達成

2017/07/24

 ワシントン・ナショナルズ傘下ルーキー級のガルフ・コーストリーグ・ナショナルズがダブルヘッダーでガルフ・コーストリーグ・マーリンズを相手に2試合続けてノーヒットノーランを達成する快挙を成し遂げた。    ナショナルズはダブルヘッダー第1試合で、ナショナルズで21位の有望株であるホアン・バエズ投手が6回を無安打、1四球、7三振に抑え、続くホセ・ヒメネス投手が1回を無安打、1四球で締め、ノーヒットノーランを達成(マイナーリーグのダブルヘッダーは7回で終了)。4-0で勝利する。    そして、続くダブルヘッダー第2試合では、ナショナルズ先発のジャレッド・ジョンソン投手が4回を無安 ... 続きを見る


【MLB】田澤、リード時に登板し1回1失点、イチローは技ありの左前打で歴代22位まで残り「3」

2017/07/23

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手と田澤純一投手は、22日(日本時間23日)に敵地で行われているシンシナティ・レッズ戦に途中出場した。    田澤は2点リードの8回に5番手として登板。直近9試合は無失点と故障から復帰後は安定感を取り戻していた田澤だったが、今回登板は精彩を欠いてしまった。    前回登板で味方の作った無死1・2塁のピンチを凌いだ田澤だったが、この日は先頭のデュバルに対し初球のカーブがすっぽ抜け死球を与えると、スアレスに速球を中前に弾き返され無死1・2塁のピンチを招く。そして、続くジェネットに適時打を浴びてしまい1失点で1点差に迫られてしまう。   ... 続きを見る


【MLB】イチロー、新たな金字塔 左前安打で歴代単独23位 ヘンダーソン氏を超える

2017/07/19

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、18日(日本時間19日)に本拠地で行われたフィラデルフィア・フィリーズ戦の8回に代打として出場。左前安打を放ち、MLB通算3056本目の安打としてリッキー・ヘンダーソン氏を抜かし、安打数で単独23位に躍り出た。    イチローにまた新たな大記録だ。この日は2-3と1点をリードされた8回裏に2死から代打として登場。2-2から右腕ベノワの外角高めの球にうまく合わせ打球を遊撃手の頭上、中堅方向左翼寄りに飛ばし、左前安打とした。    この安打でMLB通算3056本目の安打として、MLB史上23位の安打数を記録。次なる目標はクレイグ・ビジオ ... 続きを見る


【MLB】田澤、完璧リリーフで今季2ホールド目 イチローは代打で凡退 チームはサヨナラ勝ち

2017/07/18

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手と田澤純一投手が、17日(日本時間18日)に本拠地で行われたフィラデルフィア・フィリーズ戦に出場。イチローは代打で出場し左飛に打ち取られ、田澤は1回を3者凡退に抑え、今季2ホールド目を獲得した。    田澤はチームが5-4と3点を追加し逆転した直後の6回表に2番手として登板。先頭のフランコをフルカウントから三飛に打ち取ると、続くウィリアムスを二ゴロ、ナップも二ゴロに打ち取り、制球良く楽々と三者凡退に抑え、今季2ホールド目を手に入れた。    一方のイチローは6回裏に田澤への代打として出場。フィリーズ先発のアイコフ相手に1-1から打ち上げ ... 続きを見る


【MLB】イチロー、適時内野安打でMLB通算3055安打 ヘンダーソン氏に並び歴代23位タイ

2017/07/17

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が16日(日本時間17日)に本拠地で行われたロサンゼルス・ドジャース戦の5回に代打として出場し、適時打を放った。この安打でイチローはMLB通算3055安打とし、歴代23位タイに浮上した。    イチローは、チームが0-3と3点をリードされた5回裏の1死一三塁の場面で代打として出場。2-2と追い込まれながらもドジャース先発のヒルの変化球に食らい付き投手返し。ヒルが素手で捕りに行くが、触れながらも捕ることができずに、ボールは遊撃手の前に転がり内野安打となった。    イチローはこの安打でMLB通算3055本目の安打を記録。史上23位の「史上 ... 続きを見る


【MLB】イチロー、代打出場も左飛に倒れる。田澤は2戦連続ホールドで6戦連続無失点と好調

2017/07/16

 15日(日本時間16日)、マイアミ・マーリンズのイチロー外野手と田澤純一投手は本拠地で行われたロサンゼルス・ドジャース戦に途中出場した。    イチローは1-7と6点差で迎えた8回の先頭打者として代打出場。ドジャース4番手・ステュワートとの対戦となり、イチローは2球目のチェンジアップを捉えたが左飛に倒れ、出塁することは出来なかった。    イチローはこの日も安打が出ず、メジャー通算3055安打で歴代22位のリッキー・ヘンダーソンの記録まで残り「1」となっているところで足踏みが続いている。    田澤は6点ビハインドの6回に3番手として登板。田澤は先頭の投手・ウッ ... 続きを見る


【MLB】ドジャースの新星・ベリンジャーがサイクル安打達成!新人での達成は球団史上初

2017/07/16

 ロサンゼルス・ドジャースのコディ・ベリンジャー選手は、15日(日本時間16日)に敵地で行われているマイアミ・マーリンズ戦でサイクル安打を達成した。球団史上9人目(10度目)の快挙で、また新人での達成は球団史上初となった。    ベリンジャーはこの試合に4番・一塁で先発出場。ベリンジャーは初回に迎えた第1打席では速球を弾き返し、中前安打を記録すると、第2打席ではスライダーを捉え今季26号となる2点本塁打を放つ。その後の第3打席では4連続で速球を投じられた後の5球目のスライダーを捉え、適時二塁打でサイクル安打に王手をかける。    そして、7回に迎えた第4打席ではマーリンズ4 ... 続きを見る


