データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報・4回】侍J、チャンスを作るも筒香、中田が続けず。2番手平野は快投

2017/03/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 4点をリードしたと思ったら、4点を返された侍ジャパン。先発のバンデンハークをノックアウトし、2番手は左腕のマルクウェル。4回は1番・田中は凡退も、2番・菊池が右中間へ二塁打を放つ。3番・青木が四球でつなぎ、4番・筒香は遊直。ここでオランダベンチが動き、投手を交代。3番手のマルティスがマウンドに上がり、5番・中田から見逃し三振を奪う。オランダが継投策を成功させ、侍ジャパンの流れを決めた。
 
 侍ジャパンの2番手はオリックス・バファローズの平野佳寿に交代。危なげない投球で7番・スミス、8番・リカルドを抑えると、9番・Ra・オドゥベルを三振に抑え、三者凡退。オランダの流れを断ち切った。
 
オランダ 5-5 侍ジャパン
 
投手リレー
【オランダ】
バンデンハーク 65球
マルクウェル 17球
マルティス 7球
【侍ジャパン】
石川 49球
平野 13球
 
本塁打
【オランダ】
スクープ(2回・ソロ)
バレンティン(3回・2ラン)
【侍ジャパン】
中田(3回・3ラン)
 
バッテリー
【オランダ】
バンデンハーク、マルクウェル、マルティス – リカルド
【侍ジャパン】
石川、平野 – 小林