データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



Monthly Archives: 9月 2019

星稜・奥川恭伸&山瀬慎之助が揃ってプロ志望届を提出 プロ注目のバッテリー

2019/09/30

 日本高野連は30日、プロ野球志望届提出者の一覧を更新。ドラフト1位指名が予想される星稜・奥川恭伸投手らが新たに加わった。    奥川は、夏の甲子園で大会最注目だった本格派右腕。最速154キロの速球と高い制球力を武器に、チームを甲子園準優勝へと導いた。また同日、奥川に加えて女房役の山瀬慎之助捕手らも志望届を提出した。    志望届の提出期限は10月3日。ドラフト会議は10月17日に行われる。     2019年プロ志望届提出者一覧<高校生・大学生>... 続きを見る


2019年ファーム個人タイトルは? イースタン首位打者は巨人・山下航汰。千葉ロッテ・安田尚憲、ソフトバンク・中田賢一も

2019/09/30

 プロ野球ファーム公式戦は29日、全日程を終了した。    イースタン・リーグは、東北楽天ゴールデンイーグルスが初の優勝。一方のウエスタン・リーグでは、福岡ソフトバンクホークスが3年ぶり12度目の優勝を果たした。両チームは、10月5日に宮崎で行われる「2019年プロ野球ファーム日本選手権」で、ファーム日本一をかけて対戦する。    個人成績では、イ・リーグは、千葉ロッテマリーンズの安田尚憲内野手が安打、本塁打、打点の3部門でトップ。首位打者には読売ジャイアンツのルーキー山下航汰外野手が輝いた。投手部門は、横浜DeNAベイスターズの中川虎大投手や楽天の藤平尚真投手らが存在感を ... 続きを見る


【30日のプロ野球公示】阪神が引退の高橋聡文を登録、メッセンジャーを抹消 ソフトバンクは田浦文丸ら3選手を抹消

2019/09/30

 日本野球機構は30日付の出場選手登録、登録抹消を公示した。   <セ・リーグ> 【登録】 阪神タイガース      投手  髙橋 聡文   【抹消】 阪神タイガース      投手  ランディ・メッセンジャー   ※引退選手・特例登録を適用した阪神タイガースのランディ・メッセンジャー投手は、シーズン終了まで再度の出場選手登録をすることはできない。 ※阪神タイガースの髙橋聡文投手は引退選手・特例登録が適用され、本日のみ当該球団は29名を超えて出場選手登録することができる。なお、当該選手は翌日、自動的に登録抹消となる。   <パ・リーグ> 【登録】 なし ... 続きを見る


西武、個人打撃タイトル6部門中5部門を占める。中村剛也は「『ランナーをかえす』ということを意識して打席に入った結果」、山川穂高は「正直悔しい」

2019/09/30

 プロ野球パ・リーグ公式戦が29日、全日程を終了。それに伴いリーグ個人タイトルが確定した。打者部門では、優勝した埼玉西武ライオンズの選手が、6部門中5部門でそれぞれトップを飾った。    首位打者には、森友哉捕手が初めて輝いた。森は今季、多くの試合でマスクを被りながら主にクリーンアップを務め、リーグトップの打率.329をマークした。本塁打王は2年連続で山川穂高内野手。そのほかのタイトルも、秋山翔吾外野手、中村剛也内野手、金子侑司外野手が獲得した。    打者個人タイトルを獲得した5選手のコメントは以下の通り。   〇首位打者賞:森友哉捕手(初受賞) 「今年は一年通 ... 続きを見る


「アクーニャの状態はいい」。ブレーブス指揮官、若き大砲のポストシーズン復帰を確信

2019/09/30

史上最年少で「40本塁打&30盗塁」達成の大活躍  アトランタ・ブレーブスのブライアン・スニッカー監督は、左股関節を痛めて戦線離脱中のロナルド・アクーニャJr.外野手のポストシーズンでの復帰を確信しているようだ。アクーニャJrの母国ベネズエラ紙『リーデル』が現地29日(日本時間30日)に報じている。    同紙は、スニッカー監督の「アクーニャJr.の状態はいい。おそらく、彼は日曜日のメッツ戦(現地29日開催)でもプレーできると感じているくらいではないかな。これは、10月3日の地区シリーズ初戦でのプレーに向け、トップコンディションで戻ってくるということを意味するという点でいいことだ」と ... 続きを見る


MLB、2019年のタイトルが確定! すさまじい成績を残した猛者たちが歴史に名を刻む【ナ・リーグ編】

2019/09/30

 MLBは2019年のレギュラーシーズン全日程が終了。各部門のタイトルホルダーが確定した。期待の新星から実績十分のベテランまで、素晴らしい成績を残した選手たちが勢ぞろいしている。今回は、ナショナル・リーグのタイトル受賞者たちや、その他の部門で優秀な成績を残した選手たちを紹介する。   【打者部門】 首位打者(.329):クリスチャン・イェリッチ外野手(ミルウォーキー・ブリュワーズ)          ケテル・マーティ外野手(アリゾナ・ダイヤモンドバックス) 本塁打王(53本):ピーター・アロンゾ内野手(ニューヨーク・メッツ) 打点王(126打点):アンソニー・レンドン内野手(ワシント ... 続きを見る


