データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:オランダ代表

侍、オランダとの接戦を制しスーパーラウンド進出 2番手田浦が最高のリリーフ【U-18野球W杯】

2017/09/05

○侍ジャパン 3-1 オランダ●      侍ジャパンU-18代表は、5日(日本時間6日)にカナダ・サンダーベイで行われている「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」の第4戦でオランダ代表を、3-1で下し、オープニングラウンドの成績を3勝1敗として、スーパーラウンド進出が決定した。    侍ジャパンの先発は徳山(大阪桐蔭)。開幕戦のメキシコ代表との試合でも好投した徳山は、4回にオランダ代表に先制を許すも、5回を投げ打たれた安打はわずか3本。味方の逆転を待つ。    しかし、打線もオランダ代表のブレークをとらえきれず、5回には清宮(早稲田実)が、左中 ... 続きを見る


プエルトリコが2大会連続の決勝進出!オランダをタイブレークで破る

2017/03/21

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝、オランダ代表対プエルトリコ代表が20日(日本時間21日)にアメリカ合衆国のドジャー・スタジアムにて行われ、プエルトリコが4対3とオランダに11回タイブレークの末、サヨナラで勝利し、決勝戦へと駒を進めた。プエルトリコは2大会連続の決勝戦進出。WBC初制覇を狙う。     試合は1回表にオランダの4番・バレンティンが左翼スタンドに今大会第4号となる先制2ランを放ち先制に成功する。    しかし、その裏にプエルトリコの2番・リンドアが左中間に二塁打を放ちチャンスを作ると、3番・コレアがオランダの先発のバンデンハークの甘いカー ... 続きを見る


大荒れのWBC準決勝。プエルトリコーオランダは接戦で5回までに4回のビデオ判定

2017/03/21

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝ラウンド、オランダ代表対プエルトリコ代表が20日(日本時間21日)にアメリカ合衆国のドジャー・スタジアムにて行われ、5回裏終了時に3対3と同点となっている。なお、5回裏終了時までに、決勝ラウンドから導入されているビデオ判定が4回行われている。     試合は1回表にオランダの4番・バレンティンが左翼スタンドに今大会第4号となる先制2ランを放ち先制に成功する。    しかし、その裏にプエルトリコの2番・リンドアが左中間に二塁打を放ち、チャンスを作ると、3番・コレアがオランダの先発のバンデンハークの甘いカーブを完璧に打ち、同点 ... 続きを見る


コレアの2ランでプエルトリコがすぐさま同点。序盤から点の取り合いに

2017/03/21

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝ラウンド、オランダ代表対プエルトリコ代表が20日(日本時間21日)にアメリカ合衆国のドジャースタジアムにて行われ、1回裏にプエルトリコ代表のコレアが2ラン本塁打を放ち、試合を振り出しに戻した。     試合は1回表にオランダの4番・バレンティンが左翼スタンドに今大会第4号となる先制2ランホームランを放ち先制を果たす。    しかし、その裏に2番・リンドアが左中間に二塁打を放ち、チャンスを作ると、3番・コレアがオランダの先発のバンデンハークの甘いカーブを完璧に打ち、同点2ランを左中間スタンドに叩き込んだ。    準 ... 続きを見る


バレンティンの第4号の2ラン本塁打でオランダがプエルトリコから先制

2017/03/21

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝ラウンド、オランダ代表対プエルトリコ代表が20日(日本時間21日)にアメリカ合衆国のドジャースタジアムにて行われ、1回の表からオランダ代表がバレンティンのホームランで2点を先制した。     試合は初回からオランダがチャンスを作るが、2つの走塁ミスで2アウト。しかし、4番・バレンティンが左翼スタンドに今大会第4号となる先制2ランホームランを放った。チャンスをミスで潰した後のバレンティンの一発はチームの嫌な流れを救う結果となった。... 続きを見る