【MLB】イチロー、田澤が後半戦初出場 田澤は新星斬りで今季初Hもチームは逆転負け

2017/07/15

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手と田澤純一投手が、14日(日本時間15日)に本拠地で行われたロサンゼルス・ドジャース戦に出場。イチローは代打で死球、田澤は1回を三者凡退に抑え、今季初ホールドを記録した。    イチローはチームが1-3と2点をリードされた5回裏に先頭打者で代打として出場。ドジャースの先発のマッカーシーの初球のカットボールを太ももに受け死球。思わずうめき声が漏れた。イチローはその後ゴードンの犠打失敗で二塁封殺となるが、チームはその回にスタントンとボーアの適時打で3点を入れ逆転した。    一方の田澤は、チームが逆転した後の6回表に登板。先頭のドジャースの ... 続きを見る


【MLB】イチロー、代打出場で今季初となる犠打成功。メジャー移籍後17年連続で犠打記録

2017/07/09

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手は、8日(日本時間9日)に敵地で行われているサンフランシスコ・ジャイアンツ戦の9回に代打で出場した。    先頭のリドルが中越えの二塁打で出塁し、イチローは無死二塁のチャンスで登場。そして、初球をバントでうまく三塁側に転がし、今季初の犠打を記録した。また、もしもバントヒットとなれば2015年以来の記録であった。    その後、一死3塁とチャンスを広げたマーリンズは、相手暴投で1点を加えリードを2点に広げた。直後の9回裏で守護神・ラモスが1点差に迫られ、5-4とギリギリで勝利しただけに、イチローは白星につながる非常に大きな1点を奪う契機を ... 続きを見る


【MLB】イチロー、自身の“美学”を語る「後悔しないための準備」「成功という概念は好きじゃない」

2017/07/08

 サムスン電子は6日にマイアミ・マーリンズのイチロー外野手を取り上げたVR(バーチャルリアリティ)動画を公開。「準備の美学」というタイトルのおよそ5分のVR動画は、イチローの試合に向き合う姿勢や自身の美学などが本人の口から語られる貴重な映像となっている。    360度見渡せる動画は、マーリンズのクラブハウスの中から始まる。イチローが日本語で「自分の中でもう少しだけ頑張ること、それを重ねていくことはすごく大事」などと頑張ることの大切さを説明。舞台はイチローの室内練習場で打撃練習の場面に移り、イチローの通訳のアラン・ターナー氏がイチローについて語り出す。    「スプリングト ... 続きを見る


イチローが歴代最多記録更新。トップ5は誰? MLB米国外出身選手安打数【編集部フォーカス】 

2017/07/07

イチローが最多記録を更新  マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、6日のセントルイス・カージナルス戦で2安打を放ち、MLB通算3054安打として歴代24位に単独浮上。また、同時にロッド・カルーを抜き、米国外出身選手での歴代最多安打を更新した。    今回は、イチローが歴史を塗り替えるにあたって乗り越えてきた選手と、また新たに迫るもう一人の安打製造機に焦点を当てつつ、米国外出身選手の安打数ランキングトップ5を特集する。 【次ページ】第5位:ロベルト・クレメンテ... 続きを見る


【MLB】イチロー、2安打で歴史を塗り替える 3054安打は歴代単独24位&米国外出身で歴代1位

2017/07/07

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、6日(日本時間7日)に敵地で行われたセントルイス・カージナルス戦に「7番・右翼」で先発出場。2回表に左前安打を放ち、MLB通算3053安打として、歴代24位のロッド・カルーに並ぶと、さらに8回表にこの日2安打目となる安打を中前へ放ち、通算3054安打として歴代単独24位へと浮上した。    遂にイチローが、新たな歴史を打ち立てた。2回にカージナルス先発のワカから逆方向に外野の前に落ちる単打を放ち、MLB通算3053安打目を放つと、4回は二ゴロ、6回は四球。そして、8回に左腕セシルから中前へ3054安打目を放った。     MLB通算 ... 続きを見る


【MLB】イチロー、田澤が出場も・・・マ軍先発大炎上で試合ぶち壊し

2017/07/04

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が、3日(日本時間4日)に敵地で行われたセントルイス・カージナルス戦の7回表に代打として出場。ストレートの四球を選んだ。またこの試合では田澤純一投手も登板し、1回1/3を無失点に抑えた。    イチローは7回に代打として登場。左腕のライオンズからストレートの四球を選び、この回限りで退いた。    一方の田澤は3回裏に2番手として登板。2死二三塁のピンチだったが、中直に抑えこの回をしっかり抑える。すると、4回にも回跨ぎで登板。先頭打者を三ゴロに打ち取ると、三ゴロ、遊ゴロとゴロ3つに打ち取り、無失点。この日の成績を1回1/3を11球、無安打 ... 続きを見る


【MLB】イチロー、代打で一ゴロ 元巨人の投手に抑え込まれる

2017/07/01

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手は、30日(日本時間1日)に敵地で行われたミルウォーキー・ブリュワーズ戦の7回に代打として出場し、一ゴロに倒れた。    イチローは、7回表に代打として登場。相手投手は2011年には読売ジャイアンツに所属した経験も持つカルロス・トーレスだ。巨人時代は6試合に先発登板し、1勝2敗、防御率6.26と成績を残せなかったが、MLBに戻ってからは中継ぎとして大車輪の活躍を続けている。また、イチローはトーレスとは過去5打席対戦して、4打数無安打と抑え込まれている。    そして、この日はイチローはトーレスの5球目のカットボールに手を出し、ボテボテの ... 続きを見る