データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





今季の新人王候補は? 投手有力のセ、野手を推したいパ。選出にはチーム事情の影響も 【小宮山悟の眼】

プロ野球セ・パ両リーグが30日、開幕する。今回は今季の最優秀新人(新人王)について考えたい。昨季はセ・リーグが京田陽太(中日ドラゴンズ)、パ・リーグは源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)の野手2人が獲得した。今季の候補選手はどのような顔ぶれか。

2018/03/29

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



セ・リーグ本命は中日・鈴木博志

 新人王は、全国の新聞、通信、放送各社に所属し、5年以上プロ野球を担当している記者投票によって決まる。その資格は、▽海外のプロ野球リーグに参加した経験がない▽支配下選手に初めて登録されてから5年以内▽投手として前年までの1軍での登板イニング数が30イニング以内▽打者として前年までの1軍での打席数が60打席以内――の全項目を満たす選手に与えられる。
 
 セ・リーグは本命が鈴木博志投手(中日)、対抗が東克樹投手(DeNA)、大穴が高橋遥投手(阪神)・廣岡大志内野手(ヤクルト)と予想する。
 
 まず新人王候補に挙がるには、所属するチーム状況による影響が大きい。
 
 一つは、チームが弱くて新人に頼らざるを得ない場合だ。そんな中で新人が結果を残すことができれば、「あいつがいなければ」という印象が生まれる。中日・鈴木がこのケースに当てはまるだろう。
 
 もう一つは、チームが強くて、その勢いに乗って投手が勝ち星を重ねるパターン。この条件ではDeNA・東が候補に挙がる。
 
 鈴木は社会人・ヤマハで鍛えられた即戦力右腕だ。ドラフト1位入団で周囲の期待は相当大きい。開幕はどのような起用かはわからないが、出番は少なくはないだろう。結果を残すチャンスは大いにある。
 
 一方、東は昨今のDeNAのチーム状況を考えると流れに乗って勝ち星を重ねられそうだ。開幕ローテーション入りも確実のようで、濱口遥大やウィーランドが開幕に間に合わない分、東にかかる期待も大きい。投げっぷりがよく、チームのスタイルにも合っている。
 
 大穴の1人として挙げた阪神・高橋は、最近になってファームの成績が良く評判になっている。矢野燿大2軍監督が将来的なローテーション入りを示唆していたようだし、我慢強く起用するという育成プランがあるなら、期待できるだろう。
 
 大穴のもう1人、ヤクルト・廣岡はオープン戦での活躍が目立つ。宮本慎也ヘッドコーチも見込む内野手で、推したい選手の1人だ。しかし、野手はレギュラー奪取が難しい。昨季の京田と源田は、いずれもチームのポジションが空いていたため、出場機会に恵まれて結果を残す追い風になった。

スポンサードリンク

1 2