プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



タグ:田中正義

【今日のプロ野球公示】S青木宣親、H田中正義ら|9月14日の一軍出場選手登録・抹消一覧

2022/09/14

プロ野球 最新情報(最新ニュース)  日本野球機構は14日付の出場選手登録、登録抹消を公示した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。   セ・リーグ 【登録】 阪神     内野手 小幡 竜平   【抹消】 ヤクルト   投手  小澤 怜史 ヤクルト   外野手 青木 宣親   ※9月24日以後でなければ出場選手の再登録はできない。     【注】ヤクルトの小澤怜史は特例2022の対象選手となる。 【次ページ】パ・リーグ... 続きを見る


離脱さえなければ…“ガラスのエース”5人。ポテンシャルは間違いない現役投手たち

2022/08/26

プロ野球最新情報 プロ野球の世界には、いつの時代にも離脱さえしなければ球界を代表する選手であろうという「ガラスの天才」がいる。特に投手においては、肩や肘の故障により、誰もが認めるポテンシャルを持ちながら、本来の投球ができない悲運な投手が数多く存在する。今回はガラスのエースを5人紹介する。(現役投手編)   今シーズンのプロ野球はDAZNで! いつでもどこでも簡単視聴   髙橋遥人(阪神タイガース)    2017年ドラフト2位で阪神へ入団。1年目の4月にプロ初登板初先発初勝利を記録した。6月までに6試合に先発し、2勝を挙げるも、左肩のコンディション不良のため、その ... 続きを見る


まさに崖っぷち…プロ野球、正念場を迎えたドラフト1位入団の現役選手5人

2022/08/24

プロ野球 最新情報(最新ニュース)  プロ野球の世界では、ドラフト1位入団の選手には特に大きな期待が寄せられる。しかし、その期待が「重圧」となり、苦しむ選手が多いことも事実だ。今回は、ドラフト1位指名を受けながらも思うような成績を残せず、正念場を迎えている現役選手5人を紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで! いつでもどこでも簡単視聴。   平沢大河 投打:右投左打 身長/体重:176cm/80kg 生年月日:1997年12月24日 経歴:仙台育英高 ドラフト:2015年ドラフト1位    仙台育英高から2015年ドラフト1位でロッテに入団した平沢大河。 ... 続きを見る


【14日のプロ野球公示】ソフトバンクが甲斐野央と高橋礼を登録、石川柊太ら4投手を抹消 巨人は畠世周を登録

2021/07/14

 日本野球機構は14日付の出場選手登録、登録抹消を公示した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   <セ・リーグ> 【登録】 巨人     投手  畠 世周 阪神     内野手 木浪 聖也 【抹消】 巨人     投手  A.サンチェス 阪神     投手  R.アルカンタラ DeNA    投手  坂本 裕哉 広島     投手  九里 亜蓮 広島     投手  矢崎 拓也 ヤクルト   投手  奥川 恭伸   ※7月24日以後でなければ出場選手の再登録はできない。   <パ・リーグ> 【登録 ... 続きを見る


【25日のプロ野球公示】ソフトバンクが田中正義らを登録、バレンティンらを抹消 日本ハムは大田泰示と杉谷拳士を抹消

2021/06/25

 日本野球機構は25日付の出場選手登録、登録抹消を公示した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   <セ・リーグ> 【登録】 巨人     内野手 若林 晃弘 【抹消】 中日     投手  岡野 祐一郎   ※7月5日以後でなければ出場選手の再登録はできない。   <パ・リーグ> 【登録】 ソフトバンク 投手  田中 正義 ソフトバンク 外野手 佐藤 直樹 西武     内野手 ブランドン 西武     外野手 高木 渉 オリックス  投手  海田 智行   【抹消】 ソフトバンク 投手 ... 続きを見る


今季の新人王候補は? 投手有力のセ、野手を推したいパ。選出にはチーム事情の影響も 【小宮山悟の眼】

2018/03/29

プロ野球セ・パ両リーグが30日、開幕する。今回は今季の最優秀新人(新人王)について考えたい。昨季はセ・リーグが京田陽太(中日ドラゴンズ)、パ・リーグは源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)の野手2人が獲得した。今季の候補選手はどのような顔ぶれか。... 続きを見る


3度の抽選外しから1位指名を受けた鶴岡東・吉住。実績十分の投手王国・ソフトBで開花なるか

2017/10/27

 10月26日のドラフト会議で、福岡ソフトバンクホークスから1位指名を受けた鶴岡東・吉住晴斗投手。山形県の高校生では、史上初のドラフト1位指名となった。    185センチで85キロと、まだまだ細身ながら、最速150キロ近くの速球を誇る素材型だ。    早実・清宮幸太郎、履正社・安田尚憲、仙台大・馬場皐輔をクジで外したが、投手王国であるソフトバンクならではの隠し球指名となった。    近年、ソフトバンクではファーム本拠地を雁ノ巣球場から筑後・船小屋に移し施設を一新するなど、育成に非常に力を入れている。それだけに、素材型の吉住のソフトバンクはうってつけと言っても過言 ... 続きを見る


開催迫る秋の風物詩、ドラフト会議。早実・清宮は過去最多の8球団超え競合となるか?

2017/10/26

 10月26日、2017年度のドラフト会議が開催される。今季のドラフトの目玉といえば、やはり早実・清宮幸太郎内野手だ。多球団の1位指名が予想されているが、広陵・中村奨成やJR東日本・田嶋大樹なども1位指名の候補となっており、各球団が競合することが予想されている。    ドラフト史上、最も競合したのは共に近鉄に入団した野茂英雄氏、小池秀郎氏の8球団だ。また、昨年のドラフト会議でも田中正義投手に5球団が競合し、ソフトバンクが交渉権を獲得した。    高校通算本塁打数を更新するなど、”怪物”としての呼び声が高い清宮。1位指名での競合は確実視されているが、果たして何球団が清宮を指名 ... 続きを見る


今季の活躍は想定内?想定外?2016年ドラフト1位指名12人の現在地

2017/10/19

10月26日にはドラフト会議が開催  今季もレギュラーシーズンが終了し、ポストシーズンも残るところはCSファイナルステージ、日本シリーズのみとなった。    そして、学生・社会人から新たな戦力を迎え入れるドラフト会議が10月26日に行われる。今年は早実・清宮幸太郎、広陵・中村奨成、履正社・安田尚憲らに注目が集まっており、どの選手がどの球団に指名されていくか未知数だ。    今回は、今年のドラフト会議開催の前に、昨年のドラフト会議で1位指名された12人の今季を振り返る。 【次ページ】セ・リーグのドラ1ルーキーたち... 続きを見る


“田中正義ロス”のスカウト陣が注目、名古屋経済大・眞野聖也と中尾輝。2部リーグの両逸材に共通するプロでの成功法則

2016/05/21

12球団がドラフト1位指名するとまで噂された創価大の田中正義が故障した今、ドラフトの注目は地方にまで及んでいる。愛知県2部リーグに所属する名古屋経済大の眞野と中尾だ。昨今、スカウトの中でささやかれるプロでの成功法則と2人には共通点があった。... 続きを見る