MLB、2019年のタイトルが確定! すさまじい成績を残した猛者たちが歴史に名を刻む【ア・リーグ編】

2019/09/30

 MLBは2019年のレギュラーシーズン全日程が終了。各部門のタイトルホルダーが確定した。期待の新星から実績十分のベテランまで、素晴らしい成績を残した選手たちが勢ぞろいしている。今回は、アメリカン・リーグのタイトル受賞者たちや、その他の部門で優秀な成績を残した選手たちを紹介する。   【打者部門】 首位打者(.335):ティム・アンダーソン内野手(シカゴ・ホワイトソックス) 本塁打王(48本):ホルヘ・ソーラー外野手(カンザスシティ・ロイヤルズ) 打点王(123打点):ホセ・アブレイユ内野手(ホワイトソックス) 盗塁王(46個):マレックス・スミス外野手(シアトル・マリナーズ) 最多 ... 続きを見る


ナ・リーグ中地区Vの行方はシーズン最終戦へ カージナルス&ブリュワーズが1.0差で熾烈な争い

2019/09/29

90勝72敗で並べば「163試合目」へ  メジャーリーグは、10月のポストシーズンへ向けて進出チームは全て出揃ったものものの、28日(日本時間29日)までにナショナル・リーグ中地区のみ優勝チームが決まっていない。順位の行方はレギュラーシーズン最終戦となる162試合目にもつれ込むこととなった。    前日27日(同28日)までの順位は、首位がセントルイス・カージナルス(90勝70敗、勝率.563)で、1.0ゲーム差を置いて2位にミルウォーキー・ブリュワーズ(89勝71敗、勝率.556)が追う形。そして迎えた28日、2位のブリュワーズは敵地でのコロラド・ロッキーズ戦に2-3で痛恨のサヨナ ... 続きを見る


アストロズ、バーランダーが史上18人目の通算3000奪三振 自己最多シーズン300奪三振も同時達成

2019/09/29

メジャー15年目36歳で21勝目!「現役最強右腕」を証明  ヒューストン・アストロズのジャスティン・バーランダー投手が28日(日本時間29日)、敵地エンゼル・スタジアムでのロサンゼルス・エンゼルス戦で今季300奪三振と通算3000奪三振をマークし、今季21勝目を挙げた。    試合前まで今季288奪三振、通算2994奪三振としていたバーランダーが、奪三振ショーで再び偉業を達成。レギュラーシーズン最終登板を白星で締めくくった。    バーランダーは初回に2番のブライアン・グッドウィン外野手に先制ソロ本塁打を浴びたが、2回はチェンジアップ、スライダー、フォーシームを決め球に3者 ... 続きを見る


【29日のプロ野球公示】リーグVの巨人が全選手の登録抹消 オリックスはT-岡田らを登録

2019/09/29

 日本野球機構は29日付の出場選手登録、登録抹消を公示した。   <セ・リーグ> 【登録】 中日ドラゴンズ    捕手   石橋 康太 阪神タイガース    投手   ランディ・メッセンジャー   【抹消】 読売ジャイアンツ   投手   山口 俊 読売ジャイアンツ   投手   澤村 拓一 読売ジャイアンツ   投手   スコット・マシソン 読売ジャイアンツ   投手   田口 麗斗 読売ジャイアンツ   投手   鍬原 拓也 読売ジャイアンツ   投手   鍵谷 陽平 読売ジャイアンツ   投手   桜井 俊貴 読売ジャイアンツ   投手   中川 皓太 読売ジャイアン ... 続きを見る


「引退はしない」。マリナーズ退団確実のヘルナンデス、現役続行に意欲

2019/09/29

マリナーズ一筋15年。2010年サイ・ヤング賞受賞  シアトル・マリナーズでの涙のラスト登板を終えた、”キング”フェリックス・ヘルナンデス投手は、来季以降も現役続行に強い意欲を見せているようだ。現地27日(日本時間28日)、ヘルナンデスの母国ベネズエラの『リーデル』紙が報じている。    現地26日(日本時間27日)に行われた対オークランド・アスレチックス戦で先発登板したヘルナンデス。5回1/3を投げ、敗戦投手となってしまったが、6回途中での降板時には球場全体からの大歓声を浴び、チームメイトとの抱擁を交わし、感極まるシーンが話題を集めた。    メジャーデビューから15年、 ... 続きを見る


