プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



岩村明憲がメジャー挑戦、再起をかける松井秀喜ら6選手の活躍はーー日本人野手のメジャー挑戦を振り返る【2007年編】

2020/07/09

text By

photo

Getty Images



 ついに7月23日(日本時間7月24日)開幕が決まったメジャーリーグ。60試合制や、ナショナル・リーグ初の指名打者(DH)制導入など、NPB同様2020年は異例のシーズンとなる。
 

 
 一方で、今年は新たに筒香嘉智、秋山翔吾、山口俊の3人がNPBから海を渡り、メジャーの舞台に挑戦。2人の野手が同時に挑戦するのは、2012年の青木宣親と川﨑宗則以来8年ぶりとなる。筒香と秋山は、日本人野手再評価の流れを作ることができるだろうか。
 
 本シリーズでは、年度別シーズンOPSランキングトップ10選手と、同年の日本人選手の成績を振り返り、時代背景とともに日本人野手のメジャーリーグ挑戦の軌跡を辿る。今回は2007年編。

2007年シーズンOPSランキングトップ10


 
 

 2007年は、ランキング常連のアレックス・ロドリゲス(ニューヨーク・ヤンキース)が初の1位に輝いた。同年のロドリゲスは、打率.314、54本塁打、156打点をマークし、アメリカン・リーグ本塁打王、打点王の二冠を獲得。長打率.645、OPS1.067は両リーグトップの数値となった。
 
 2位はチームをワールドチャンピオンへと導く活躍を見せたデビッド・オルティス(ボストン・レッドソックス)、3位にタンパペイ・デビルレイズ(現タンパペイ・レイズ)のカルロス・ペーニャ、4位にはチッパー・ジョーンズ(アトランタ・ブレーブス)が入った。
 
 5位にはマグリオ・オルドニェス(デトロイト・タイガース)が初のランクイン。オルドニェスは、毎年3割前後の打率を残す好打者だったが、メジャー11年目となった同年は大きく数字を伸ばした。打率.363、216安打、28本塁打、139打点、OPS1.029をマークし、初の打撃タイトルとなるア・リーグ首位打者を獲得した。
 
 続く6位のプリンス・フィルダー(ミルウォーキー・ブルワーズ)は、阪神タイガースでもプレーした父セシル・フィルダーと同じく長距離砲として活躍を続けた。同年は前年の倍近い50本塁打を放ち、ナショナル・リーグ本塁打王を獲得。メジャー3年目にして飛躍を遂げた。
 
 7位はマット・ホリデイ(コロラド・ロッキーズ)、8位に前年1位のアルバート・プホルス(セントルイス・カージナルス)、9位にチェイス・アトリー(フィラデルフィア・フィリーズ)が初のランキング入りを果たした。
 
 10位には同じくフィリーズのライアン・ハワードとなった。前年はナ・リーグ本塁打王、打点王の二冠に輝き、ランキング3位に入ったハワード。7つ順位を下げる結果となったが、47本塁打、136打点をマークし、2年連続ナ・リーグ打点王を獲得した。

1 2 3 4 5