プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



タグ:立浪和義

高卒ルーキーで即戦力…プロ1年目から新人離れの成績残した野手6人

2022/09/02

プロ野球 最新情報(最新ニュース)  夏の甲子園を終え、10月のドラフト会議を前に注目選手がリストアップされつつある。中でも高松商の浅野翔吾外野手はドラフト1位候補として挙げられ、即戦力として期待する声もあがっている。今年は、松川虎生捕手(ロッテ)が開幕スタメンマスクを掴み、既にチームに欠かせない選手となった。ここでは、高卒1年目に圧倒的な活躍を見せた選手6人を紹介する。<野手編>   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。   中西太   1年目成績:111試合、打率.281、108安打、12本塁打、65打点、16盗塁    中西 ... 続きを見る


3000安打超の”ヒットメーカー”に続くのは? プロ野球通算安打数ランキング7〜10位【NPB歴代最高記録】

2022/05/18

プロ野球 最新情報(最新ニュース)  プロ野球のレギュラーシーズンが、今年も開幕した。昨季は松田宣浩内野手(ソフトバンク)の300本塁打、涌井秀章投手(楽天)150勝などの通算記録が達成。今季は中島宏之内野手(巨人)の通算2000安打、本塁打数で単独の歴代14位に浮上した中村剛也内野手(西武)などは、さらなる記録更新にも期待がかかっている。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。    ここでは、各カテゴリのNPB歴代最高記録ランキングトップ10を紹介していく。今回は、通算安打数編。(成績は2022年5月18日時点)    10位から7位 ... 続きを見る


中日の“歴代最強”サード5人。球団史を彩る正三塁手の系譜、ドラゴンズレジェンド選手たちの成績は?

2022/04/08

中日の歴代ベストナイン・三塁手部門  球史を振り返れば、どの球団にもポジションの代名詞と言える名選手がいるものだ。強いチームには、必ず確固たる地位を築くレギュラー選手の存在がある。今回は、ポジション毎に球団を支えてきた偉大な選手たちを紹介する。(中日ドラゴンズ・三塁手編)   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初回1ヶ月無料お試し実施中!   ケン・モッカ 投打:右投右打 身長/体重:185センチ/95キロ 生年月日:1950年9月29日 経歴:ピッツバーグ大-パイレーツ-エクスポズ-ブルージェイズ 〇オールスターゲーム出場:1回(1 ... 続きを見る


中日の“歴代最強”セカンド5人。球団史を彩る正二塁手の系譜、ドラゴンズレジェンド選手たちの成績は?

2022/03/01

中日の歴代ベストナイン・二塁手部門 球史を振り返れば、どの球団にもポジションの代名詞と言える名選手がいるものだ。強いチームには、必ず確固たる地位を築くレギュラー選手の存在がある。今回は、ポジション毎に球団を支えてきた偉大な選手たちを紹介する。(中日ドラゴンズ・二塁手編)   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初回1ヶ月無料お試し実施中!   国枝利通(くにえだとしみち) 投打:右投右打 身長/体重:170センチ/64キロ 生年月日:1920年6月23日 経歴:岐阜商-明治大-大日本土木    俊足巧打のプレースタイルを特徴と ... 続きを見る


ナゴヤドームで最もホームランを打ったのは? 球場別通算本塁打数ランキング6〜10位【プロ野球通算成績】

2022/02/18

 野球の見方の一つに、選手個人と球場の相性というものがある。ビジターであれば、対戦球団が苦手なだけという場合もあるが、選手によっては、球場の得手不得手というものもあるようである。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    ここでは、球場別の個人成績にフォーカスし、部門別にランキング形式で紹介していく。上位選手を見ることで各球場の「顔」を確認していこう。今回はナゴヤドーム・通算本塁打編(2021年終了時点)。   球場情報:バンテリンドーム ナゴヤ 正式球場名:ナゴヤドーム 開場年月:1997年3月 球場の広さ: ... 続きを見る


