大谷翔平選手をはじめとした日本人メジャーリーガーを中心にメジャーリーグ・日本プロ野球はもちろん、社会人・大学・高校野球まで幅広いカテゴリーの情報を、多角的な視点で発信する野球専門メディアです。世界的に注目されている情報を数多く発信しています。ベースボールチャンネル



Home » プロ野球最新情報 » 中日 » 中日じゃなければ…?他球団なら主力クラスの選手(1)防御率0点台の“スター候補“

中日じゃなければ…?他球団なら主力クラスの選手(1)防御率0点台の“スター候補“

2024/05/14

text By

photo

産経新聞社



(左から)中日・根尾昂、立浪和義監督、鵜飼航丞

プロ野球 最新情報(最新ニュース)

  2年連続セ・リーグ最下位に沈んでいる中日ドラゴンズ。今季は開幕ダッシュに成功し、一時は首位に立ったが、現在はその勢いが影を潜めている。4年ぶりのAクラス入りを目指す中で、出場機会に恵まれない選手や、本来のポジションで起用されない選手も少なくない。ここでは、他球団であれば主力となり得る選手を紹介したい。

 

今シーズンのセ・リーグはDAZNで生中継!
月額1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 

根尾昂

中日・根尾昂
投打:右投左打
身長/体重:177cm/84kg
生年月日:2000年4月19日
経歴:大阪桐蔭高
ドラフト:2018年ドラフト1位
 
 本格覚醒が待ち遠しい根尾昂。環境を変えることで、才能が一気に開花する可能性もあるだろう。
 
 大阪桐蔭高校で1年秋からベンチ入りし、投打で大活躍。高校最後の夏はチームを春夏連覇に導いた。
 

 
 ドラフト会議では4球団が根尾を指名し、中日が交渉権を獲得。二刀流挑戦も噂された中、遊撃手一本で勝負すると宣言した。
 
 しかし、入団後はプロの壁に阻まれ、バッティングで苦しむシーズンが続いた。2021年からは外野手に挑戦し、序盤にプロ第1号となる満塁本塁打を放つ活躍を見せたが、その後は不振に陥りレギュラー定着とはならず。2022年のシーズン途中に投手転向が決まった。
 
 昨季はシーズン終盤の9月から2試合に先発登板。打線との兼ね合いや味方のエラーなどもありプロ初勝利を記録することは出来なかったが、防御率0.71の好成績を記録した。
 
 今季は開幕二軍スタートとなり、先発ローテーション入りへ向けて調整。5月5日に一軍昇格となった。仮定の話ではあるが、他球団ならどのような成績を残したのか、考えずにはいられない選手だ。

 

 
【関連記事】
中日じゃなければ…?他球団なら主力クラスの選手(2)
中日じゃなければ…?他球団なら主力クラスの選手(3)
中日じゃなければ…?他球団なら主力クラスの選手 全紹介

 

 
【了】