データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



井口資仁、中村紀洋がメジャー挑戦、井口は日本人選手初のワールドチャンピオンに――日本人野手のメジャー挑戦を振り返る【2005年編】

2020/07/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ついに7月開幕(日本時間7月24日か25日)が正式決定となったメジャーリーグ。60試合制や、ナショナル・リーグ初の指名打者(DH)制導入など、NPB同様2020年は異例のシーズンとなる。
 

 
 一方で、今年は新たに筒香嘉智、秋山翔吾、山口俊の3人がNPBから海を渡り、メジャーの舞台に挑戦。2人の野手が同時に挑戦するのは、2012年の青木宣親と川﨑宗則以来8年ぶりとなる。筒香と秋山は、日本人野手再評価の流れを作ることができるだろうか。
 
 本シリーズでは、年度別シーズンOPSランキングトップ10選手と、同年の日本人選手の成績を振り返り、時代背景とともに日本人野手のメジャーリーグ挑戦の軌跡を辿る。今回は2005年編。

2005年シーズンOPSランキングトップ10


 
 
 2005年はこれまでのランキングから大きな変化が見えた。1位にはランキング圏外から大躍進したデレク・リー(シカゴ・カブス)が輝いた。NPBで活躍した「リー兄弟」の弟であるレオン・リー氏を父に持つリーは、数年前からレギュラーとして活躍していたが、同年に大ブレイクを果たし、全162試合に出場。打率.335、46本塁打、107打点でナショナル・リーグ首位打者を獲得した。199安打はリーグトップ、長打率.662、OPS1.080は両リーグトップの数値を誇っており、長短打をコンスタントに打ち分けた。
 
 2位にはアルバート・プホルス(セントルイス・カージナルス)、僅差で3位にアレックス・ロドリゲス(ニューヨーク・ヤンキース)、4位はトラビス・ハフナー(クリーブランド・インディアンス)となった。
 
 5位にはデビッド・オルティス(ボストン・レッドソックス)がランクインした。オルティスは、打率.300、47本塁打、148打点、OPS1.001をマークし、自身初の打撃タイトルとなる打点王を獲得。同年は特に勝負強い打撃が光った。
 
 6位にマニー・ラミレス(レッドソックス)、7位にフロリダ・マーリンズ(現マイアミ・マーリンズ)のカルロス・デルガドと続き、8位にはランキング常連となっているトッド・ヘルトン(コロラド・ロッキーズ)が入った。同年のヘルトンは、ほとんどの部門で前年の成績を下回ったが、安定して高水準の数値をマーク。出塁率.445は両リーグトップの成績となった。
 
 以降はジェイソン・ジアンビ(ニューヨーク・ヤンキース)、ジェイソン・ベイ(ピッツバーグ・パイレーツ)と続いた。
 
 2005年のOPSランキングでは、これまで4年連続1位のバリー・ボンズがけがの影響で52試合の出場に留まり、同ランキングから姿を消すこととなった。平均OPSも低下しており、同年を境に超打高の時代は、落ち着きを見せ始めた。また、両リーグトップの本塁打をマークしたのは、元楽天のアンドリュー・ジョーンズだった。

井口資仁と中村紀洋がメジャーデビュー

 2005年は、井口資仁、中村紀洋と2人の内野手がメジャーデビュー。両選手の成績は、大きく明暗が分かれることとなった。まずは、井口の成績から振り返っていきたい。
 
 井口は、福岡ダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)からシカゴ・ホワイトソックスに入団。NPBでは、「ダイハード打線」の中核を担い、盗塁王も2度獲得するなど走攻守三拍子揃った選手として活躍した。
 
 MLBでは、開幕戦に「2番・二塁」として名を連ねた井口。シュアな打撃と小技もこなせる器用さで、チームの特徴となった「スモール・ベースボール」を体現し、地区優勝に貢献した。
 