ダイヤモンドバックス・平野佳寿、1回完全で15ホールド目 逆転直後の1点差リード守る

2019/09/29

決め球は全てフォーシーム  アリゾナ・ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が28日(日本時間29日)、本拠地チェイス・フィールドでのサンディエゴ・パドレス戦でリリーフ登板し、1回無失点と好投した。    ダイヤモンドバックスは、1-5と4点を追う7回にジャロッド・ダイソン外野手の適時二塁打で1点を返すと、なおも満塁でクリスチャンス・ウォーカー内野手が第29号満塁本塁打を放ち6-5と一気に逆転に成功した。    そして8回からは3番手として平野が登板。平野は、先頭の5番ハンター・レンフロー外野手を91マイル(約146キロ)のフォーシームで左飛に打ち取ると、続くタイ・フランス内野 ... 続きを見る


メッツ・アロンゾ、MLB新人史上最多のシーズン53号本塁打 デビュー1年目の24歳が偉業達成

2019/09/29

本拠地で歓喜!2017年のジャッジ抜く  ニューヨーク・メッツの新人ピーター・アロンゾ内野手が28日(日本時間29日)、本拠地シティ・フィールドでのアトランタ・ブレーブス戦で新人最多本塁打記録となる53号を放ち勝利に貢献した。    前日に新人資格を持つ選手として最多タイ記録となるシーズン52本塁打をマークした驚異の24歳・アロンゾが、ついに歴史を塗り替えた。    この日「2番・一塁」で先発出場したアロンゾは、ブレーブス先発のマイケル・フォルティネビッチ投手に対して初回の第1打席は空振り三振。フルカウントからのカーブにバットが空を切った。    そして0-0で迎 ... 続きを見る


【29日のプロ野球公示】阪神が引退発表のメッセンジャーを登録 中日は石橋康太を登録

2019/09/29

 日本野球機構は29日付の出場選手登録、登録抹消を公示した。   <セ・リーグ> 【登録】 中日ドラゴンズ  捕手  石橋 康太 阪神タイガース  投手  ランディ・メッセンジャー   【抹消】 なし   ※阪神タイガースのランディ・メッセンジャー選手は、引退選手・特例登録が適用され、本日のみ当該球団は29名を超えて出場選手登録することができる。なお、当該選手は、翌日、自動的に登録抹消となる。... 続きを見る


前田健太、1回無失点の好救援で4ホールド目 ドジャースは66年ぶり球団タイ記録の105勝

2019/09/29

先発の柳賢振は14勝目でNL最優秀防御率“当確”  ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が28日(日本時間29日)、敵地オラクル・パークでのサンフランシスコ・ジャイアンツ戦にリリーフ登板し、1回無失点と好投。今季4ホールド目をマークした。    ナショナル・リーグ西地区を7連覇したドジャースは、2試合連続7イニングを投げて調子上向きの先発・柳賢振投手が好投。ジャイアンツ打線を3回までをパーフェクトに抑えると、4回は1死一、二塁のピンチも無失点で切り抜けて流れを引き寄せる。    すると5回、ドジャース打線は1死から新人ギャビン・ラックス内野手の二塁打でチャンスを作る。その ... 続きを見る


MLB、シーズン本塁打記録争いは「300」の世界に 1試合6発量産のヤンキースがツインズを抜く

2019/09/28

今季3号のスタントン「エキサイティング」  ニューヨーク・ヤンキースが27日(日本時間28日)、敵地グローブライフ・パークでのテキサス・レンジャーズ戦で6本塁打を放ち、シーズン通算本塁打数でミネソタ・ツインズが樹立したばかりのMLB新記録を更新した。    ヤンキースは今季160試合目を迎えたこの日、敵地でのレンジャーズ戦で一発攻勢。まずは初回にジャンカルロ・スタントン外野手の第3号ソロ本塁打で先制し、シーズン通算300本塁打の大台に乗せる。    そして1-2で迎えた2回にはキャメロン・メイビン外野手が第11号同点ソロ。4回にはブレット・ガードナー外野手の第28号ソロで3 ... 続きを見る


【28日のプロ野球公示】ソフトバンクが17年ドラ3増田珠、18年ドラ3野村大樹を登録 ヤクルトは3選手を登録

2019/09/28

 日本野球機構は28日付の出場選手登録、登録抹消を公示した。   <セ・リーグ> 【登録】 東京ヤクルトスワローズ  投手  市川 悠太 東京ヤクルトスワローズ  投手  高橋 奎二 東京ヤクルトスワローズ  捕手  古賀 優大   【抹消】 広島東洋カープ  外野手   赤松 真人   ※10月8日以後でなければ出場選手の再登録はできない。   <パ・リーグ> 【登録】 福岡ソフトバンクホークス  内野手   増田 珠 福岡ソフトバンクホークス  内野手   野村 大樹   【抹消】 なし... 続きを見る


