データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:中国代表

侍ジャパン、3戦全勝で2次ラウンドへ!7対1で中国を寄せ付けず

2017/03/10

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のプールBの1次ラウンドの最終戦である侍ジャパン対中国代表が、10日に東京ドームで行われ、侍ジャパンが7対1で勝利し、3戦3勝で2次ラウンドへ進出した。この日は2次ラウンドを見据えた選手起用が光った。    侍ジャパンは初回から初スタメンの1番・田中が安打で出塁すると、持ち味の積極的な走塁が光り、中国から早々と1点を先制する。    2回裏には9番・小林が中国先発のガン・チュエンの甘い直球を完璧に叩き、左翼スタンドへ2ラン本塁打を放ち、3回裏にはオーストラリア戦で目覚めた5番・中田が2試合連続となるアーチを打ち込むなど、打線は2 ... 続きを見る


【速報・6回】増井がテンポよい投球を披露。侍打線は中国の「大谷」から3イニング安打なし

2017/03/10

 侍ジャパンの投手は藤浪に代わり、北海道日本ハムファイターズの増井浩俊が今大会初登板。1死から5番・ヤン・シュンイに右前安打を許すが、後続をしっかり打ち取り、9球でイニングを終了。侍ジャパンの流れを作る投球を見せた。    打線は4番・筒香からの攻撃も、モンを捉えきれずに一ゴロを打足され1死となる。続く、5番で途中出場の大野は粘りを見せるも外のチェンジアップに手が出て空振り三振。6番・鈴木も高めのボール球に手を出し空振り三振。捕手登録のモンに完璧に抑えられた4回からの3イニングとなった。   侍ジャパン 5 – 1 中国   投手リレー 【中国】 ガン ... 続きを見る


【速報・5回】藤浪が三者連続三振!中国の「大谷」はまたしても3人に抑える

2017/03/10

 4回に直球のコントロールが定まらなかった藤浪の5回はカットボールを効果的に使用し、1番、2番を空振り三振に打ち取る。3番のレイ・チャンも切れ味鋭いカットボールを軸に2球で追い込むと、外角にカットボールを投げ込み、見逃し三振。この回はコントロールに大きな問題は見られずに、中国打線を三者三振に仕留めた。    一方の中国は引き続き、中国の「大谷翔平」ことモンが続投。先頭の1番・田中が四球で塁に出るも、2番・菊池が二ゴロ併殺打に打ち取られ、2死とする。3番・山田も多彩な変化球と直球にタイミングが合わず、三ゴロに打ち取られ、5回を終了した。   侍ジャパン 5 – 1 ... 続きを見る


【速報・4回】侍ジャパン、「中国の大谷翔平」を打てずに0点

2017/03/10

 中田の2試合連続本塁打で4点にリードを広げた侍ジャパンは、先発の武田を降ろし、2番手の藤浪晋太郎へ交代。藤浪は2球で2死を奪うも、153キロの直球を7番・ワン・ウェイの肋骨付近に当て、コントロールの甘さを見せた。死球でリズムが狂ったのか、続く8番・シュ・グイウェンには直球が1球も入らずに四球を与えピンチを迎える。しかし、9番・トゥ・シャオレイには変化球を効果的に使い、三振に打ち取って嫌な流れを断ち切った。   中国は2番手の「中国の大谷翔平」ことモン・ウェイチャンが登板。今大会では2試合に左翼手と指名打者として出場していた選手だ。先頭の平田、続く松田が内野ゴロに打ち取られ、9番・小 ... 続きを見る