オランダ、14得点でキューバ圧倒!バレ2打席弾含む5打点でコールド勝ちに貢献

2017/03/15

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)、2次ラウンドのプールEのオランダ代表対キューバ代表が、15日に東京ドームで行われ、オランダが14対1とキューバを圧倒、7回コールドで勝利した。    1勝1敗のオランダと0勝2敗のキューバ、両チームとも決勝ラウンドへ進出するために負けられない試合は、まさかのオランダのワンサイドゲームで幕を閉じた。    試合は初回からオランダが猛攻する。四球と安打で出した走者を4番・バレンティンが先制の3ラン本塁打。2回にも追加点を加えたオランダは、3回にバレンティンの2打席連続本塁打で5点目を加える。さらに走者を出し、8番・デカスターが2ラ ... 続きを見る


侍J、オランダ戦で得た教訓。強打者が“スイングしてくる怖さ” 【小宮山悟の眼】

2017/03/14

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は2次ラウンドに入り、侍ジャパンは12日にオランダと対戦。延長11回のタイブレークの末に勝利を収めたが、強力打線を相手に引き離しては追いつかれる苦しい展開を強いられた。ワールドクラスの打撃を前にした侍ジャパンの戦いぶり、そして14日に行われるキューバ戦にはどのようにして立ち向かうべきかを考える。... 続きを見る


オランダ、15安打12得点の猛攻で好調イスラエルにコールド勝ち!イスラエルは今大会初黒星

2017/03/13

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンド・プールEのイスラエル対オランダの対戦が13日に東京ドームで行われ、2対12でオランダ代表が規定により8回コールド勝ちとなった。    この試合でオランダ、イスラエルの2次ラウンド戦績は残り1試合を残して1勝1敗となった。    昨日、侍ジャパンのとの死闘を演じたオランダはこの日、打線が爆発した。  連戦の疲れを感じさせない集中打を披露。    初回は両軍無得点に終わったが、2回から強力オランダ打線が火を噴いた。  4番バレンティンに四球を与えると、6番J.スクープにも死球を与え、7番のサラガの二ゴロの間に ... 続きを見る


オランダ、イスラエルに9点差の大量リード。4番バレンティンは2安打3打点の大活躍

2017/03/13

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンド・プールEのイスラエル対オランダの対戦が、13日に東京ドームで行われている。    昨日、侍ジャパンのとの死闘を演じたオランダは、今日は打線が大爆発。 現在、5回終了時点で1-10とオランダがイスラエルから大量リードを奪っている。    初回は両軍無得点に終わったが、2回から強力オランダ打線が火を噴いた。  4番バレンティンに四球を与えると、6番J.スクープにも死球を与え、7番のサラガの二ゴロの間に進塁を許し2死2・3塁とピンチを作る。そして、8番デカスターが適時安打を放ち2点を先制。    3回もオランダ ... 続きを見る


オランダ、決勝R進出へ負けられない一戦。2回にイスラエルから2点先取

2017/03/13

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンド・プールEのイスラエル対オランダの対戦が、13日に東京ドームで行われている。    昨日、オランダは侍ジャパンとの死闘に敗れ、2次R進出のためにはこれ以上負けられない状況になった。対するイスラエルはWBC開幕から4連勝と絶好調。2次Rでも緻密な野球で快進撃を続けている。    現在、試合は2回終了時点で2-0とオランダがイスラエルをリードしている。    イスラエル先発はベーカー、オランダ先発はジャージェンスで始まった試合は、2回に動いた。    初回は両軍無得点に終わったが、2回、イスラエル先発 ... 続きを見る


「調子は良かった、もっと緩い球を使えば…」オランダ代表バンデンが語る

2017/03/13

 野球日本代表の「侍ジャパン」は12日に東京ドームでワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド初戦のオランダ代表との試合に臨み、侍ジャパンが8対6でオランダ代表に勝利した。戦前予想で侍ジャパンが苦戦するとみられたのがオランダ先発のリック・バンデンハーク投手の投球だ。    バンデンハークは2015年シーズンから福岡ソフトバンクホークスに在籍し、初先発から無傷の14連勝というプロ野球新記録を打ち立てたことでも有名である。身長198センチから繰り出される150キロを超える直球と多彩な変化球は日本人選手もなかなか打てていなかった。    しかし、12日の試合では侍 ... 続きを見る