ソフトバンク・岩嵜翔、又吉克樹のFA人的補償で中日へ移籍「精一杯のピッチングができれば」 立浪監督「結果を出せる環境を作ります」

2021/12/28

 中日ドラゴンズと福岡ソフトバンクホークスは27日、又吉克樹投手がフリーエージェント(FA)宣言を経てソフトバンクに移籍した人的補償選手として、岩嵜翔投手が中日に移籍すると発表した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    岩嵜は、市立船橋高から2007年高校生ドラフト1巡目でソフトバンクに入団。ルーキーイヤーから一軍デビューを飾り、高卒4年目の11年にプロ初勝利、初完封勝利を含む6勝をマーク。12年以降はリリーフを主戦場とし、17年には72試合登板、6勝3敗2セーブ40ホールド、防御率1.99と圧巻の成績を残し、最優 ... 続きを見る


中日ドラゴンズ 歴代ゴールデングラブ賞 受賞者一覧|チーム別歴代ゴールデン・グラブ賞獲得選手一覧

2021/12/02

投手 2021:柳裕也 2011:浅尾拓也 2007:川上憲伸 2006:川上憲伸 2004:川上憲伸 2001:野口茂樹 1993:今中慎二 1989:西本聖   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   捕手 2012:谷繁元信 2011:谷繁元信 2009:谷繁元信 2007:谷繁元信 2006:谷繁元信 1982:中尾孝義   関連記事:谷繁元信氏が指摘する「フレーミング」技術の誤解。いまの捕手には「みっともないと思うことも…」   一塁手 2021:ビシエド 2020:ビシエド 2014:森野将彦 ... 続きを見る


日本シリーズ2021「ヤクルト対オリックス」きょうのテレビ放送の実況・解説者・ゲスト解説は誰?(出演者一覧)

2021/11/26

第1戦 11月20日(土) フジテレビ 【解説者】田尾安志 (野球解説者)、片岡篤史 (中日ドラゴンズ二軍監督) 【ゲスト解説】松坂大輔 (西武ライオンズ) 【実況】石田一洋 (関西テレビアナウンサー)   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   第2戦 11月21日(日) テレビ東京 【解説者】中畑清、松坂大輔、福留孝介 【ネット裏解説】里崎智也 【実況】植草朋樹(テレビ東京アナウンサー) 【リポーター】植草結樹(テレビ大阪アナウンサー)、島田弘久(テレビ東京アナウンサー) 11月22日(月) 移動日 第3戦 11月23日 ... 続きを見る


【NPB】歴代PL学園野球部出身者は?(現役・OB年代別メンバー) 出身高校別プロ野球選手一覧

2021/11/12

 今オフはPL学園OBに注目が集まっている。中日ドラゴンズでは、立浪和義氏の来季監督就任が決定。二軍監督には片岡篤史氏が就くなど、大胆な人事が行われた。また、埼玉西武ライオンズでは松井稼頭央二軍監督が一軍ヘッドコーチに就任。平石洋介氏も一軍打撃コーチとして西武入りとなった。ここでは、NPBでプレーした歴代PL学園出身選手をまとめた。※経歴は選手時代   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   【次ページ】歴代OB一覧... 続きを見る


中日、立浪和義氏の監督就任を正式発表 会見で抱負「勝ちに対しての執念をしっかりと植え付けます」

2021/10/29

 中日ドラゴンズは29日、立浪和義氏へ来季の監督を正式に要請、就任会見を行った。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    立浪氏は、1969年8月19日生まれの52歳。現役時代は、PL学園高から1987年ドラフト1位で中日に入団すると、ルーキーイヤーから主力として活躍。22年間チーム一筋を貫き、卓越した打撃技術で通算2480安打、NPB歴代最多の487二塁打を放った。通算成績は、2586試合出場、打率.285、2480安打、171本塁打、1037打点、135盗塁。  引退後は、2012年に野球日本代表「侍ジャパン」の打 ... 続きを見る