ダルビッシュ有、「カブスは完璧」復活の理由は20個? 大型契約オプトアウトの可能性を否定

2019/09/28

契約最終年の指揮官へ「辛抱強く向き合ってくれた。彼のおかげ」  シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手が、昨年シーズン前に結んだ6年契約についてオプトアウト(破棄)しない考えを明らかにした。米公式サイト『MLB.com』が27日(日本時間28日)に伝えている。    ダルビッシュは昨季に右肘の骨棘除去手術を受け、完全復活を期して今季に臨んだ。しかし、前半は18試合に投げて2勝4敗、防御率5.01と苦しみ、好投しても自身に勝ち星が付かない不運にも見舞われた。    それでも、シーズン後半から成績は一変。クローザーのクレイグ・キンブレル投手から習ったというナックルカーブを使用し投球 ... 続きを見る


千葉ロッテ、山室球団社長がシーズン総括で悔しさ示す 来季への意欲にファンも呼応「優勝しよう」

2019/09/28

「どんな逆境でも跳ね返し勝ち抜く力強いチームを」  千葉ロッテマリーンズは24日に今季レギュラーシーズンの全日程を終了。それに伴って山室晋也球団社長が26日にコメントを発表し、ファンへ感謝の思いを語った。    ロッテは今季69勝70敗(勝率.496)でパシフィック・リーグ4位。7月には新外国人として獲得したレオネス・マーティン外野手が52試合で14本塁打39打点を活躍を見せたが、チームは2016年以来3年ぶりとなるクライマックスシリーズ(CS)にわずかに届かなかった。    山室球団社長はまず、「今シーズンも熱い応援で選手たちを力強く後押ししていただき、本当にありがとうご ... 続きを見る


アスレチックス&レイズ、ワイルドカードでPO進出 少ない資金力も何の!ホーム開催権争いも激戦

2019/09/28

3位インディアンス敗戦で一気に出揃う  メジャーリーグでも特に資金力の小さいオークランド・アスレチックスとタンパベイ・レイズが27日(日本時間28日)、揃ってワイルドカードでのポストシーズン進出を決めた。    アメリカン・リーグ西地区2位のアスレチックスは、前日26日(同27日)の時点でポストシーズン進出マジックが「1」。27日に対象チームだった圏外3位のクリーブランド・インディアンスがワシントン・ナショナルズ戦で敗れたため、この日の試合を前にして2016年以来3年ぶりのポストシーズン進出が決まった。    アスレチックスは26日までに96勝63敗と地区2位ながら勝率6割 ... 続きを見る


メッツ・アロンゾ、MLB新人最多タイの52号本塁打 17年ヤンキース・ジャッジの記録に並ぶ

2019/09/28

初回の第1打席でソロ本塁打、記録更新なるか  ニューヨーク・メッツのピーター・アロンゾ内野手が27日(日本時間28日)、本拠地シティ・フィールドでのアトランタ・ブレーブス戦でメジャーリーグ新人最多タイとなるシーズン52号本塁打を放った。    今季ここまで球団新記録を更新しつづけ、デビュー1年目で史上初の50本塁打を突破し51本塁打を記録していたアロンゾ。驚異の新人内野手が、今度は新人資格を持つ選手としては史上最多タイとなる52号本塁打を放った。    本拠地でのブレーブス戦に「2番・一塁」で先発出場したアロンゾは、0-2と2点を追う初回の第1打席、ブレーブス先発のダラス・ ... 続きを見る


退団確実の『キング』ヘルナンデス、本拠地登板で涙 マリナーズの大エースがキャリアに一区切り

2019/09/27

 シアトル・マリナーズは26日(日本時間27日)、本拠地でオークランド・アスレチックスと対戦。今季限りでの退団が確実となっているフェリックス・ヘルナンデス投手が先発し、本拠地のファンに涙ながらの別れを告げた。試合は1‐3でマリナーズが敗れた。    試合は初回、2回とヘルナンデスが失点。しかし、その後を無失点に抑え、6回1死まで3失点でマウンドを降りた。    試合の結果以上に注目を集めたのは『キング』の異名を持つ右腕の姿だ。19歳でメジャーデビューすると、初年度から防御率2.47をマークするなど鮮烈な活躍。2年目に12勝をあげ、エースとしての立場を確立した。4年目こそ9勝 ... 続きを見る


前田健太が孫悟空に変身?! 独特の雰囲気に日米ファンから称賛の声!

2019/09/27

 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が26日(日本時間27日)、自身のインスタグラムを更新。アップロードした写真が日米で話題を呼んでいる。    この日はデトロイトからの移動で、『ドジャース・チーム・ドレスアップ・デー』と銘打ち、選手たちがコスチュームを着用して飛行機移動した。前田は、同僚3人と共に人気アニメ『ドラゴンボール』のキャラクターに扮した様子をインスタグラムで公開。日米のファンから称賛のコメントが殺到している。    ほかの選手たちも、ノリノリのコスプレ姿を披露。主砲コディ・ベリンジャー外野手はバスケットボール選手、柳賢振投手はサメになるなど、一流のメジャーリ ... 続きを見る


ツインズ、MLB史上初のシーズン300本塁打到達! 圧倒的破壊力で世界一なるか?