「先輩として意地でも打つ」決勝打の中田が語る

2017/03/13

 野球日本代表の「侍ジャパン」は12日に東京ドームでワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド初戦のオランダ代表との試合に臨み、侍ジャパンが延長11回タイブレークの死闘は8対6で制した。10回、11回と2イニングを完璧な投球で締めた牧田と、3回の3ラン本塁打と、決勝の2点適時打を放った中田がヒーローに選ばれた。    投のヒーローの牧田はタイブレークでのピンチの場面からの投球でも「ランナーを背負っても自分のピッチングを心がける」とした中での三者凡退。厳しい試合でも「チームが一つになれた」として、オランダ相手の勝利を「世界一を奪還するために非常に大きな一勝」だと振り返っ ... 続きを見る


中田が決めた! 侍J、オランダとの延長11回の死闘を制し、決勝Rへ大きく前進

2017/03/12

 野球日本代表の「侍ジャパン」は12日に東京ドームでワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド初戦のオランダ代表との試合に臨み、侍ジャパンが延長11回タイブレークを8対6で制した。両チーム、決勝ラウンドへ進出するために負けられない試合は最後の最後まで結果が分からない死闘となった。    試合は1対1で迎えた3回に「集中して打席に入った」という5番・中田がチャンスで3試合連続となる3ラン本塁打を放ち、勝ち越しに成功。秋山も適時打を放ち、オランダの先発のバンデンハークを完全に攻略して4点のリードを奪った。    しかし、その裏に侍ジャパンの先発の石川がオランダ打 ... 続きを見る


【速報・8回】侍J、この日初の三者凡退。ピンチから増井が登板し乗り切る

2017/03/12

 オランダは7回からデフロクが登板。4打数無安打で迎えた1番・田中は左翼線に鋭い当たりを放つも、左飛に打ち取られる。続く2番・菊池は三ゴロに打ち取られ、3番・青木はデフロクの球に全く対応できずに空振り三振。1番からの攻撃だったが、この日初の三者凡退に打ち取られた。    侍ジャパンのリリーフには北海道日本ハムファイターズの宮西尚生が登板。先頭の左打者の5番・グレゴリアスに中前へテキサスヒットを打たれ、さらに6番・スコープには三遊間へ運ばれ、ピンチを迎えてしまう。続く7番・スミスを空振り三振に打ち取るが、8番・リカルドを四球で歩かし一死満塁としたところで、北海道日本ハムファイターズの増 ... 続きを見る


【速報・7回】無安打で好機作るも、追加点ならず。菊池の超人的な守備もあり無失点

2017/03/12

 オランダの投手は7回もマルティス。先頭の6番・坂本が初球を打ち上げ凡退してしまうと、続く7番・山田はマルティスのクイックに対応できずに空振り三振。8番・秋山は四球を選び、7回まで毎回となる走者を出す。その秋山が盗塁を決め、得点圏に走者を置くと、前の打席で適時打を放った9番・小林の打席2-2となり投球数49球となったところでオランダが投手交代。「50球以上を投げさせると次の登板まで中4日空けなければならない」というWBCの規則による交代だ。小林は後続のボルセンブルクから三振を喫し、追加点ならず。1点差の展開が続いている。    侍ジャパンの投手は千賀から東北楽天ゴールデンイーグルスの ... 続きを見る


【速報・6回】侍J、上位打線で始まるも得点ならず。千賀は2回続けて無失点投球

2017/03/12

 1点リードの侍ジャパンは上位打線からの攻撃。先頭の2番・菊池は凡退するも、3番・青木が四球で出塁。4番の筒香は真っ直ぐを打ち上げ遊飛。5番・中田も遊飛で凡退し、ランナーを活かすことができなかった。    6回裏は千賀が続投。先頭のスクープを初球で打ち取るも、7番・スミスに左中間に運ばれ、またしてもピンチを招く。しかし、8番・リカルド、9番・オドゥベルをしっかりと打ち取り、2イニング目も無失点に抑える。オランダ打線を相手に見事なリリーフを見せてくれた。   オランダ 5-6 侍ジャパン   投手リレー 【オランダ】 バンデンハーク 65球 マルクウェル 17球 マ ... 続きを見る


