データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



セの松井秀喜、パのイチロー時代到来 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1996年編~

2020/10/15

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

 
 この年は、アトランタ五輪が行われた。野球日本代表は学生と社会人だけで臨んだが、見事銀メダルを獲得。以後WBCとは違い、夏のシーズン真っ盛りの時期に行われる五輪ではなぜか勝てず、これ以後3回出場してわずか銅メダル1個に終わっている。プロの参加しない五輪野球代表はこれが最後となった。

【次ページ】1996年のパ・リーグ
1 2 3


  • 記者募集