データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



秋山・清原・デストラーデのAKD砲が完成 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1990年編~

2020/09/22

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1990年のパ・リーグ

チーム   試合 勝率 得点 失点 得失点
西武    130 .643 634 487  147
オリックス 130 .548 690 619  71
近鉄    130 .528 678 638  40
日本ハム  130 .512 570 542  28
ロッテ   130 .445 571 622  -51
ダイエー  130 .325 522 757  -235
 

 
 強大なチーム力で西武がリーグ戦を圧倒したシーズンである。この後3年ほどが西武ライオンズの歴史の中で最も強かった時期にあたる。その流れを象徴するかのように清原和博(西武)が前年に続き、wRAAランキング1位となっている。wRAAは53.1。1打席あたりの得点貢献を示すwOBA(※3)、出塁率、長打率でもいずれもリーグ首位となった。OPS(出塁率+長打率)は1.068。この年がおそらく清原のベストシーズンになるだろう。
 
 ちなみにこの年の清原が記録した105四球は、1968年野村克也(当時南海)の記録を破るパ・リーグ新記録であった。清原は1986年の新人シーズンから勝利換算(※2)の数字を毎年改善するなど、着実に成績を向上させていた。それだけに翌年以後の低迷は正直なところ予想外であった。この後、規定打席に達したうえで、新人時代に記録したOPS.976を上回ったシーズンは引退までなかった。
 
 2位以下は、マイク・ディアズ(ロッテ)から6位門田博光(オリックス)まで長距離打者が並んでいる。ただその中でもディアズの出塁率.435は頭ひとつ抜けており、これがwRAAで清原に迫った一因となっている。乱闘シーンの記憶がつい想起されてしまう打者だが、打席では忍耐力を発揮していたようだ。
 
 4位オレステス・デストラーデ(西武)はこの年からフル出場で、42本塁打、101打点で本塁打王と打点王を獲得。打点王は9位の石嶺和彦(オリックス)と分け合ってのものであった。ベスト10の中には30本塁打クリアが7人、20本台が2人と長距離打者がずらりと並んだ。そんな中、3本塁打でランクインした西村徳文(ロッテ)が異彩を放っている。西村はこの年も出塁率.418を記録するなど、出塁のスペシャリストだった。
 
 オリックス勢からは4人がランクインしている。この年はチームの主砲であるブーマーがシーズン3分の2ほどを欠場。そのためブーマーがランキングから外れているが、それでもベスト10に多くの打者を送り込んだ。しかもブーマーを欠きながら、得失点差は前年より改善している。この年は結果的に2位に終わったが、不運に見舞われなければ、前年同様波乱を起こすチャンスはあった。
 
 ベスト10圏外の打者は秋山幸二(西武)。すでにこれまでベスト10入りしてきた打者だが、この年はわずかに漏れている。ただし51盗塁(失敗9)で盗塁王を獲得しており、長打力、守備力と合わせた能力の高さを見せつけた。この年、西武はクリーンナップに秋山・清原・デストラーデが揃った。いわゆる「AKD砲」である。西武黄金期における攻撃の形はこの年に定まっていた。

1990年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
読売   130 .677 589 399  190
広島   132 .508 570 528  42
横浜大洋 133 .492 546 563  -17
中日   131 .477 573 603  -30
ヤクルト 130 .446 529 609  -80
阪神   130 .400 550 655  -105
 

 
 この年もセ・リーグの1位は、wRAA34.3を記録した落合博満(中日)であった。本塁打王、打点王、最高出塁率を獲得しての首位だが、後続との差は縮まってきている。この年の落合は打率が2割台にとどまったが、セ・リーグに移籍後初めて到達した100四球が、wRAAに寄与した。
 
 2位・3位はこの時点ですでに人気を集めていたヤクルトの広沢克己・池山隆寛が占めた。実はこの年すでにその後のヤクルトの運命を変えたと言っても過言ではない古田敦也が入団している。だがまだこの年は勝敗にインパクトを与えるまでには至っていない。
 
 4位のバンスロー(中日)が.560で最高長打率を、8位のジム・パチョレック(横浜大洋)が.326で首位打者を記録。バンスローはこの年限りで帰国となった。傑出するのがかなり難しい年だったようで、wRAAで20点以上の利得を計上した選手が中日とヤクルトに2人ずつ、計4人いるだけとなっている。セ・リーグでwRAA20点以上が4人以下となったのはここまで1955年と1970年の2回だけである。
 
 この頃のセ・リーグは、チーム得点の差がなかなか開かない年代となっている。中日はベスト10に4人をランクインさせながら、総得点は読売の589より16点少ない。ただそのかわりにチーム総失点で大差が生まれている。全チームが520失点以上を喫する中、読売の失点はわずか399。リーグ平均を160失点も下回った。この投手力を武器に読売は連覇を達成。勝率.677は1983年西武(勝率.683)以来、セ・リーグでは1966年読売(勝率.685)以来の高い勝率であった。
 
 ベスト10圏外では広島勢の2人、ロッド・アレンと西田真二を取り上げる。アレンは367打席、西田は207打席ながら、共に1打席あたりの得点貢献を示すwOBA(※3)は首位の落合を上回った。特に西田はwOBA.446と数字が高く、前年に引き続いての好成績を残している。西田は前年もフル出場選手の半分弱程度の打席であったため、2年を合計すれば431打席と規定をクリアする打席数になる。この431打席でのwOBAは.433で1位相当となるのはもちろん、積み上げのwRAAにおいても36.0で1位という結果になる。少ない打席数で突き抜けた成績はほかの年のほかの選手にも散見される。だがこのように2年連続にわたり、1シーズンレベルの打席数で好成績を残し続ける圏外選手は珍しい。
 
 実はこれはこの年の広島の外野の人員過多が原因である。好調アレンが規定未満となっているのもこれが原因だ。前田智徳、江藤智、緒方孝市といった将来の広島を背負って立つ人材でもなかなか出場機会をもらえていない。この後、広島はコンバートやトレードによって人材を整理することに成功。有望選手の出場機会を増やすことにつながり、これにより数年後に強力打線を形成することができた。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る






  • 記者募集