データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



城島健司が日本人捕手初のメジャー挑戦、田口壮はワールドチャンピオンにーー日本人野手のメジャー挑戦を振り返る【2006年編】

2020/07/08

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ついに7月23日(日本時間7月24日)開幕が決まったメジャーリーグ。60試合制や、ナショナル・リーグ初の指名打者(DH)制導入など、NPB同様2020年は異例のシーズンとなる。
 

 
 一方で、今年は新たに筒香嘉智、秋山翔吾、山口俊の3人がNPBから海を渡り、メジャーの舞台に挑戦。2人の野手が同時に挑戦するのは、2012年の青木宣親と川﨑宗則以来8年ぶりとなる。筒香と秋山は、日本人野手再評価の流れを作ることができるだろうか。
 
 本シリーズでは、年度別シーズンOPSランキングトップ10選手と、同年の日本人選手の成績を振り返り、時代背景とともに日本人野手のメジャーリーグ挑戦の軌跡を辿る。今回は2006年編。

2006年シーズンOPSランキングトップ10


 
 
 2006年は、アルバート・プホルス(セントルイス・カージナルス)が初の1位に輝いた。同年は打率.331、49本塁打、137打点といずれもナショナル・リーグ2位の成績を残した。長打率.671、OPS1.102は両リーグトップの数値を誇り、その活躍でチームをワールドチャンピオンへと導いた。
 
 2位はトラビス・ハフナー(クリーブランド・インディアンス)、3位はライアン・ハワード(フィラデルフィア・フィリーズ)となった。ハワードは、同年にレギュラーへ定着。両リーグトップの58本塁打、149打点をマークし、ナ・リーグ本塁打王、打点王、シーズンMVPに輝く大ブレイクを果たした。
 
 4位にマニー・ラミレス、5位にデビッド・オルティスとボストン・レッドソックスのクリーンアップ陣が続いた。特にオルティスは54本塁打、137打点をマークし、アメリカン・リーグ本塁打王、打点王の二冠に輝いた。
 
 6位にランス・バークマン(ヒューストン・アストロズ)が入り、ジム・トーミ、ジャーメイン・ダイのシカゴ・ホワイトソックス勢が後を追った。
 
 9位はフロリダ・マーリンズ(現マイアミ・マーリンズ)のミゲル・カブレラ、10位にはカルロス・ベルトラン(ニューヨーク・メッツ)が初のランキング入りを果たした。

城島健司がメジャーデビュー

 2006年は、城島健司が日本人捕手初のメジャーデビュー。城島以降も日本人捕手のメジャー挑戦は例になく、異例の挑戦となった。
 
 城島は、福岡ソフトバンクホークスからFA移籍でシアトル・マリナーズに入団。NPBではシーズンMVP、ベストナイン、ゴールデングラブ賞など数多くの賞を獲得し、日本球界随一の強打を誇る捕手として名を馳せた。
 
 MLBでは、「7番・捕手」として開幕スタメンを果たすと、初安打を本塁打で記録。翌日も2試合連続本塁打を放つ活躍を見せ、最高のデビューを飾った。
 
 以降もレギュラーとして活躍を続けた城島。後半戦にはクリーンアップも任されるなど打撃、守備ともに高い貢献度を見せた。
 
 最終的に144試合に出場。打率.291、18本塁打、76打点、OPS.783の好成績をマークした。年間通して正捕手の座を守り抜き、メジャーでも持ち前の強打を見せつけた。

W松井の2006年シーズン

 まずは、メジャー4年目を迎えた松井秀喜だ。
 
 同年は、開幕戦から本塁打を放つなど幸先の良いスタートを切った松井秀。しかし、5月の試合でスライディングキャッチを試みた際に負傷し、途中交代。左手首骨折と診断され、無念の長期離脱となった。
 
 8月に戦列復帰を果たすと、復帰後は好調を維持したままシーズンを終えたが、NPB時代から続く連続試合出場記録も1768試合でストップした。
 
 最終的に打率.302、OPS.887をマークしたが、自己ワーストの51試合出場、8本塁打に留まり、けがに泣かされたシーズンとなった。
 
 続いて、メジャー3年目を迎えた松井稼頭央だ。
 
 2006年はオープン戦で右膝を痛め、開幕をマイナーで迎えた。4月下旬に昇格を果たすと、初打席でランニング本塁打を放ち、3年連続シーズン初打席初本塁打を達成した。
 
 以降は打撃不振に陥り、6月にロッキーズへトレード移籍。しばらくマイナー暮らしが続いた。
 
 8月下旬にようやく移籍後初昇格を果たした松井稼。その後は復調を果たし、スタメン、途中出場問わず、結果を残した。
 
 最終的にシーズン合計70試合に出場。打率.267、3本塁打、OPS.689となった。自己ワーストの出場数に終わるなど不本意なシーズンとなったが、移籍後は3割を超える打率を残し、存在感を示した。

田口壮、井口資仁の2006年シーズン

 まずは、メジャー5年目を迎えた田口壮だ。
 
 同年は、「6番・左翼」で初の開幕スタメンを掴んだ田口。主に左投手が先発登板する試合でスタメンを任された。
 
 後半戦では途中出場が増え、代打、守備固めがメインとなったが、スーパーサブとしてチームに欠かせない存在となった。
 
 同年のチームは2年ぶりの地区優勝。ポストシーズンも勝ち抜き、ワールドシリーズに進出した。王手をかけて迎えた第5戦では「8番・左翼」でスタメン出場を果たした。最後までグラウンドに立ち続け、見事ワールドチャンピオンに輝いた。
 
 最終的に134試合に出場し、打率.266、OPS.686をマーク。オフには5年間の活躍が評価され、カージナルスと再契約を結んだ。
 
 続いて、前年に日本人選手初のワールドチャンピオンに輝き、華々しいデビューを飾った井口資仁だ。
 
 メジャー2年目を迎えた同年は、2年連続で開幕スタメンを掴むと、春先から打撃好調。前半戦は3割近い打率をマークした。6月の試合では1試合7打点をマークするなど、勝負強さも際立った。
 
 後半戦ではやや数字を落としたが、打撃不振に陥ることなくシーズンを終えた。
 
 最終的に138試合に出場。打率.281、18本塁打、67打点、OPS.774をマークした。好不調の波も少なく、前年同様の貢献度を見せた。

イチロー、2006年シーズンの活躍

 最後にメジャー6年目を迎えたイチローだ。
 
 例年同様「1番・右翼」で開幕を迎えたイチロー。前年好調だった4月は打撃の調子がいまひとつだったが、5月に入ると復調を果たし、メジャー通算200盗塁も達成した。
 
 6年連続出場を果たしたオールスター明けには再び調子を落としたが、それでも9月には6年連続200安打を放つなど、安打製造機ぶりを発揮した。
 
 最終的に161試合に出場し、打率.322、45盗塁、OPS.786をマーク。両リーグトップの224安打を放った。同年は足でも強い存在感を見せ、盗塁成功率は驚異の.957を誇った。
 
 
年度別一覧に戻る






  • 記者募集