データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:韓国代表

台湾代表、10回に力尽きる…。韓国代表は最終戦の1勝で何とか次大会の予選免除へ

2017/03/09

チャイニーズ・タイペイ 8-11 韓国    ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のプールA第1ラウンドの韓国対チャイニーズ・タイペイの試合が、9日に韓国・高尺スカイドームで行われた。    韓国とチャイニーズ・タイペイは既に1次ラウンド敗退が決まっているが、グループ3位以内に入ることで次回のWBCでは予選免除となるため、共に0勝2敗で同率3位の両国にとって非常に重要な一戦となっていた。    韓国代表は、2試合で無安打だった3番キム・テギュンが体調不良でスタメン落ち、1番だったイ・ヨンギュが2番へ移るなど、打線を入れ替えて試合に臨むことになった。 &nb ... 続きを見る


遂に目覚めた韓国打線、2回終了で3点リード。台湾はチェンが負傷降板

2017/03/09

チャイニーズ・タイペイ 3-6 韓国(2回終了時点)    ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のプールA第1ラウンドの韓国対チャイニーズ・タイペイの試合が9日、韓国・高尺スカイドームで行われている。    チャイニーズ・タイペイの先発は千葉ロッテ所属のチェン・グァンユウ、韓国先発はヤン・ヒョンジョンで試合は始まった。    初回、韓国はパク・ソクミンの適時打で1点を先制。その裏にはヤン・ヒョンジョンが台湾打線を三者連続三振に斬る最高の立ち上がりを見せる。    そして2回表の途中、チャイニーズ・タイペイ先発のチェン・グァンユウが負傷降板のアクシ ... 続きを見る


台湾先発・チェンが負傷降板。2番手・カクは18球で降板

2017/03/09

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)プールA、チャイニーズ・タイペイ対韓国の試合が9日、韓国・高尺スカイドームで行われている。    2回途中、チャイニーズ・タイペイ先発のチェン・グァンユウが負傷降板のアクシデントに見舞われた。中指を痛めたと見られており、チェンは1回1/3、被安打4、3奪三振、3失点の内容でマウンドを降りた。    チェンの降板を受け、西武ライオンズのカク・シュンリンがスクランブル登板しているが、韓国打線の猛攻を許してしまい、1/3回18球で降板している。... 続きを見る


“ユダヤ野球”が伝統国を駆逐する――。進撃のイスラエルと発展しない台湾の悲哀

2017/03/08

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で韓国、台湾を下し、2次R進出を確実のものとしたイスラエル。隠れた実力者は多かったものの、チーム練習であまりできない中で、高い組織力を発揮したことは特筆すべきことだ。ソウルでの試合を追っていた台湾人記者は、快進撃のイスラエルと自国の体たらくを比較し、複雑な感情を抱いている。... 続きを見る


韓国代表、オランダ相手に完封負け!2大会連続の1次ラウンド敗退が濃厚に

2017/03/07

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)プールAの1次ラウンド、韓国代表対オランダ代表の試合が、7日にソウルの高尺スカイドームで行われた。6日の試合でイスラエルに敗れた韓国代表がオランダ代表にも5対0で敗れ、2次ラウンド進出の可能性が大きく遠のいた。第3回WBCに続いての2大会連続で1次ラウンド敗退が現実的となってきた。    オランダ代表の先発は、韓国球界も経験し2014年には最多奪三振と最優秀防御率の二冠に輝いた、現福岡ソフトバンクホークスのリック・バンデンハーク、対する韓国代表の先発はアンダースロー右腕のウ・ギュミンがマウンドに上がった。    試合は初回からオ ... 続きを見る


絶対に負けられない韓国代表。5回終わってオランダ代表に3点リードを許す

2017/03/07

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)プールAの1次ラウンド、韓国代表対オランダ代表の試合が、7日にソウルの高尺スカイドームで行われ、5回終了時点でオランダ代表が3対0と韓国代表相手にリードをする展開となっている。    オランダ代表の先発は、ソフトバンクホークスのリック・バンデンハーク、対する韓国代表の先発はアンダースロー右腕のウ・ギュミンがマウンドに上がった。    試合は初回から動く。オランダ代表先発のバンデンハークが韓国打線を10球で料理すると、その裏に先頭打者の「世界最強の遊撃守備」との呼び声も高いアンドレルトン・シモンズが左前安打で出塁。続く2番・ジュリ ... 続きを見る