2019/09/27

 ミネソタ・ツインズは26日(日本時間27日)、デトロイト・タイガースと対戦。今季の159試合目となったこの試合で、ツインズは300本塁打に到達した。MLB史上初めて、1シーズンに放った本塁打が300本に達したチームとなった。試合はツインズが10‐4で勝利した。    試合は3回、ツインズが適時打で1点を先制。2‐3と1点ビハインドで迎えた5回表、一挙4点を奪って逆転に成功した。その後、1点を失い、6‐4とされた直後の7回表だった。この日適時打を打っているジョナサン・スコープ内野手が今季23号となる2点本塁打を放ってタイガースを突き放した。    試合はその後、ツインズがさ ... 続きを見る


前田健太、1回2K零封で3セーブ目! 1点差勝利に貢献でポストシーズンに期待高まる

2019/09/27

 ロサンゼルス・ドジャースは26日、敵地でサンディエゴ・パドレスと対戦。前田健太投手が9回に登板し、2つの三振を奪うなど1回を無失点に抑えて今季3つ目のセーブを挙げた。試合は1‐0でドジャースが勝利した。    ドジャース先発はクレイトン・カーショウ投手。初回から制球良く投げ込み、パドレス打線を6回まで無失点に抑えてみせた。続くダスティン・メイ投手、ペドロ・バイエズ投手が7回と8回を無失点に抑えると、9回はアダム・コラレック投手がマウンドにあがった。しかし、先頭に安打を許したところで交代。前田の名前がコールされた。    前田は9回無死一塁での登板となり、迎えた先頭打者は今 ... 続きを見る


アストロズとエンゼルスが同地区対決。ブックメーカーの勝敗オッズは?

2019/09/27

 アメリカン・リーグ西地区のヒューストン・アストロズとロサンゼルス・エンゼルスが26日(日本時間27日)、対戦する。    アストロズはウェード・マイリー、エンゼルスはハイメ・バリアの両先発予定。『1xBet』のオッズでは、アストロズの勝利が1.46倍、エンゼルスの勝利が2.736倍だ。つまり、より多くの人がアストロズの勝利を予想していることになる。地区優勝でポストシーズン進出を決めたアストロズと、同地区下位に沈むエンゼルス、どちらが勝利を掴むだろうか。    1xBetは、試合前のベットとライブオッズで最大の市場を誇る一方で、オンラインスロット、ライブカジノ、テーブルゲー ... 続きを見る


アストロズ・グレインキー、9回1死までノーヒットノーランの快投! 菊池雄星は2失点好投も11敗目

2019/09/26

アストロズは18勝トリオ誕生  ヒューストン・アストロズは25日(日本時間26日)、敵地でシアトル・マリナーズ戦と対戦。アストロズはザック・グレインキー投手、マリナーズは菊池雄星投手がそれぞれ登板し、グレインキーは9回途中までノーヒットノーランを継続する好投で18勝目を手にした。    初回、マリナーズ先発の菊池は先頭のジョージ・スプリンガー外野手に中安打を許すと、3番に座ったアレックス・ブレグマン内野手にタイムリー二塁打を浴びて1失点。後続の安打でさらに失点し、不安定な立ち上がりで2点を失う。    一方、アストロズ先発のグレインキーは先頭のシェド・ロング外野手を外角低め ... 続きを見る


横浜・及川雅貴らがプロ志望届を提出で108人に 智弁和歌山・東妻純平も

2019/09/26

 日本高野連は26日、プロ野球志望届提出者の一覧を更新。高校BIG4の一角である左腕・及川雅貴投手(横浜)らが新たに加わった。    及川のほかにも、智辯和歌山の東妻純平や黒川史陽らが志望届を提出。高校生の提出者は108人となっている。    志望届の提出期限は10月3日。ドラフト会議は10月17日に行われる。     2019年プロ志望届提出者一覧<高校生・大学生>... 続きを見る


ポストシーズン進出へ負けられないインディアンスがホワイトソックスと同地区対決。 ブックメーカーの勝敗オッズは?