【速報・3回】中田翔の2試合連発本塁打!リードを4点に広げる

2017/03/10

 3点のリードをもらった侍ジャパンの先発武田は先頭の8番・シュ・グイウェンに安打を許す。しかし、1死から1番・チュ・フジャの打席で小林が一塁へ牽制。リードを大きく取っていたシュが戻れずに2死となる。しかし、続く1番、2番に出塁を許し、3番・レイ・チャンには右前適時打を浴び、1点を失った。二死無走者から得点を許し、武田にとっては苦しいイニングとなった。   侍ジャパンの攻撃は2番・菊池が右飛に倒れるも、3番・山田は四球で塁に出る。続く4番・筒香は二遊間にゴロを放つも、筒香シフトを敷いていた中国の守備陣の術中に嵌り、遊ゴロに終わる。しかし、ここで5番・中田がオーストラリア戦での本塁打に続 ... 続きを見る


【速報・2回】小林誠司が完璧な2ラン本塁打!侍ジャパン3対0とリードする

2017/03/10

 侍ジャパンの先発武田翔太は最速150キロの直球と120キロ台半ばのカーブを効果的に組み合わせ2三振、中国打線を3人で抑える。積極的に振ってくる中国打線に的を絞らせない良い投球となった。    2回裏は6番の鈴木誠也からの攻撃。オーストラリア戦で待望の初安打を放った鈴木だが、第1打席は高めの速球に手が出て空振り三振。続くWBC初打席の7番・平田は中飛に倒れるも、8番・松田が1次ラウンド全試合安打となる左前安打を放つ。続く9番・小林が左翼へ直球を完璧に捉えた2ラン本塁打を放つ。二死から得点を重ねた侍ジャパン。小林は自身の打撃の調子の良さを見せつけた打席となった。   侍ジャパ ... 続きを見る


【速報・1回】1番・田中広輔が初安打!さらに積極的な走塁で侍ジャパン先制

2017/03/10

 侍ジャパンの先発は昨季14勝のソフトバンクホークスの武田翔太。初球を1番・チュ・フジャに右翼前へ運ばれる。続く打者を遊ゴロに抑えるも一塁走者が走っていたため、一死二塁。武田はいきなりピンチを迎える。しかし、後続を打ち取り0点に抑える。12球で終わらせまずまずの立ち上がりを見せた。    対する侍ジャパンの1回裏の攻撃は1番・田中、2番・菊池と昨季の広島東洋カープのおなじみの上位打線から始まった。1番・田中がWBC初打席初安打を中堅に放つと、2番・菊池の打席で盗塁。菊池は空振り三振も相手捕手の送球ミスの間に一気に三塁まで進む。田中は3番・山田の右飛で本塁へ生還。積極的な走塁が光り、侍 ... 続きを見る


1番・田中&7番・平田が初先発、2次R見据え打線を変更。侍ジャパン対中国スタメン発表

2017/03/10

 野球日本代表の「侍ジャパン」は10日に東京ドームでワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド最終戦の中国戦に臨む。既に、キューバ代表とオーストラリア代表を破り、1次ラウンドを首位で突破することが決定している侍ジャパンは、スタメンを多少入れ替えて中国を迎え撃つ。   侍ジャパンの先発は予告通り武田翔太。対する中国の先発はガン・チュエンと発表された。   侍ジャパンの1番には田中広輔が入り、2試合遊撃手のスタメンの坂本勇人は外れた。また、右翼を守っていた鈴木誠也が中堅に入り、右翼のポジションには平田良介が入っている。   【侍ジャパン】 1(遊)田中 ... 続きを見る


豪州は今大会初のコールド勝利で1次R突破へ望みつなぐ。日本は2次R進出決定

2017/03/09

中国0-11オーストラリア   ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のプールB第1ラウンドの中国対オーストラリアの試合が9日に東京ドームで行われ、0対11でオーストラリア代表が勝利した。    この試合では8回に11点差がついたため、規定により今大会初のコールドゲームとなった。    この勝利により、プールBで2勝以上のチームが2つ以上存在することがなくなったため、既に2勝を上げている侍ジャパンの2次ラウンド進出が確定し、12日に2次ラウンドでプールA2位のオランダと対戦することになった。    また、オーストラリアも対戦成績を1勝1敗とし、2位 ... 続きを見る


