プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



タグ:怪我

大ケガから復活…プロ野球、選手生命の危機を乗り越えた一流選手5人

2022/08/30

プロ野球(NPB) 最新情報(最新ニュース)  プロ野球のキャリアでは、故障が大きな影響をもたらすことがある。長期離脱することなく現役を全うする選手もいれば、選手生命を脅かす大けがに苦しんだ選手もいる。今回は、大けがから復活を遂げた5人を紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。   門田博光  門田博光は、アキレス腱断裂を乗り越えて圧倒的な打棒を発揮した。    門田は、1969年ドラフト2位で南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)に入団。プロ2年目の1971年に外野のレギュラーへ定着すると、打率.300、31本塁打、12 ... 続きを見る


離脱さえなければ…“ガラスのエース”5人。ポテンシャルは間違いない現役投手たち

2022/08/26

プロ野球最新情報 プロ野球の世界には、いつの時代にも離脱さえしなければ球界を代表する選手であろうという「ガラスの天才」がいる。特に投手においては、肩や肘の故障により、誰もが認めるポテンシャルを持ちながら、本来の投球ができない悲運な投手が数多く存在する。今回はガラスのエースを5人紹介する。(現役投手編)   今シーズンのプロ野球はDAZNで! いつでもどこでも簡単視聴   髙橋遥人(阪神タイガース)    2017年ドラフト2位で阪神へ入団。1年目の4月にプロ初登板初先発初勝利を記録した。6月までに6試合に先発し、2勝を挙げるも、左肩のコンディション不良のため、その ... 続きを見る


離脱さえなければ…“ガラスの天才”5人。けがが悔やまれる現役野手たち

2022/05/08

プロ野球最新情報  プロ野球の世界には、いつの時代も離脱さえなければ球界を代表する選手であろうという「ガラスの天才」がいる。高い能力を有しレギュラーとしての期待が大きい反面、その身体能力の高さゆえ、身体への負担が大きく、けがにつながってしまう悲運の選手たちだ。    近年では、投手だと160キロを投げる佐々木朗希投手のように、出力過多による身体的負担が考慮されるようになってきたが、野手でも出力の問題は例外ではないだろう。ここでは、誰もが認める高い能力を持ったガラスの天才5人を紹介する。(現役野手編)   今シーズンのプロ野球はDAZNで! いつでもどこでも簡単視聴 &nbs ... 続きを見る


強力外野トリオが全滅…ヤンキースがまたも“野戦病院化” 主砲ジャッジ「開幕戦へ向けて準備する」

2020/03/06

ヒックスはトミージョン手術、スタントンは昨季18試合のみ  右肩故障で離脱となったニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が、精密検査を受けることが決定。 けがに悩まされる中、開幕戦に向けての思いを語った。米公式サイト『MLB.com』が5日(日本時間6日)、伝えている。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    昨季は故障者が相次ぎ、一時はレギュラー陣の大半が負傷者リスト(IL)入りとなっていたヤンキース。若手選手の躍進とベテラン勢の力でシーズン103勝を挙げたが、選手の健康面に関してはかなり不本意な1年間と ... 続きを見る


「野球一筋」はMLBで不利?複数スポーツ経験者より故障の確率高く 米大学が研究結果を発表

2019/11/09

複数スポーツを奨励する土壌でマルチ・アスリートが数多く存在  高校で野球以外のスポーツを行っていた選手は、高校で野球だけをやっていた選手に比べて、プロ入り後に故障をする確率が低くなる。そんな研究結果が米国の医学雑誌で発表された。    この論文は2019年7月にニューヨークにあるコロンビア大学の研究者らが発表した。メジャーリーガー及びマイナーリーガーたちに高校時代にどのようなスポーツを行ったかの聞き取り調査を行い、彼らのプロ入り後の成績と故障歴を比較解析したものだ。    調査対象となったのは2008年から2016年までにMLBのドラフト会議で1、2位指名され、少なくともプ ... 続きを見る


マット・チャップマン、開幕までに復帰濃厚! 昨季守備指標MLBトップの男が東京ドームでの開幕戦出場へ

2019/02/11

 オークランド・アスレチックスのマット・チャップマン内野手が今季開幕までに怪我から復帰し、東京ドームで行われるシアトル・マリナーズとの開幕戦にも出場できる可能性が高いことがわかった。昨季守備指標でMLBトップの数値を叩き出した名手で、現在はリハビリを進めている。公式サイト『MLB.com』が10日(日本時間11日)、伝えた。    チャップマンは24歳で迎えた2017年にアスレチックスでメジャーデビュー。84試合に出場し、打率.234、14本塁打、40打点を記録した。三塁のレギュラーに完全定着した昨季は145試合に出場し、打率.278、24本塁打、68打点と打撃面が向上。三振が146 ... 続きを見る