プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



MVP候補たちが勢揃い…2022年メジャーWARランキング第1位。「圧倒的打棒」でMVP大本命

2022/10/01

text By

photo

Getty Images



メジャーリーグ 最新情報

 2022年の野球は日本だけでなく、メジャーリーグも終盤戦を迎えている。今シーズンも熱い闘いが繰り広げられ、大谷翔平とアーロン・ジャッジのMVP争いに関する報道も加熱している状態だ。そこで今回は、米データサイト『ベースボールリファレンス』による2022年メジャーリーグWARランキングの上位5選手を紹介する。※数字は日本時間9月30日時点

 

 

アーロン・ジャッジ(第1位)


出身:アメリカ合衆国
投打:右投右打
身長/体重:201cm/128kg
生年月日:1992年4月26日
ドラフト:2013年ドラフト1巡目(全体32位)
WAR:10.4

 
 メジャーリーグで7年目を迎えた2022年、信じられないペースで本塁打を量産し続けるニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジ。WAR10.4(2022/09/30時点)という数値は堂々の1位だ。
 
 ジャッジはデビューも華々しいスタートから始まった選手である。現在は楽天イーグルスの田中将大が所属していた2016年、ジャッジはデビュー戦で初打席に初本塁打を放った。結果的に同年は4本塁打を記録した一方、84打数で42三振という粗さも目立つシーズンだった。
 
 しかし、2年目の2017年は驚異的な活躍を見せ、打率.284・52本塁打を記録する。9月こそ不振に陥り60本塁打とはならなかったが、今後の飛躍を期待させる活躍でヤンキースのスターとなった。
 

 
 翌年以降はけがに苦しむことも多く、2017年ほどの活躍は見せられないシーズンが続く。だが、2022年はシーズン序盤から本塁打を量産し、日本時間の9月21日にメジャーリーグ史上6人目の60本塁打を達成した。打率も急上昇しており、三冠王の獲得も十分に狙える位置にいる。大谷同様、このジャッジもまた、歴史に残るシーズンを送っている。