【速報・5回】好調の小林、中前適時打で侍J再度勝ち越し!千賀は無失点に抑える

2017/03/12

 5回は先頭の坂本が初球を中前に運び、侍ジャパンは2回に続く先頭の走者を出す。続く、7番・山田の打席でオランダがバッテリーミス。走者を二塁に置くも、山田は一邪飛に倒れる。8番・秋山も凡退するが、9番・小林が中前適時打を放ち、侍ジャパンが再び勝ち越しに成功する。小林は中国戦に続いて、2試合連続で打点を記録。打撃が絶好調だ。    侍ジャパンの3番手はソフトバンクホークスの千賀滉大。1番・シモンズに初球を中前に運ばれると2番・プロファーにはフルカウントから直球を右翼線に打たれ、無死二三塁となる。しかし、3番・ボガーツには外角の完璧な直球で見逃し三振に仕留めると、4番・バレンティンには外角 ... 続きを見る


【速報・4回】侍J、チャンスを作るも筒香、中田が続けず。2番手平野は快投

2017/03/12

 4点をリードしたと思ったら、4点を返された侍ジャパン。先発のバンデンハークをノックアウトし、2番手は左腕のマルクウェル。4回は1番・田中は凡退も、2番・菊池が右中間へ二塁打を放つ。3番・青木が四球でつなぎ、4番・筒香は遊直。ここでオランダベンチが動き、投手を交代。3番手のマルティスがマウンドに上がり、5番・中田から見逃し三振を奪う。オランダが継投策を成功させ、侍ジャパンの流れを決めた。    侍ジャパンの2番手はオリックス・バファローズの平野佳寿に交代。危なげない投球で7番・スミス、8番・リカルドを抑えると、9番・Ra・オドゥベルを三振に抑え、三者凡退。オランダの流れを断ち切った。 ... 続きを見る


【速報・3回】中田が3戦連続となる3ランも、石川4失点で同点

2017/03/12

 バンデンハークを何としてでもマウンドから引きずり下ろしたい侍ジャパンは、1番・田中はフルカウントまで粘り空振り三振に倒れる。しかし、続く、2番・菊池が三安打で出塁すると、バンデンハークから盗塁を決めチャンスを作る。    3番・青木が三塁への内野安打で出塁。続く4番・筒香はフルカウントから空振り三振を喫す。ここで、2試合連続本塁打を放っている5番・中田。二死一二塁からバンデンハークのスライダーを捉え、左翼スタンドへ3ラン本塁打を放つ。    続く6番・坂本、7番・山田も四球、左前安打と続き、再びチャンスを作ると、8番・秋山が中前適時打を放ち、追加点を加えた。オランダのエー ... 続きを見る


【速報・2回】小久保采配的中!初スタメン・秋山の犠飛で先制。石川はソロ本塁打を献上

2017/03/12

 初回にチャンスを作った侍打線は、5番の1次ラウンドで2試合連続本塁打を放った中田からの攻撃。バンデンハークのカーブにうまく対応し、三塁線を破る二塁打を放ち、この日2回目のチャンスを演出する。6番・坂本が初球で犠打を決め、7番・山田は四球で歩き、1死一三塁でWBC初スタメンの8番・秋山。秋山の打席で一塁走者山田が盗塁を決め、二三塁とすると、秋山が左翼に打球をしっかり運び犠飛を決め先制。9番・小林は空振り三振を喫するも、初スタメンの秋山がしっかり仕事をし、小久保采配が的中する結果となった。    初回をしっかりと三者凡退に抑えた石川は、先頭の4番・バレンティンを1球で三ゴロに打ち取ると ... 続きを見る


