データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



セの松井秀喜、パのイチロー時代到来 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1996年編~

2020/10/15

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

 
 この年は、アトランタ五輪が行われた。野球日本代表は学生と社会人だけで臨んだが、見事銀メダルを獲得。以後WBCとは違い、夏のシーズン真っ盛りの時期に行われる五輪ではなぜか勝てず、これ以後3回出場してわずか銅メダル1個に終わっている。プロの参加しない五輪野球代表はこれが最後となった。

1996年のパ・リーグ

チーム   試合 勝率 得点 失点 得失点
オリックス 130 .597 607 529  78
日本ハム  130 .540 527 502  25
西武    130 .492 517 521  -4
近鉄    130 .481 555 571  -16
ロッテ   130 .472 456 525  -69
ダイエー  130 .422 551 565  -14
 

 
 イチロー(オリックス)がブレイクのシーズンから3年連続でwRAA首位となった。高卒5年目までに3回wRAAリーグ首位となった選手はイチロー以前に川上哲治(当時読売)1人だけで、55年ぶり。各チームが毎年100試合以上のリーグ戦を挙行するようになってからはイチローが唯一の選手となる。最高出塁率と首位打者を併せての獲得は3年連続となった。
 
 2位に入ったのは同じオリックスのトロイ・ニール。本塁打王・打点王を獲得し、最高長打率も記録。1打席あたりの得点貢献を示すwOBA(※3)ではイチローを上回る.404でリーグ首位と、同じチームの2人の中心選手がリーグ最強打者を分け合う形となった。
 
 5位にはタフィー・ローズ(近鉄)が初のランクイン。後年の歴史的なスラッガーとしての活躍をすることになるが、来日直後はそこまでの打者ではなかったことがよく知られている。とはいえ実はこの来日時点ですでにかなり危険な打者であったようだ。面白いのは9位のロブ・デューシー(日本ハム)で、打率.246、26本塁打というスタッツでほぼ1年間1番を打っていた。低打率から不向きだったと感じる人が多かったようだが、実は出塁率が.373とリーグ7位の数字を残していた。出塁率.408の片岡篤史を1番で使わない場合、デューシーが最も適任の可能性があった。日本ハムは後年、小笠原道大を2番で使ったこともあるなど、セイバーメトリクスが推奨する打順とは縁が深い球団のようだ。
 
 ベスト10圏外での注目選手は11位の中村紀洋(近鉄)。この時点では特に異様なスタッツではない。ただここからパ・リーグをリードする存在にまでのし上がる契機の年として、同じ立場、同じ球団のローズと同様に取り上げた。
 
 リーグ戦は前年の極端な貧打から是正が図られたようで、前年比で本塁打は100本増、打率は1分上昇、長打率は2分上昇している。2019年までの50年間におけるパ・リーグは年間130試合あたりの得点が554点。この年は535.5点なので、496点であった前年に比べればかなり標準的なシーズンだった。過去の歴史を遡れば、打撃上位だろうが投手上位だろうが、行き過ぎた時にそれを揺り戻すような動きは必ずある。運営側も時代を問わずバランスには気を遣っているようである。

1996年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
読売   130 .592 563 478  85
中日   130 .554 641 589  52
広島   130 .546 670 597  73
ヤクルト 130 .469 536 560  -24
横浜   130 .423 571 660  -89
阪神   130 .415 482 579  -97
 

 
 松井秀喜(読売)がwRAA44.7を記録し、初の首位となった。ただしこの年はまだ歴史的な強打者というほどではなく、長打率など含め、リーグ首位となった項目はない。まったく対処できないほどの強打を発揮するのは、これからまだ4年ほど後のことである。
 
 2位に入ったのがこの4年ほど上位を占めてきた江藤智(広島)。この年の江藤は欠場が多かったため、打席が多い打者ほど有利になる積み上げ式の指標であるwRAAでは松井に一歩譲ったものの、wOBAでは堂々の首位である。両リーグ揃ってwOBAの首位とwRAAの首位が異なるのは初めてのことであった。江藤は出塁率.431でも後続を千切った1位となっており、長打力に強みのあるスタイルだった例年とはやや毛色の変わった1年だったようだ。
 
 3位山崎武司(中日)は39本で本塁打王を獲得したほか、長打率.625でもリーグ1位。wRAA、wOBA、長打率でリーグ1位の打者がそれぞれ異なるシーズンというのも珍しく、スラッガーが多くの球団に分散している点でにぎやかに感じる。
 
 ほかにはこのシーズンは本塁打王に1本差と迫った大豊泰昭(中日)が4位に。いよいよ本領を発揮してきた金本知憲(広島)が5位に。3年連続首位打者を獲得したアロンゾ・パウエル(中日)が6位に。年齢を重ねてもベスト10からは外れない落合博満(読売)が7位にと、個人的には見どころの多いベスト10であった。
 
 6位パウエルが42二塁打、8位立浪和義が39二塁打と、中日勢が意外な長打力を記録した。セ・リーグで過去17年間にマークされた最多二塁打が37本だったのでやや異常な結果である。また、中日は別の2人(山崎・大豊)が本塁打1・2位を占め、さらにこの年5人をベスト10に送り込んだ。このことから球団が高反発球を採用していたのかと考えたが、本拠地球場ごとの打撃成績の残しやすさを示すパークファクターに異常はなかった。単なる結果の偏りのようである。ただこのような状況でも江藤・金本らを擁する広島の方が総得点は多く、広島打線の高い能力をうかがわせる。
 
 このようにこの年は好成績の打者が多かった。これにより109打点で打点王となったルイス・ロペス(広島)が割を食ってベスト10圏外となっている。ロペスは2年連続打点王など6年間中心打者として日本で活躍。積極的に打って出るタイプであるため、四球も三振も必然的に少なかった。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集