データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大荒れのWBC準決勝。プエルトリコーオランダは接戦で5回までに4回のビデオ判定

2017/03/21

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝ラウンド、オランダ代表対プエルトリコ代表が20日(日本時間21日)にアメリカ合衆国のドジャー・スタジアムにて行われ、5回裏終了時に3対3と同点となっている。なお、5回裏終了時までに、決勝ラウンドから導入されているビデオ判定が4回行われている。
  
 試合は1回表にオランダの4番・バレンティンが左翼スタンドに今大会第4号となる先制2ランを放ち先制に成功する。
 
 しかし、その裏にプエルトリコの2番・リンドアが左中間に二塁打を放ち、チャンスを作ると、3番・コレアがオランダの先発のバンデンハークの甘いカーブを完璧に打ち、同点2ランを左中間スタンドに叩き込んだ。
 
 2回裏にはさらに8番・リベラが直球を捉え、プエルトリコが勝ち越し本塁打を放つ。
 
 5回表には二塁打でバレンティンが出塁し、続く5番・スクープが敬遠され一二塁とすると、6番・サラガが左翼へタイムリー二塁打を放つ。2点を追加し、勝ち越しかと思われたが、プエルトリコ守備陣の見事な中継プレーで本塁がアウト。ビデオ判定の結果、判定は覆らずに同点で終了した。