2019/09/26

 アメリカン・リーグ中地区に所属するクリーブランド・インディアンスと同地区のシカゴ・ホワイトソックスが26日(日本時間27日)、対戦する。    今季の対戦成績は、10勝8敗でホワイトソックスが勝ち越し。ワイルドカード枠でのポストシーズン進出のために一戦も落とせないインディアンスは1年目ながらも9試合で防御率1.82と結果を残しているアーロン・シベル投手が先発予定。対するホワイトソックスはディラン・シーズ投手の先発が予定されている。    会員向けにMLBの試合を無料でライブストリーミング配信している『188BET』のオッズでは、インディアンスの勝利が1.50倍、ホワイトソ ... 続きを見る


ツインズが9年ぶり地区優勝! 新人ドブナックが6回1失点好投、終盤に打線奮起で逆転勝利

2019/09/26

ア・リーグは地区優勝球団出揃う  ミネソタ・ツインズは25日(日本時間26日)、敵地コメリカ・パークでデトロイト・タイガースと対戦。5-1で勝利し、9年ぶりの地区優勝を決めた。    今季はクリーブランド・インディアンスと地区首位の座を争っていたツインズだが、ようやく決着がついた。初回、ツインズ先発のランディ・ドブナック投手がジェイマー・キャンデラリオ内野手に適時打を浴びて先制を許してしまう。    しかし、大崩れはせずに初回を1失点に留めると、以降は本領発揮。5回終了までノーヒットに抑える快投を見せ、6回にはかつての“三冠王”ミゲル・カブレラ内野手らを3者連続三振に仕留め ... 続きを見る


【26日のプロ野球公示】日本ハムが野手転向の白村明弘らを登録 楽天は由規らを登録、巨人は髙橋優貴を抹消

2019/09/26

 日本野球機構は26日付の出場選手登録、登録抹消を公示した。   <セ・リーグ> 【登録】 なし   【抹消】 東京ヤクルトスワローズ    投手  田川 賢吾 読売ジャイアンツ       投手  高橋 優貴   ※10月6日以後でなければ出場選手の再登録はできない。   <パ・リーグ> 【登録】 埼玉西武ライオンズ      捕手  中田 祥多 埼玉西武ライオンズ      内野手 山野辺 翔 埼玉西武ライオンズ      外野手 鈴木 将平 埼玉西武ライオンズ      外野手 愛斗 北海道日本ハムファイターズ  投手  吉川 光夫 北海道日本ハム ... 続きを見る


ブリュワーズ、6連勝で2年連続ポストシーズン進出決定 ダルビッシュ有のカブスは完全消滅

2019/09/26

地区優勝も視野に  ミルウォーキー・ブリュワーズは25日(日本時間26日)、敵地グレートアメリカン・ボールパークでシンシナティ・レッズと対戦。初回に6点を挙げるなど一度もリードを許すことなく9-2で勝利し、2年連続となるポストシーズン進出を決めた。    ブリュワーズは初回、ライアン・ブラウン外野手の22号満塁本塁打などで6点を先制。2回には、日系3世ケストン・ヒウラ内野手に19号が飛び出すなど、序盤から優位に試合を進めた。投げては、今季途中から加入したジョーダン・ライルズ投手が5回2失点と試合を作ると、残りの回を救援陣が無失点リレーでつなぎ、試合をものにした。    6連 ... 続きを見る


MLBの三振数が12年連続で歴代最多更新 本塁打数激増の反動か。200奪三振の投手も最多

2019/09/25

2008年から続く怪記録、100三振以上の打者は150人超  メジャーリーグは24日(日本時間25日)、シーズン通算三振数が4万1208個に達し、12年連続で三振数を更新した。米スポーツ専門サイト『ESPN』が伝えている。    タンパベイ・レイズのウィリー・アダメズ内野手が、24日に本拠地で行われたニューヨーク・ヤンキース戦の5回にスティーブン・タープリー投手に空振り三振。これが今季メジャーリーグで記録された4万1208個目の三振となり、2018年に記録された三振数を更新し歴代最多となった。    同サイトによると、三振数の記録が更新されたのは2008年以来12年連続。そ ... 続きを見る


アストロズの剛腕コール、球団新記録の316奪三振 7回0封14Kで19勝目、先発陣が貯金荒稼ぎ

2019/09/25

J.R.リチャード氏の記録を40年ぶりに更新  すでにアメリカン・リーグ西地区優勝を決めているヒューストン・アストロズのゲリット・コール投手が24日(日本時間25日)、敵地Tモバイルパークでのシアトル・マリナーズ戦に先発登板し、7回無失点14奪三振の快投で19勝目。今季の奪三振数を316個とし、アストロズの球団記録を更新した。  試合前まで今季302奪三振としていたコールが、今季1度も負傷者リスト(IL)入りすることなく迎えた32試合目の登板でまたも奪三振ショーを見せた。    初回をわずか8球で1三振を含む3者凡退に抑えると、100マイル(約161キロ)に迫るフォーシームやスライダ ... 続きを見る


