プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



ソフトバンク・岩嵜翔、又吉克樹のFA人的補償で中日へ移籍「精一杯のピッチングができれば」 立浪監督「結果を出せる環境を作ります」

2021/12/28

text By



 中日ドラゴンズと福岡ソフトバンクホークスは27日、又吉克樹投手がフリーエージェント(FA)宣言を経てソフトバンクに移籍した人的補償選手として、岩嵜翔投手が中日に移籍すると発表した。
 

 
 岩嵜は、市立船橋高から2007年高校生ドラフト1巡目でソフトバンクに入団。ルーキーイヤーから一軍デビューを飾り、高卒4年目の11年にプロ初勝利、初完封勝利を含む6勝をマーク。12年以降はリリーフを主戦場とし、17年には72試合登板、6勝3敗2セーブ40ホールド、防御率1.99と圧巻の成績を残し、最優秀中継ぎ投手(46ホールドポイント)のタイトルに輝いた。近年は故障に悩まされていたが、今季は48試合に登板、一時は抑えを任されるなど復活を印象付けた。通算成績は299試合(595回)を投げ、30勝33敗11セーブ96ホールド、424奪三振、防御率3.48となっている。

 岩嵜は、ソフトバンク球団を通じて、「来年、再起をかけたシーズンと見据えていたので、今回の移籍をチャンスととらえ、自分を選んでいただいた中日球団に感謝しつつ、精一杯のピッチングができればと思います。
 
 長い間応援してくれたホークスファンの皆さん、大した成績も残せませんでしたが、そんな自分への皆さんの応援が本当に力になりました。マウンドで頑張っている姿を見かけたら、また声援を貰えると嬉しいです。 本当にありがとうございました。」とコメント。
 
 中日・立浪和義監督は、「このような形でドラゴンズにきてもらう事になりましたが、必要な戦力として大変ありがたく思っています。新天地でもしっかり結果を出せる環境を作ります、期待してます。」とコメントした。
 
【2021-2022年版】中日ドラゴンズ 新入団、新加入選手一覧
【2021-2022年版】福岡ソフトバンクホークス 新入団、新加入選手一覧