データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



イチローがマーリンズに移籍。川﨑宗則、青木宣親の活躍は――日本人野手のメジャー挑戦を振り返る【2015年編】

2020/07/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 7月23日(日本時間7月24日)に開幕を迎えたメジャーリーグ。60試合制や、ナショナル・リーグ初の指名打者(DH)制導入など、NPB同様2020年は異例のシーズンとなる。
 

 
 一方で、今年は新たに筒香嘉智、秋山翔吾、山口俊の3人がNPBから海を渡り、メジャーの舞台に挑戦。2人の野手が同時に挑戦するのは、2012年の青木宣親と川﨑宗則以来8年ぶりとなる。筒香と秋山は、日本人野手再評価の流れを作ることができるだろうか。
 
 本シリーズでは、年度別シーズンOPSランキングトップ10選手と、同年の日本人選手の成績を振り返り、時代背景とともに日本人野手のメジャーリーグ挑戦の軌跡を辿る。今回は2015年編。

2015年シーズンOPSランキングトップ10


 
 
 2015年は、ブライス・ハーパー(ワシントン・ナショナルズ)が大差でランキングを制した。同年は打率.330、42本塁打、99打点をマークし、ナショナル・リーグ本塁打王を獲得。出塁率.460、長打率.649、OPS1.109は両リーグトップの数値を誇り、シーズンMVPにも輝いた。
 
 2位にポール・ゴールドシュミット(アリゾナ・ダイヤモンドバックス)、3位にジョーイ・ボットー(シンシナティ・レッズ)、4位にマイク・トラウト(ロサンゼルス・エンゼルス)と続いた。
 
 5位にはランキング常連のミゲル・カブレラ(デトロイト・タイガース)が入った。同年は故障者リスト入りとなった影響で、18本塁打、76打点に終わったが、打率.338のハイアベレージを叩き出し、アメリカン・リーグ首位打者を獲得した。
 
 6位に入ったのは、ジョシュ・ドナルドソン(トロント・ブルージェイズ)だ。同年は打率.297、41本塁打、123打点をマークし、ア・リーグ打点王を獲得。その活躍でチームを地区優勝へと導き、シーズンMVPにも輝いた。
 
 7位はネルソン・クルーズ(シアトル・マリナーズ)、8位はエドウィン・エンカーナシオン(ブルージェイズ)、9位はクリス・デービス(ボルチモア・オリオールズ)が入った。
 
 同年のデービスは、打率.262ながら両リーグトップの47本塁打をマークし、2年ぶりにア・リーグ本塁打王の座を手にした。
 
 10位はこちらもランキング常連のデビッド・オルティス(ボストン・レッドソックス)という結果となった。

1 2 3 4





  • 記者募集