データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報・6回】増井がテンポよい投球を披露。侍打線は中国の「大谷」から3イニング安打なし

2017/03/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 侍ジャパンの投手は藤浪に代わり、北海道日本ハムファイターズの増井浩俊が今大会初登板。1死から5番・ヤン・シュンイに右前安打を許すが、後続をしっかり打ち取り、9球でイニングを終了。侍ジャパンの流れを作る投球を見せた。
 
 打線は4番・筒香からの攻撃も、モンを捉えきれずに一ゴロを打足され1死となる。続く、5番で途中出場の大野は粘りを見せるも外のチェンジアップに手が出て空振り三振。6番・鈴木も高めのボール球に手を出し空振り三振。捕手登録のモンに完璧に抑えられた4回からの3イニングとなった。
 
侍ジャパン 5 – 1 中国
 
投手リレー
【中国】
ガン・チュエン 62球
モン・ウェイチャン 38球
 
【侍ジャパン】
武田 47球
藤浪 30球
増井 9球
 
本塁打
【中国】
【侍ジャパン】
小林(2回2ラン)
中田(3回2ラン)
 
バッテリー
【中国】
ガン・チュエン、モン・ウェイチャン – ワン・ウェイ、リ・ニン
【侍ジャパン】
武田、藤浪、増井 – 小林、大野