データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



青木宣親がワールドシリーズに出場。イチローら4選手の活躍は――日本人野手のメジャー挑戦を振り返る【2014年編】

2020/07/19

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 7月23日(日本時間7月24日)に開幕するメジャーリーグ。60試合制や、ナショナル・リーグ初の指名打者(DH)制導入など、NPB同様2020年は異例のシーズンとなる。
 

 
 一方で、今年は新たに筒香嘉智、秋山翔吾、山口俊の3人がNPBから海を渡り、メジャーの舞台に挑戦。2人の野手が同時に挑戦するのは、2012年の青木宣親と川﨑宗則以来8年ぶりとなる。筒香と秋山は、日本人野手再評価の流れを作ることができるだろうか。
 
 本シリーズでは、年度別シーズンOPSランキングトップ10選手と、同年の日本人選手の成績を振り返り、時代背景とともに日本人野手のメジャーリーグ挑戦の軌跡を辿る。今回は2014年編。

2014年シーズンOPSランキングトップ10


 
 
 2014年は、ビクター・マルティネス(デトロイト・タイガース)が初のランクインにして、1位に輝いた。同年は打率.335、32本塁打、103打点をマーク。打撃タイトルの獲得とはならなかったが、両リーグトップのOPS.974を誇り、チームメイトでもあるミゲル・カブレラの3連覇を阻んだ。
 
 2位はホセ・アブレイユ(シカゴ・ホワイトソックス)、3位は前年のナショナル・リーグMVP、アンドリュー・マカッチェン(ピッツバーグ・パイレーツ)、4位はジャンカルロ・スタントン(マイアミ・マーリンズ)となった。
 
 同年のスタントンは、打率.288、37本塁打、105打点、OPS.950をマークし、自身初の打撃タイトルとなるナショナル・リーグ本塁打王を獲得。チームの上位進出はならなかったが、個人としては輝きを放った。
 
 5位にはマイク・トラウト(ロサンゼルス・エンゼルス)だ。同年は打率.287、36本塁打、111打点、OPS.939をマークし、アメリカン・リーグ打点王を獲得。その活躍でチームを地区優勝へと導き、シーズンMVPにも輝いた。
 
 以降は、6位にホセ・バティスタ(トロント・ブルージェイズ)、7位にアンソニー・リゾー(シカゴ・カブス)、8位にエドウィン・エンカーナシオン(ブルージェイズ)、9位にランキング連覇を達成していたミゲル・カブレラ(タイガース)と続いた。
 
 10位にはマイケル・ブラントリー(クリーブランド・インディアンス)が入った。同年は打率.327、200安打、OPS.890をマーク。打率は、安打数ともにリーグ3位の数字を残すなど、飛躍の1年となった。

川﨑宗則、田中賢介、中島裕之の2014年シーズン

 2014年は、4年ぶりに日本人野手のメジャー挑戦者がゼロとなった。
 ここでは、川﨑宗則、田中賢介、中島裕之の成績を振り返っていきたい。
 
 まずは、メジャー3年目を迎えた川﨑だ。
 
 開幕はマイナーで迎えたが、4月中旬にメジャーへ昇格。直後に降格となるが、6月中旬に再昇格を果たすと、打撃でアピールを見せた。
 
 後半戦に入ると、本職の二塁、遊撃に加え、三塁でも起用されるなど選手としての幅を広げ、シーズン終了までメジャーでプレーを続けた。
 
 最終的に82試合に出場。打率.258、1盗塁、OPS.623となり、打撃面では前年から大幅な改善を見せた。
 
 次に、メジャー2年目を迎えた田中。
 
 前年オフにテキサス・レンジャーズとマイナー契約を結び、オープン戦では招待選手としてメジャーに帯同したが、開幕はマイナーで迎えた。
 
 二塁手として出場を続けたが、メジャー昇格は叶わず、シーズン半ばの7月下旬に自ら退団を申し入れ、2年間のメジャー挑戦を終えた。
 
 そして、同じくメジャー2年目を迎えた中島だ。
 
 前年同様、開幕をマイナーで迎えた。2年越しのメジャー昇格を目指すも、打撃不振に陥り、アピール不足に終わった。
 
 さらに、シーズン最終盤には左手首を骨折するアクシデントにも見舞われた中島。2年間でメジャー昇格の夢は叶わず、静かに挑戦を終えた。

イチローの2014年シーズン

 続いて、メジャー14年目を迎えたイチローだ。
 
 同年は、開幕スタメンにイチローの名はなかった。あらゆる起用法での出場となったが、その悔しさを晴らすかのような活躍を見せ、前半戦は3割近い打率を残した。
 
 後半戦に入ると、やや打撃が湿り気味になったが、大きな不調に陥ることなくシーズンを完走した。
 
 最終的に143試合に出場。打率.284、15盗塁、OPS.664をマークした。出場数はやや減少したが、打撃面ではほとんどの部門で昨シーズンを上回る成績を残した。

ワールドシリーズに出場した青木宣親

 青木は、前年をさらに上回る存在感を放った。
 メジャー3年目を迎えた同年は、オフにカンザスシティ・ロイヤルズへトレード移籍。
「1番・右翼」で開幕スタメン入りを果たし、まずまずのスタートを切った。
 
 しかし死球で足を痛めた影響もあり、打撃の調子を落とすと、6月中旬には左足の肉離れにより、メジャー移籍後初の故障者リスト入りとなった。
 
 7月中旬に戦列復帰後は、他選手との併用が続いたが、8月下旬に打撃の調子が上向くと、再度スタメンに固定。9月の月間打率は3割後半を記録した。
 
 チームは僅差で地区優勝を逃したが、ワイルドカードを獲得し、ポストシーズンに進出。ワイルドカードゲームでサヨナラ勝ちを収めると、破竹の勢いでポストシーズン8連勝を記録し、無敗でワールドシリーズに駒を進めた。最終戦までもつれた末に惜しくも敗れ、ワールドチャンピオンは逃したが、快進撃を見せるチームの一角を担った。
 
 最終的に132試合に出場。打率.285、17盗塁、OPS.710をマークした。ポストシーズンに入ってからは精彩を欠いたが、レギュラーシーズンでは安定した成績を残した。
 
 
年度別一覧に戻る






  • 記者募集