データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



2019年野球殿堂入り発表 立浪和義氏、権藤博氏、脇村春夫氏

2019/01/15

text By

タグ: , , , , , ,



 公益財団法人野球殿堂博物館の競技者表彰委員会は15日、「2019年野球殿堂入り表彰者」を発表。プレーヤー表彰からは、立浪和義氏が、エキスパート表彰からは、権藤博氏が選出された。また、特別表彰委員会からは、脇村春夫氏が新たに殿堂入りとなった。
 
 立浪氏は、PL学園高から1987年ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。現役22年間ドラゴンズ一筋で、通算2480安打、171本塁打、1037打点、日本プロ野球記録となる487二塁打を放ち、ベストナイン2度、ゴールデングラブ賞を5度受賞している。ミスタードラゴンズと称され、中日の黄金期を支えた。2009年に現役を引退し、現在は野球解説者、評論家として活躍している。
 

 権藤氏は鳥栖高、ブリヂストンタイヤを経て、1961年に中日に入団。1年目は連投に連投を重ねて、69試合(内44試合は先発)429回1/3を投げ、35勝19敗、310奪三振、防御率1.70を記録し、新人王、沢村栄治賞を獲得した。連投過多による肩の故障で現役生活はわずか8年間だったが、通算成績は5年で210試合に登板し、82勝60敗。引退後はコーチ、監督を歴任し、2017年におこなわれた第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でも投手コーチを務めた。
 

 脇村氏は、2002年に第5代日本高等学校野球連盟会長に就任。高校生のプロ野球入団の正常化を実現化した。また、現役プロ野球選手の母校練習参加解禁のきっかけとなったプロ野球現役選手によるシンポジウム「夢の向こうに」を開催するなど、プロ・アマ交流において多大な貢献をした。