データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:アレックス・ロドリゲス

今季30号到達のレッドソックス・22歳デバース、偉大なレジェンドたちの仲間入りへ

2019/09/20

ドミニカ共和国出身・メジャー3年目  ボストン・レッドソックスのラファエル・デバース内野手は現地18日(日本時間19日)に行われた対サンフランシスコ・ジャイアンツ戦で今季第30号となる本塁打を放った。この日の一発でデバースが数々の記録に名を残したことを同日、公式サイト『MLB.com』のスペイン語圏向け『ラス・マジョーレス.com』が報じている。    デバースは、この試合で放った今季第30号により、シーズン30本塁打&50二塁打以上をクリアした。これは、レッドソックス史上、デービッド・オルティス氏(2007年)、そして同じく今季達成したザンダー・ボガーツ内野手についで3人目となる記 ... 続きを見る


エンゼルス・トラウト、史上最年少『200本塁打&200盗塁』で早くも伝説の域に 大谷翔平は代打で三振

2019/09/01

 ロサンゼルス・エンゼルスは、8月31日(日本時間9月1日)、ボストン・レッドソックスと対戦。マイク・トラウト外野手が、史上最年少での200本塁打と200盗塁の同時達成者となった。大谷翔平投手はベンチスタートから代打出場し、空振り三振だった。試合は10‐4でエンゼルスが勝利した。    序盤は両軍点の取り合いで、4回を終えて3‐4とエンゼルスが1点ビハインド。試合はその後無得点の展開が続いたが、8回裏にエンゼルスがビッグイニングを作って逆転に成功した。デビッド・フレッチャー内野手の勝ち越し適時打、アルバート・プホルス内野手の今季20号、通算653号となる3点本塁打などで7点を奪った。 ... 続きを見る


エンゼルス・プホルス、歴代3位の通算2000打点達成! 名だたるレジェンドが集うMLBの歴代TOP5を紹介

2019/05/11

 ロサンゼルス・エンゼルスのアルバート・プホルス内野手が9日(日本時間10日)、ソロ本塁打を放って通算2000打点に到達した。この記録はMLB史上第3位となり、この快挙に称賛の声が寄せられている。1920年に打点が公式に記録されるようになって以来、最も多く打点を記録した5人を紹介する。 【次ページ】1位... 続きを見る


超ビッグカップルが婚約! メジャー通算696発のAロッド氏が世界一リング捧げる「完璧な2人」

2019/03/13

お相手は女優などで活躍するジェニファー・ロペスさん  かつてニューヨーク・ヤンキースなどで活躍し、メジャー歴代4位の通算696本塁打、同3位の通算2086打点を記録したアレックス・ロドリゲス氏が、恋人のジェニファー・ロペスさんにプロポーズし、見事婚約した。米公式サイト『MLB.com』が12日(日本時間13日)に伝えている。    現在43歳のロドリゲス氏は『A-Rod』の愛称で親しまれ、現役時代はシアトル・マリナーズ、テキサス・レンジャーズ、そしてヤンキースに在籍。1994年のメジャーデビュー以降、22年間で通算2784試合に出場し、打率.295、歴代4位の696本塁打、同3位の2 ... 続きを見る


超一流選手獲得には300億必要? MLB巨額契約ランキング【編集部フォーカス】

2019/03/11

フリーエージェント市場の停滞が囁かれる中で、ブライス・ハーパー外野手(フィラデルフィア・フィリーズ)、マニー・マチャド内野手(サンディエゴ・パドレス)、ノーラン・アレナド内野手(コロラド・ロッキーズ)といった選手が立て続けにMLB史上に残る巨額契約を交わした。ここでは“契約総額”という点にフォーカスし、これまでの巨額契約を振り返る。 (*本文中の金額は1ドル=111円として計算) 【次ページ】第1位... 続きを見る


“ライバル対決”でMLBがヨーロッパ初開催 現地視察のAロッド氏「雰囲気良かった」

2018/11/20

英国ロンドンで2試合!NFL、NBAに次ぐ進出で成功なるか  かつてニューヨーク・ヤンキースなどで活躍し、メジャー歴代4位の通算693本塁打を誇るアレックス・ロドリゲス氏が19日(日本時間20日)、来年6月に英国・ロンドンで行われるボストン・レッドソックス対ヤンキースの試合を宣伝するために現地ロンドンを訪れた。    このレッドソックスとヤンキースによる「ロンドン・シリーズ」は、来年現地6月29日~30日にかけて2試合が行われる予定で、ヨーロッパでMLBのレギュラーシーズンとしての試合が開催されるのは初めてのこと。当日は2試合ともレッドソックスのホームゲームとして行われる。 &nbs ... 続きを見る


ヤンキース、Wカード争い2位なら過密日程の可能性 Aロッドが訴える本拠地開催の重要性

2018/09/28

 ニューヨーク・ヤンキースとオークランド・アスレチックスがワイルドカードゲームの本拠地開催権をめぐって激しい戦いを展開している。ヤンキースレジェンドのアレックス・ロドリゲス氏は「何としてもヤンキースは本拠地開催権を獲得するべき」と発言している。26日(日本時間27日)、米メディア『12up』が報じた。    26日(同27日)を終えた時点で、ワイルドカード首位争いは、ヤンキースがアスレチックスに対し1.5ゲーム差のアドバンテージをつけている。しかし、ヤンキースは残り4試合のうち、最後の3連戦を宿敵ボストン・レッドソックスと敵地で戦うこともあり、全く予断を許さない状況だ。   ... 続きを見る


大谷の活躍にAロッドも絶賛「これは世界的な物語だ」

2018/04/07

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手に、メジャー歴代4位の696本塁打を放った元ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲス氏も大絶賛だ。現在は米『FOXスポーツ』で解説者を務めるロドリゲス氏は4日、大谷の活躍を受け「メジャーが高校野球に見える」と発言。さらに別のコーナーでは「世界的な物語だ」とも絶賛した。    大谷は打者としては2試合連続本塁打を記録。投手としてはデビュー戦でメジャー初白星と、これ以上ないMLBでのデビューを飾っている。この活躍を受け、メジャー歴代4位の696本塁打の記録を持つ元ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲス氏も自身が出演する番組で、「メ ... 続きを見る


ダルビッシュの去就に通算696発のA・ロドリゲスが注目「市場に出回っている素晴らしい選手」

2017/12/14

 今季オフにロサンゼルス・ドジャースからFAとなり、去就が注目されているダルビッシュ有投手。現地報道のFA市場ランキングでは上位に名を連ね、アストロズやツインズ、カージナルスなど多くの球団が獲得に興味を示している。    また、球団だけでなく球界OBもダルビッシュの動向が気になっているようだ。ヤンキースなどでプレーし、MLB史上4位となる通算696発を放ったアレックス・ロドリゲス氏は、自らのツイッターでダルビッシュの動向を気にかけた。    ロドリゲス氏は自らのツイッターで「ダルビッシュは今オフのフリーエージェント市場に出回っている素晴らしい選手で、彼と契約したチームに多大 ... 続きを見る


好調キープのA-Rod 直球とインコース攻めに対応も、課題は変化球

2015/04/21

ESPNでコラムニストを務めるバスター・オルニー氏は、A-Rodこと、ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲスが復帰する際に一番懸念されていたのは直球への対応力だとツイートした。だが周囲の不安を払拭する開幕ダッシュでここまで12試合に出場し、打率.316、HR4本と打線を引っぱる活躍を見せている(4月19日現在)。... 続きを見る