【速報・1回】青木の二塁打で好機を作るも無得点。石川は強力オランダ打線を三凡に抑える

2017/03/12

 オランダの先発はソフトバンクホークス所属のリック・バンデンハーク。1次ラウンドのプールAでの韓国相手の開幕戦で4回無失点と好投し、勝利を挙げた投手だ。先頭の三塁でスタメン出場の田中が初球から積極的に打ちに行くも、左飛。続く菊池も中飛に打ち取られるが、3番・青木がバンデンハークのストレートを捉え、右翼フェンス上段直撃の二塁打を放つ。しかし、チャンスで4番・筒香が高めの変化球を振り空振り三振。ストレートを積極的に狙いに行った侍打線だが、先制することはできなかった。    対する侍ジャパンの先発は1次ラウンド初戦で勝利投手となった石川歩。先頭のシモンズ相手にボール先行するも、遊ゴロに打ち ... 続きを見る


2次ラウンド初戦は田中と秋山を抜擢!絶対に負けられないオランダ戦のスタメン発表

2017/03/12

 野球日本代表の「侍ジャパン」は12日に東京ドームでワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド初戦のオランダ戦に臨む。アメリカで行われる決勝ラウンド進出に向けて、絶対に負けられない侍ジャパンは田中広輔と秋山翔吾をスタメンに入れる新しいラインナップ。バンデンハークとの対戦を意識したメンバーとなった。一方のオランダ代表は1次ラウンドの1戦目、2戦目と同じスタメンで侍ジャパンに勝負を挑む。    侍ジャパンの先発は予告通り石川歩。石川はキューバ戦を4回1失点に抑え、勝利投手になった。2試合連続の好投が期待される。対するオランダの先発はリック・バンデンハーク。ソフトバンク所属 ... 続きを見る


A組1位決定戦はイスラエルが勝利!侍J、2次R進出なら初戦の相手はオランダ

2017/03/09

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドプールAのイスラエル代表対オランダ代表が、9日にソウルの高尺スカイドームで行われた。    両チーム2勝0敗で迎え、プールAの1位を争った試合はイスラエル代表が4対2で勝利。13日に東京ドームで行われる「A組1位対A組2位」の前哨戦となった試合は、合計9人の投手を費やしたイスラエル代表がオランダ打線を封じた結果となった。    イスラエルの先発投手は、MLB通算124勝のジェイソン・マーキー。マーキーは、2004年から2009年まで6シーズン連続で2桁勝利を記録したベテラン投手だ。対するオランダは、今大会が4度 ... 続きを見る


イスラエルの勢いが止まらない!オランダ相手に3点先制

2017/03/09

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドプールAのイスラエル代表対オランダ代表が、9日にソウルの高尺スカイドームで行われている。両チーム2勝0敗で迎え、A組1位を争っている試合はイスラエル代表が鮮やかな速攻劇で3対0と1回終了時にリードをしている。    イスラエル代表の先発投手はMLB通算124勝のジェイソン・マーキー。マーキーは6日の韓国戦で3回2安打3三振無失点と好投した投手だ。対するオランダ代表は今大会が4度目のWBC出場となる42歳のロブ・コルデマンスで試合が始まった。    初回にオランダ代表は1死一二塁で4番・ウラジミール・バレンティン ... 続きを見る


オランダ、台湾との死闘制す。韓国と台湾は1次R敗退決定

2017/03/08

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドプールA、オランダ対チャイニーズ・タイペイの対戦が韓国・高尺スカイドームで行われた。    試合の結果は、オランダ代表が9回裏にサヨナラ押し出し四球でチャイニーズ・タイペイに勝利した。    この結果を受け、全チーム残り1試合でオランダとイスラエルが2勝0敗、韓国・チャイニーズ・タイペイは0勝2敗となったため、オランダ・イスラエルの2次ラウンド進出と、韓国・チャイニーズ・タイペイの1次ラウンド敗退が決まった。    なお、9日にはイスラエル対オランダ、チャイニーズ・タイペイ対韓国の試合が予定されており、最終 ... 続きを見る


韓国代表、オランダ相手に完封負け!2大会連続の1次ラウンド敗退が濃厚に

2017/03/07

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)プールAの1次ラウンド、韓国代表対オランダ代表の試合が、7日にソウルの高尺スカイドームで行われた。6日の試合でイスラエルに敗れた韓国代表がオランダ代表にも5対0で敗れ、2次ラウンド進出の可能性が大きく遠のいた。第3回WBCに続いての2大会連続で1次ラウンド敗退が現実的となってきた。    オランダ代表の先発は、韓国球界も経験し2014年には最多奪三振と最優秀防御率の二冠に輝いた、現福岡ソフトバンクホークスのリック・バンデンハーク、対する韓国代表の先発はアンダースロー右腕のウ・ギュミンがマウンドに上がった。    試合は初回からオ ... 続きを見る


