データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報・2回】小久保采配的中!初スタメン・秋山の犠飛で先制。石川はソロ本塁打を献上

2017/03/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 初回にチャンスを作った侍打線は、5番の1次ラウンドで2試合連続本塁打を放った中田からの攻撃。バンデンハークのカーブにうまく対応し、三塁線を破る二塁打を放ち、この日2回目のチャンスを演出する。6番・坂本が初球で犠打を決め、7番・山田は四球で歩き、1死一三塁でWBC初スタメンの8番・秋山。秋山の打席で一塁走者山田が盗塁を決め、二三塁とすると、秋山が左翼に打球をしっかり運び犠飛を決め先制。9番・小林は空振り三振を喫するも、初スタメンの秋山がしっかり仕事をし、小久保采配が的中する結果となった。
 
 初回をしっかりと三者凡退に抑えた石川は、先頭の4番・バレンティンを1球で三ゴロに打ち取ると、5番・グレゴリアスも一ゴロに抑えたが、6番・スクープにカーブを完璧に捉えられ、ソロ本塁打を許す。良い流れで投球をしていたが、甘い球をオランダ打線は見逃さなかった。
 
オランダ 1-1 侍ジャパン
 
投手リレー
【オランダ】
バンデンハーク 30球
【侍ジャパン】
石川 25球
 
本塁打
【オランダ】
スクープ(2回・ソロ)
【侍ジャパン】
 
バッテリー
【オランダ】
バンデンハーク – リカルド
【侍ジャパン】
石川 – 小林