最も多く打席に立ったのは誰? 近年まで現役続けた選手たちもランクイン…NPB、通算打席数ランキング6〜10位。【プロ野球歴代最高記録】

2021/05/17

 プロ野球の2021年レギュラーシーズンが、今年も開幕した。昨季は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で120試合制となったが、坂本勇人内野手(読売ジャイアンツ)の2000安打、宮西尚生投手(北海道日本ハムファイターズ)の前人未到350ホールドなどの通算記録が達成。今季は、歴代1位に立っている宮西の通算ホールド、ホールドポイント数や、16位タイにつけている中村剛也内野手(埼玉西武ライオンズ)の通算本塁打数などの記録更新が期待されている。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    今回も、各カテゴリのNPB歴代最高記録ランキ ... 続きを見る


最も多く試合に出たのは誰? NPB、通算試合出場数ランキング6~10位。【プロ野球歴代最高記録】

2021/04/26

 プロ野球の2021年レギュラーシーズンが、今年も開幕した。昨季は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で120試合制となったが、坂本勇人内野手(読売ジャイアンツ)の2000安打、宮西尚生投手(北海道日本ハムファイターズ)の前人未到350ホールドなどの通算記録が達成。今季は、歴代1位に立っている宮西の通算ホールド、ホールドポイント数や、16位タイにつけている中村剛也内野手(埼玉西武ライオンズ)の通算本塁打数などの記録更新が期待されている。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    今回も、各カテゴリのNPB歴代最高記録ランキ ... 続きを見る


松井秀喜が50本塁打、カブレラが55本塁打 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~2002年編~

2020/11/11

 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中! 【次ページ】2002年のパ・リーグ... 続きを見る


セの松井秀喜、パのイチロー時代到来 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1996年編~

2020/10/15

 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    この年は、アトランタ五輪が行われた。野球日本代表は学生と社会 ... 続きを見る


2年目の古田敦也が首位打者を獲得 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1991年編~

2020/09/30

 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中! 【次ページ】1991年のパ・リーグ... 続きを見る


秋山・清原・デストラーデのAKD砲が完成 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1990年編~

2020/09/22

 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中! 【次ページ】1990年のパ・リーグ... 続きを見る


卓越した選球眼。1000四球達成者で最少の本塁打数、ボール球を振らない自制心……去就注目の鳥谷敬が阪神でうち立てた偉業

2020/01/17

今オフ、鳥谷敬内野手が16年間にわたって支えてきた阪神タイガースを退団した。2020年も現役を続行する意思を表明しており、その去就が注目されている。全5回にわたって、阪神時代に成し遂げた偉業を紹介する本企画。第2回は、四球の記録だ。... 続きを見る


2019年野球殿堂入り発表 立浪和義氏、権藤博氏、脇村春夫氏

2019/01/15

 公益財団法人野球殿堂博物館の競技者表彰委員会は15日、「2019年野球殿堂入り表彰者」を発表。プレーヤー表彰からは、立浪和義氏が、エキスパート表彰からは、権藤博氏が選出された。また、特別表彰委員会からは、脇村春夫氏が新たに殿堂入りとなった。    立浪氏は、PL学園高から1987年ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。現役22年間ドラゴンズ一筋で、通算2480安打、171本塁打、1037打点、日本プロ野球記録となる487二塁打を放ち、ベストナイン2度、ゴールデングラブ賞を5度受賞している。ミスタードラゴンズと称され、中日の黄金期を支えた。2009年に現役を引退し、現在は野球解説者、評 ... 続きを見る


NPB、平成の打撃ベストナインは? ポジション別最強打者を選出<二塁手編>

2018/12/31

 プロ野球は、平成最後のシーズンを終え、各球団はすでに来季に向けたチーム編成に動いている。今季も、多くの記録が生まれ、また、時代を彩った名選手が現役を引退した。    平成の時代を振り返る意味も込めて、7回にわたって、平成元年から平成30年(1989年~2018年)までのシーズン成績をもとに、打撃ベストナインを選出する。    評価基準は、規定打席到達年のOPS(出塁率+長打率)を重視し、そのシーズンにおける傑出度を測るべく、必要に応じてタイトルも評価に加えた。打撃成績に焦点を当てたベストナインであるため、守備は考慮せず、走塁の比重も軽くなる。また、年度間のボールの違いやパ ... 続きを見る