データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





侍、オランダとの接戦を制しスーパーラウンド進出 2番手田浦が最高のリリーフ【U-18野球W杯】

2017/09/05

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



○侍ジャパン 3-1 オランダ●
   
 侍ジャパンU-18代表は、5日(日本時間6日)にカナダ・サンダーベイで行われている「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」の第4戦でオランダ代表を、3-1で下し、オープニングラウンドの成績を3勝1敗として、スーパーラウンド進出が決定した。
 
 侍ジャパンの先発は徳山(大阪桐蔭)。開幕戦のメキシコ代表との試合でも好投した徳山は、4回にオランダ代表に先制を許すも、5回を投げ打たれた安打はわずか3本。味方の逆転を待つ。
 
 しかし、打線もオランダ代表のブレークをとらえきれず、5回には清宮(早稲田実)が、左中間を破る二塁打を放ちようやくの初安打を放つが、後続がつながらない。
 
 侍ジャパンは6回表に丸山(前橋育英)の安打と盗塁でチャンスメーク。ここから相手のミスが重なり、2点を獲得して逆転に成功する。
 
 一方の2番手の田浦(秀岳館)がリリーフとして今日も好投。オランダ打線に的を絞らせず、三振の山を築く。
 
 侍ジャパンは、2年生の藤原(大阪桐蔭)の適時打で3点目を加えると、田浦が4回を無安打9三振に抑える投球で、オランダ代表を3-1で下した。
 
 この結果により侍ジャパンは、オープニングラウンドの成績を3勝1敗として、スーパーラウンド進出が決定した。連戦を戦う侍ジャパンは日本時間5日の22時30分から南アフリカとのオープニングラウンド最終戦に臨む。

スポンサードリンク