【25日のプロ野球公示】リーグ優勝の西武が中村剛也と栗山巧ら4選手を抹消 ベイスターズは山﨑康晃ら8人抹消

2019/09/25

 日本野球機構は25日付の出場選手登録、登録抹消を公示した。   <セ・リーグ> 【登録】 東京ヤクルトスワローズ     外野手 濱田 太貴 中日ドラゴンズ         投手  木下 雄介   【抹消】 横浜DeNAベイスターズ      投手  大貫 晋一 横浜DeNAベイスターズ      投手  三嶋 一輝 横浜DeNAベイスターズ      投手  山﨑 康晃 横浜DeNAベイスターズ      投手  エドウィン・エスコバー 横浜DeNAベイスターズ      投手  国吉 佑樹 横浜DeNAベイスターズ      内野手 倉本 寿彦 横浜DeNAベイスター ... 続きを見る


阪神・髙橋聡文、現役引退を発表「チームを代表する左バッター抑えることだけを考えて、18年間やってきた」

2019/09/25

 阪神タイガースの髙橋聡文投手が25日、今季限りで現役を引退すると発表した。同日行われた引退会見の模様を球団公式サイトが伝えている。    髙橋聡は、高岡第一高から2001年ドラフト8位で中日ドラゴンズに入団。3年目の04年に1軍デビューを果たすと、貴重なリリーフ左腕として活躍した。2010年には63試合に登板して防御率1.61をマークするなど圧巻の数字を残し、チームのリーグ優勝に貢献している。    2015年オフにフリーエージェント(FA)で阪神に移籍すると、2017年には61試合、6勝0敗、1セーブ、20ホールド、防御率1.70と抜群の安定感を示した。しかし、昨季は左 ... 続きを見る


エンゼルス・大谷翔平、万全目指すも二刀流に“楽観的”。左膝手術から順調に回復、投球へも意欲

2019/09/25

術後初めてメディア対応「順調にきている」「確かなプランは設定されていない」  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が、左膝の手術後初めて会見を開き、来季2020年のシーズンに向けて意欲を語っている。米公式サイト『MLB.com』が24日(日本時間25日)、伝えた。    大谷は13日(同14日)に左膝の膝蓋骨修復手術を受け、8週間から12週間の回復期間を必要としている。また、12月中には投球プログラムを終了させ、昨年10月に受けた右肘側副靭帯再建手術(通称:トミー・ジョン手術)からの回復期を完了させる予定だ。    同サイトによれば、大谷は「(膝の手術から)順調にきている ... 続きを見る


ナショナルズ、WCマジック「3」から一気に2年ぶりPO決定 大一番の先発はシャーザーに託す

2019/09/25

ダブルヘッダー2試合目で11勝目「彼は最高の投手の1人」  ワシントン・ナショナルズが24日(日本時間25日)、本拠地ナショナルズ・パークでのフィラデルフィア・フィリーズとのダブルヘッダーで連勝し、ワイルドカードで2年ぶりのプレーオフ進出を決めた。    ワイルドカードでのポストシーズン進出マジック「3」としていたナショナルズは、ダブルヘッダーの第1試合で4-1で勝利。そして第2試合では、初回に先発のマックス・シャーザー投手が3点を失うも、2-4と2点を追う6回に1番のトレイ・ターナー内野手が第18号満塁本塁打を放ち逆転。直後にブライス・ハーパー外野手にソロ本塁打を浴びたが、後続を抑 ... 続きを見る


MLBは選手の安全のために何もしていない。大物エージェント、スコット・ボラス氏がかみつく

2019/09/25

 9月22日(日本時間23日)、シカゴで行われたセントルイス・カージナルズ対シカゴ・カブスの一戦は、カブスはダルビッシュ有投手、カージナルスはマイルズ・マイコラス投手が先発した。元NPB出身投手の投げ合いとなったこの試合中、カブスの主力選手であるクリス・ブライアント内野手が怪我のために急遽退場する出来事が起きた。    3回裏カブスの攻撃において、1死一塁の場面で内野ゴロを打ったブライアントはダブルプレーを阻止するために一塁へ全力疾走。折り悪く雨のために濡れていた一塁ベース上で足を滑らせ、激しく転倒した。ブライアントは自力で立ち上がることが出来ず、トレーナーの肩を借りて退場した。 & ... 続きを見る


西武、2年連続23度目のパ・リーグ制覇! 強力打線と鉄壁リリーフ中心に執念8.5ゲーム差逆転

2019/09/25

主砲・山川が43号2ラン、鉄腕・平井が81試合登板  埼玉西武ライオンズは24日、ZOZOマリンスタジアムでの千葉ロッテマリーンズ戦に快勝。2位の福岡ソフトバンクホークスが敗れたため、マジック「2」から一気に2年連続23度目の優勝を決めた。    優勝マジック「2」でこの日を迎えた首位・西武は2回、ロッテ先発の二木康太投手を攻め1死一、二塁とすると、7番の栗山巧外野手が中前へ適時打を放ち1点を先制。さらに中堅を守る荻野貴司外野手の守備がもたつく間に二、三塁とチャンスが続く。    続く木村文紀外野手の四球で満塁とし、この絶好機に9番の金子侑司外野手の左前適時打で1点追加。な ... 続きを見る


