データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



「先輩として意地でも打つ」決勝打の中田が語る

2017/03/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 野球日本代表の「侍ジャパン」は12日に東京ドームでワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド初戦のオランダ代表との試合に臨み、侍ジャパンが延長11回タイブレークの死闘は8対6で制した。10回、11回と2イニングを完璧な投球で締めた牧田と、3回の3ラン本塁打と、決勝の2点適時打を放った中田がヒーローに選ばれた。
 
 投のヒーローの牧田はタイブレークでのピンチの場面からの投球でも「ランナーを背負っても自分のピッチングを心がける」とした中での三者凡退。厳しい試合でも「チームが一つになれた」として、オランダ相手の勝利を「世界一を奪還するために非常に大きな一勝」だと振り返った。
 
 一方、打のヒーローでバンデンハークから3ラン本塁打を放ち、決勝の2点適時打を放った中田は、「疲れました」との第一声。自身の決勝打に関しては、「鈴木からバントをするのであとは頼みましたという言葉をもらったので、先輩として意地でも打ってやろう」と振り返った。また、3回の本塁打については「バンデンハークとは対戦打率が悪くて、割り切って本塁打だけを狙いに行った。」と答え、自身の狙いが見事に決まった上での本塁打であることを明かした。