データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



オランダ、イスラエルに9点差の大量リード。4番バレンティンは2安打3打点の大活躍

2017/03/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , ,



 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンド・プールEのイスラエル対オランダの対戦が、13日に東京ドームで行われている。
 
 昨日、侍ジャパンのとの死闘を演じたオランダは、今日は打線が大爆発。
現在、5回終了時点で1-10とオランダがイスラエルから大量リードを奪っている。
 
 初回は両軍無得点に終わったが、2回から強力オランダ打線が火を噴いた。
 4番バレンティンに四球を与えると、6番J.スクープにも死球を与え、7番のサラガの二ゴロの間に進塁を許し2死2・3塁とピンチを作る。そして、8番デカスターが適時安打を放ち2点を先制。
 
 3回もオランダ打線は止まらない。安打や四球でチャンスを作ると、4番バレンティン、5番グリゴリアス、7番サラガの適時打で4点を追加、3回で6点のリードを奪った。
 
 4回にもチャンスを作ると、4番バレンティンの適時打、5番グリゴリアスの3ラン本塁打で4点を追加し、10点のリードを奪った。バレンティンは、5回までに2安打1四球3打点と、4番の役割を果たし続けている。
 
 一方のイスラエルは、4回に4番フレイマンのソロ本塁打で1点を返すが、オランダ先発・ジャージェンスを捉えきれず、散発4安打と封じ込められている。
 
 オランダが大量リードという展開で、試合は後半の6回以降に突入する。