韓国ピンチ! メジャーリーガー・プロファーの特大2ランでオランダが先制

2017/03/07

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)プールAの1次ラウンド、韓国代表対オランダ代表の試合が、7日にソウルの高尺スカイドームで行われ、1回終了時点でオランダ代表が2対0と、韓国代表から鮮やかな速攻で点を奪った。    オランダ代表の先発は、福岡ソフトバンクホークスのリック・バンデンハーク、対する韓国代表の先発はアンダースロー右腕のウ・ギュミンがマウンドに上がっている。    試合は初回からオランダが猛攻を見せる。バンデンハークが韓国打線を10球で3者凡退に打ち取ると、その裏に先頭打者のアンドレルトン・シモンズが左前安打で出塁。続く2番・ジュリクソン・プロファーが右翼 ... 続きを見る


韓国、初出場イスラエルに痛恨の敗戦。2次ラウンド進出に暗雲

2017/03/06

 WBC1次ラウンドの開幕戦となる韓国代表対イスラエル代表戦が6日、韓国・高尺スカイドームで行われた。    韓国の先発はKBO通算112勝のチャン・ウォンジュン、対するイスラエルの先発はMLB通算121勝のベテラン右腕、ジェイソン・マーキーという両代表のエース投手がマッチアップとなった。   初回は、両軍とも無得点に終わるも、2回に試合が動いた。  韓国先発、チャン・ウォンジュンが制球を乱し、1安打3四球で1点を失った。3回以降は持ち直して無失点に抑えたが、結果として4回65球、1失点でマウンドを降りた。1次ラウンドの規定により、チャン・ウォンジュンは次の登板まで中4日の ... 続きを見る


【WBC2017】各プールの順位表

2017/03/06

プールA 高尺スカイドーム 勝 分 負 得点 失点 イスラエル 3 0 0 21 10 オランダ 2 0 1 13 9 韓国 1 0 2 12 15 チャイニーズ・タイペイ 0 0 3 20 32   ※イスラエル、オランダが2次ラウンドに進出   【次ページ】プール... 続きを見る


【WBC・速報】韓国対イスラエル、両軍投手陣が好投。1対1の同点で試合後半へ

2017/03/06

 ワールド・ベールボール・クラシック(WBC)開幕戦となる韓国代表対イスラエル代表戦が6日、韓国・高尺スカイドームで行われている。    韓国の先発はKBO通算112勝のチャン・ウォンジュン、対するイスラエルの先発はMLB通算121勝のベテラン右腕、ジェイソン・マーキーという両代表のエース投手を擁しての対戦となる。    5回を終え、1-1の同点となっている。    初回は両チーム無得点に終わったが、2回に試合が動く。  韓国先発のチャン・ウォンジュンの制球が定まらず、四球を連発し先制点を許してしまう。  4番のN.フレイマンに四球を与えると、続く5番のZ.ボレン ... 続きを見る


WBC韓国代表、メジャーリーガーの招集に失敗。韓国リーグ所属選手中心の布陣へ

2017/02/12

 WBC韓国代表は、国内リーグ所属の選手を中心とした陣容を築くことになりそうだ。    テキサス・レンジャーズの秋信守、ロサンゼルス・ドジャースの柳賢振、ピッツバーグ・パイレーツの姜正浩、ボルティモア・オリオールズの金賢洙、ミネソタ・ツインズに所属していた朴炳鎬など、MLBでも主力級の選手を擁している韓国だが、いずれもケガや不祥事などによってWBCに出場しないことが決まっている。    そのため、メジャーリーガーの参加はセントルイス・カージナルスの呉昇桓のみとなった。    呉は2014年~2015年シーズンは阪神タイガースに所属しており、守護神として大活躍。そし ... 続きを見る


米球界を沸かす韓国旋風。侍ジャパンが対峙する打線は、3~6番まで来季メジャーリーガー?

2015/11/18

19日、プレミア12はいよいよ準決勝を迎え、日本は再び韓国と対戦する。その韓国代表に名を連ねる孫児葉(ソンアソプ)外野手が、所属する韓国・ロッテによりポスティング・システムにかけられた。3番の金賢洙外野手もメジャー挑戦を視野に入れていると言われ、韓国代表の打線でいうと3番~6番までが来季メジャーリーガーになる可能性が出てきた。... 続きを見る