データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



オランダ、決勝R進出へ負けられない一戦。2回にイスラエルから2点先取

2017/03/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンド・プールEのイスラエル対オランダの対戦が、13日に東京ドームで行われている。
 
 昨日、オランダは侍ジャパンとの死闘に敗れ、2次R進出のためにはこれ以上負けられない状況になった。対するイスラエルはWBC開幕から4連勝と絶好調。2次Rでも緻密な野球で快進撃を続けている。
 
 現在、試合は2回終了時点で2-0とオランダがイスラエルをリードしている。
 
 イスラエル先発はベーカー、オランダ先発はジャージェンスで始まった試合は、2回に動いた。
 
 初回は両軍無得点に終わったが、2回、イスラエル先発のベーカーが崩れる。
 4番バレンティンに四球を与えると、6番J.スクープにも死球を与え、7番のサラガの二ゴロの間に進塁を許し2死2・3塁とピンチを作る。そして、8番デカスターが適時安打を放ち2点を先制。
 オランダは1安打で2点を先制することに成功。
 昨日の試合では先制点を許したオランダだが、この日は先制点を奪い、序盤の主導権を握ることが出来た。