 ポストシーズンでも本塁打を放つなど活躍し、ワールドシリーズへ進出。破竹の4連勝を果たし、メジャーデビュー年でワールドチャンピオンに輝いた。
 
 最終的に135試合に出場。打率.278、15本塁打、71打点、OPS.780の好成績を残した。また、打撃ではチームバッティングに徹するなど、数字以上の貢献度を見せた。
 
 続いて中村紀洋の成績を振り返っていきたい。
 
 中村は、近鉄バファローズ(現オリックス・バファローズ)からポスティングシステムを行使し、マイナー契約でロサンゼルス・ドジャースに入団。NPBでは本塁打王1回、打点王2回を獲得するなど、長距離砲として活躍した。
 
 MLBでは、マイナーで開幕を迎えたが、4月には早々にメジャー初昇格を果たした。
 
 しかし、アピールポイントの打撃が振るわず、1ヶ月ほどで降格。以降はマイナーで本塁打を放つなどアピールするも、再昇格は叶わず、シーズンを終えた。
 
 最終的に17試合に出場。打率.128、OPS.350となった。潜在能力を発揮しきれず、翌年からは日本球界に復帰した。

飛躍を遂げた田口壮と、けがに泣いた松井稼頭央

 飛躍の1年となったのが、田口壮だ。
 
 メジャー4年目を迎えた2005年は、前年の活躍から首脳陣の信頼も厚く、期待がかかるシーズンとなった。
 
 途中出場も多かったが、開幕から多くの試合に出場。様々な起用法に対応し、アピールを続けた。特に8月は12試合連続安打をマークするなど好調を維持し、スタメン出場も増加。以降はクリーンアップを任されるなど、チームの2年連続地区優勝に大きく貢献した。
 
 最終的に自己最多の143試合に出場。打率.288、8本塁打、53打点、OPS.734の好成績を残した。また、持ち味の勝負強さも健在で、4割を超える得点圏打率をマークした。
 
 対照的な成績となったのが、松井稼頭央だ。
 
 メジャー2年目を迎えた松井稼は、遊撃から二塁へコンバート。開幕戦では「2番・二塁」でスタメン出場を果たし、2年連続初打席本塁打を放ち、最高のスタートを切った。
 
 しかし、6月の試合で守備時に二塁ベース上で交錯し、負傷交代。故障者リスト入りとなると、長期離脱を強いられた。復帰後はそれまでの鬱憤を晴らすかのように打撃好調を維持したが、今度は足に違和感を覚え、欠場が続いた。
 
 最終的に打率.255、OPS.652をマークしたが、87試合の出場に留まった。2005年はけがに泣く悔しいシーズンとなった。

イチロー、松井秀喜の2005年シーズン

 最後にチームの主力として活躍を続けているイチロー、松井秀喜の成績を振り返っていきたい。
 
 まずはメジャー3年目を迎えた、松井秀喜だ。
 
 2005年は開幕から出場を続けたが、4月、5月と絶不調に陥り、厳しい幕開けを迎えた。
 
 6月に復調を果たすと、シーズン終了まで好調を維持。チームの地区優勝にも大きく貢献した。
 
 最終的に3年連続全試合出場となる162試合に出場し、打率.305、192安打、23本塁打、116打点、OPS.863をマーク。打率、安打、打点は自己最高の数字となった。オフにはメジャー3年間の活躍が高く評価され、ヤンキースと新たに4年契約を締結した。
 
 そして、メジャー5年目となるイチローだ。
 
 メジャーではスロースターターの一面があったイチローだが、2005年は春先から好調なスタートを切った。しかし5月に打撃不振となると、調子が上がり切ることなく前半戦を終えることとなったが、本塁打は例年を上回るペースで放った。
 
 後半戦では5年連続200安打に到達するなど、安定した活躍を続けたが、チームは地区最下位に沈んだ。
 
 最終的に自身初の全試合出場となる162試合に出場。打率.303、206安打、OPS.786をマークした。ほとんどの部門で自己ワーストの成績となった一方で、自己最多の15本塁打を放ち、5年連続打率3割もクリアするなど、低迷するチームで存在感を放った。
 
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集