絶対に負けられない韓国代表。5回終わってオランダ代表に3点リードを許す

2017/03/07

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)プールAの1次ラウンド、韓国代表対オランダ代表の試合が、7日にソウルの高尺スカイドームで行われ、5回終了時点でオランダ代表が3対0と韓国代表相手にリードをする展開となっている。    オランダ代表の先発は、ソフトバンクホークスのリック・バンデンハーク、対する韓国代表の先発はアンダースロー右腕のウ・ギュミンがマウンドに上がった。    試合は初回から動く。オランダ代表先発のバンデンハークが韓国打線を10球で料理すると、その裏に先頭打者の「世界最強の遊撃守備」との呼び声も高いアンドレルトン・シモンズが左前安打で出塁。続く2番・ジュリ ... 続きを見る


韓国ピンチ! メジャーリーガー・プロファーの特大2ランでオランダが先制

2017/03/07

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)プールAの1次ラウンド、韓国代表対オランダ代表の試合が、7日にソウルの高尺スカイドームで行われ、1回終了時点でオランダ代表が2対0と、韓国代表から鮮やかな速攻で点を奪った。    オランダ代表の先発は、福岡ソフトバンクホークスのリック・バンデンハーク、対する韓国代表の先発はアンダースロー右腕のウ・ギュミンがマウンドに上がっている。    試合は初回からオランダが猛攻を見せる。バンデンハークが韓国打線を10球で3者凡退に打ち取ると、その裏に先頭打者のアンドレルトン・シモンズが左前安打で出塁。続く2番・ジュリクソン・プロファーが右翼 ... 続きを見る


【WBC2017】各プールの順位表

2017/03/06

プールA 高尺スカイドーム 勝 分 負 得点 失点 イスラエル 3 0 0 21 10 オランダ 2 0 1 13 9 韓国 1 0 2 12 15 チャイニーズ・タイペイ 0 0 3 20 32   ※イスラエル、オランダが2次ラウンドに進出   【次ページ】プール... 続きを見る


前回4強のオランダ代表、MLBトップクラスの若手内野陣を中心に狙うは初の決勝進出【WBC代表分析】

2017/03/02

 前回大会では、強豪キューバから2次ラウンドで2勝を挙げて初のベスト4入りしたオランダ代表。成長を遂げた若手内野陣に加え、投手陣の層も厚くなり、1次ラウンド突破は確実視されている。    オランダ代表1番の武器が、MLBのトップクラスが揃った若手内野陣。中でもショートを守るロサンゼルス・エンゼルスのアンドレルトン・シモンズ内野手は、球界最高の守備力を誇る名手。圧倒的な守備範囲と抜群の強肩は一見の価値がある。前回大会ではリードオフマンを務め、決勝ラウンド進出を懸けたキューバ戦では8回に同点2ランを放つなどバットでも活躍。今大会も攻守両面で大きな期待がかかる。    ボストン・ ... 続きを見る


WBCオランダ代表、MLB選手の招集に成功。守備の名手から強打者まで、大会屈指の内野陣へ

2017/02/09

 WBCオランダ代表の内野陣が、非常に強力な布陣となりそうだ。    オランダ代表が、昨年11月の練習試合で侍ジャパンを苦しめたことは記憶に新しい。当時、代表に所属していたメジャーリーガーは、テキサス・レンジャーズのジュリクション・プロファーのみであったが、その後の追加招集に成功し、若手選手を中心に多数のメジャーリーガーが代表に参加することになった。    ニューヨーク・ヤンキースのディーディー・グレゴリウス、ロサンゼルス・エンゼルスのアンドレルトン・シモンズ、ボルティモア・オリオールズのジョナサン・スコープ、ボストン・レッドソックスのザンダー・ボガーツら、MLBで主力の内 ... 続きを見る