データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



オランダ、14得点でキューバ圧倒!バレ2打席弾含む5打点でコールド勝ちに貢献

2017/03/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)、2次ラウンドのプールEのオランダ代表対キューバ代表が、15日に東京ドームで行われ、オランダが14対1とキューバを圧倒、7回コールドで勝利した。
 
 1勝1敗のオランダと0勝2敗のキューバ、両チームとも決勝ラウンドへ進出するために負けられない試合は、まさかのオランダのワンサイドゲームで幕を閉じた。
 
 試合は初回からオランダが猛攻する。四球と安打で出した走者を4番・バレンティンが先制の3ラン本塁打。2回にも追加点を加えたオランダは、3回にバレンティンの2打席連続本塁打で5点目を加える。さらに走者を出し、8番・デカスターが2ラン本塁打。キューバを7対0と突き放した。
 
 4回になってもオランダの猛攻は止まらず。キューバのミスや3本の適時打でさらに5点を加えて試合を決定づけた。
 
 オランダは、バレンティンが5打数3安打2本塁打5打点と大活躍。2次ラウンドの3試合で14打数8安打、打率.571、3本塁打10打点とし、超強力打線のオランダの4番としてチームを引っ張っている。
 
 オランダは、この日の勝利で2次ラウンドの成績を2勝1敗として、最低でもプレーオフへの進出を決めた。同日に行われる、侍ジャパン対イスラエル代表の試合で、イスラエル代表が敗れれば、自動的に決勝ラウンド進出となる。