西武・内海哲也、巨人・阿部慎之助の引退に「来年も続けられると思っていたので非常にショック」

2019/09/25

 埼玉西武ライオンズの内海哲也投手が24日、現役引退を発表した読売ジャイアンツ・阿部慎之助捕手について球団を通じてコメントした。    内海は昨オフに炭谷銀仁朗捕手の人的補償選手として西武に移籍。引退する阿部とは、巨人時代に何度もバッテリーを組んでいた。   〇内海哲也投手のコメント 「朝のニュースで阿部さんの引退を知り大変驚きました。僕がジャイアンツ時代は毎試合のようにマスクをかぶって受けていただき、本当に勇気をいただきましたし、阿部さんのミットをめがけて投げれば何とかなる、という安心感もありました。   阿部さんはずっと第一線で戦い続けてこられましたし、来年も ... 続きを見る


【図表】2019年プロ野球、セ・パ両リーグ優勝・CS進出ライン 阪神、全勝で3位広島を逆転できるか

2019/09/25

レギュラーシーズンも大詰めを迎えたプロ野球。セ・リーグは読売ジャイアンツと横浜DeNAベイスターズが首位を争う。一方のパ・リーグは、福岡ソフトバンクホークスと昨年リーグ覇者・埼玉西武ライオンズが激しく競り合っている。今季、ポストシーズン進出を勝ち取り、日本一の栄冠に輝くのはどのチームだろうか。... 続きを見る


巨人・阿部慎之助、“唯一無二”だった圧倒的な存在感 日本が誇る最強捕手のプロ19年間とは

2019/09/24

鮮やかに「正捕手」を引き継ぎ1年目から活躍  読売ジャイアンツの阿部慎之助捕手が現役引退を決断し、24日に球団が発表した。歩んできたプロの道は、悔しさと輝かしい成績とともにチームを支える唯一無二の存在感を放った19年間だった。    阿部は安田学園高(東京)で高校通算38本塁打を放ち、東都大学野球リーグの名門・中央大学でもベストナインに選ばれるなど活躍。2000年にはシドニー五輪(豪州)の日本代表に選出された。    そして同年の秋、ドラフト1位(逆指名)で巨人に入団。その年まで正捕手として活躍していた村田真一氏の後継者として期待された。そしてその期待を背負って初年度から結 ... 続きを見る


【24日のプロ野球公示】日本ハムが斎藤佑樹らを登録、有原航平らを抹消 楽天は岸孝之らを抹消

2019/09/24

 日本野球機構は24日付の出場選手登録、登録抹消を公示した。   <セ・リーグ> 【登録】 横浜DeNAベイスターズ      投手  大貫 晋一 中日ドラゴンズ         投手  エンニー・ロメロ   【抹消】 広島東洋カープ         投手  永川 勝浩 東京ヤクルトスワローズ     投手  山田 大樹 読売ジャイアンツ        投手  今村 信貴 中日ドラゴンズ         投手  祖父江 大輔   ※10月4日以後でなければ出場選手の再登録はできない。   <パ・リーグ> 【登録】 北海道日本ハムファイターズ   投手 斎 ... 続きを見る


ヤンキース一筋ガードナーの去就は? GMは人柄と能力を評価、外野陣の故障者続出で再契約も

2019/09/24

メジャー12年目の36歳  今季でメジャー12年目を迎えたニューヨーク・ヤンキースのブレット・ガードナー外野手が球団と再契約をするか注目されている。米公式サイト『MLB.com』が23日(日本時間24日)、伝えている。    チームを支えてきたベテラン外野手の去就が注目を集めている。現在36歳のガードナーは昨オフに単年契約を結んでヤンキースに残留。メジャー12年目のシーズンも球団のフランチャイズプレーヤーとして開幕を迎えた。    しかし、今季限りでガードナーはヤンキースを去る可能性がある。シーズン終了で単年契約が終了すれば、オフにはフリーエージェント(FA)となるからだ。 ... 続きを見る


平野佳寿、1回2Kで奪三振率10.2も痛恨被弾 ダイヤモンドバックスはPOの可能性消滅

2019/09/24

昨季の奪三振数にあと「1」  アリゾナ・ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が23日(日本時間24日)、本拠地チェイス・フィールドでのセントルイス・カージナルス戦にリリーフ登板し、1回を投げて2奪三振1失点だった。    ダイヤモンドバックスは2-6と4点を追う5回にジョシュ・ロハス外野手、エデュアルド・エスコバー内野手の適時打などで3得点し5-6と1点差に詰め寄る。    そしてお互い2イニング連続無得点で迎えた8回、平野が4番手として登板。先頭の7番マット・カーペンター内野手に対してフルカウントから90.2マイル(約145キロ)のフォーシームで空振り三振に仕留め、まず幸先 ... 続きを見る





  • 記者募集