豪州勝利で日本は2次R進出決定。5回終了時点で豪州が4点リード

2017/03/09

中国 0-4 オーストラリア    ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のプールB第1ラウンドの中国対オーストラリアの試合が9日、東京ドームで行われている。    この試合でオーストラリアが勝利すると、キューバとオーストラリアの戦績が1勝1敗となり、2勝以上出来るチームが日本ともう1国のみとなるため、日本の2次ラウンド進出が確定する。また、両国の戦績は現在0勝1敗となっており、1次ラウンド突破へ望みを繋ぐために、負けられない試合となっている。    オーストラリア先発は2014年に東北楽天ゴールデンイーグルスに所属していたブラックリー、中国先発はジュ・チュ ... 続きを見る


キューバ、中国を1安打完封リレー!日本戦11失点から13時間後…2次R進出に望みつなぐ

2017/03/08

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドB組のキューバ代表対中国代表が8日に東京ドームで行われ、7日の日本戦で敗れたキューバが中国に6対0と完勝し、勝敗を1勝1敗にして、2次ラウンド進出へ望みをつないだ。     中国の先発は、MLB通算82勝のパナマ出身で中国人のルーツも持つブルース・チェン。チェンは2015年に現役を引退したが、今回のWBCのために復帰。2006年と2009年にはパナマ代表としてWBCに出場しており、今回が3度目のWBCとなる。対するキューバの先発はブラディミール・バノスで試合が始まった。    先発のチェンは、2回2/3を49球でキュ ... 続きを見る


キューバが中国をリード!中国先発のチェンは日本戦を見据え49球で降板

2017/03/08

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドB組のキューバ代表対中国代表が8日に東京ドームで行われ、5回終了時点で4対0とキューバがリードする展開となっている。     中国の先発は、MLB通算82勝のパナマ出身で中国人の祖父母を持ち、今回は中国代表として出場しているブルース・チェン。チェンは2006年と2009年にはパナマ代表としてWBCに出場しており、今回が3度目のWBCとなる。対するキューバの先発はブラディミール・バノスで試合が始まった。    先発のチェンは、2回2/3を49球でランナーを出しながらもキューバ打線を無失点に抑えた。50球を超えずに降板し ... 続きを見る


【WBC2017】各プールの順位表

2017/03/06

プールA 高尺スカイドーム 勝 分 負 得点 失点 イスラエル 3 0 0 21 10 オランダ 2 0 1 13 9 韓国 1 0 2 12 15 チャイニーズ・タイペイ 0 0 3 20 32   ※イスラエル、オランダが2次ラウンドに進出   【次ページ】プール... 続きを見る


侍ジャパンに難敵? WBC中国代表の躍進へ、“松井秀喜キラー”の元メジャーリーガーが復活

2017/02/06

 中国代表としてWBCに出場予定のブルース・チェンについてMLB公式サイトが、5日付で特集記事を組んだ。チェンは17年間MLBでプレーし、2015年に引退。2010年から2012年にかけては3年連続で2ケタ勝利を挙げた通算82勝の左腕投手だ。    実はこれまで、パナマ代表として2006年と2009年にWBCでプレーし、自身もパナマ出身のチェンであるが、祖父母に中国人のルーツを持っている。   「私自身はパナマで生まれましたが、自分は中国人の子孫です。私の母も父もとても誇りに思っています。もし祖父母が生きていたら私が彼らの故郷を背負った姿を見ることをどれだけ誇りに思ったこと ... 続きを見る


【MLB】11年間マイナー一筋の苦労人が快挙 WBC中国代表レイ・チャンが1試合すべてのポジションでプレー

2015/09/09

11年間マイナー所属で、2009年WBCでは中国代表の一員としてプレーしたレイ・チャンが、1試合で9つすべてのポジションを守る記憶に残る記録を達成した。この記録は誰もが挑戦できることではなく、周囲から評価された上で挑戦権を得ることができる特別なものだ。... 続きを見る