プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



打撃3部門とは無縁でも…「無冠の帝王」の5人(5)僅差でタイトル逃したスラッガー

2022/11/24

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 プロ野球の世界では、タイトル獲得が一つの大きな勲章だ。野手では主要打撃3部門(打率・本塁打・打点)の受賞が特に大きな価値となっている。しかし、主要タイトルとは無縁だったものの、球界を代表する強打者として活躍した選手も数多くいる。ここでは、「無冠の帝王」と称された一流打者5人を紹介する。

 

 

池山隆寛


出身:兵庫県
投打:右投右打
身長/体重:183cm/75kg
生年月日:1965年12月17日
ドラフト:1983年ドラフト2位

 
 「ブンブン丸」の愛称で親しまれた池山隆寛も、30本塁打以上のシーズンを重ねながら打撃タイトルは獲得できなかった。
 
 1983年ドラフト2位でヤクルトスワローズから指名を受けプロ入り。入団当時は水谷新太郎が正遊撃手として活躍していたため、出場機会は限られていた。
 
 プロ4年目の1987年からレギュラーに定着し、1988年には31本のアーチを描いた。同年から5年連続で30本塁打を達成した池山は、チームの中心打者に。三振数の多さがクローズアップされることもあったが、自らの特徴であるフルスイングを貫いた。

 

 
 1988年はカルロス・ポンセ(大洋)に2本差、1990年は落合博満(中日)に3本差といったように、本塁打王の可能性も十分にあった池山。残念ながらタイトルホルダーにはなれなかったが、豪快な打撃でファンを魅了し続けた。