データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



福留孝介がメジャー挑戦。松井稼頭央は光る活躍――日本人野手のメジャー挑戦を振り返る【2008年編】

2020/07/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ついに7月23日(日本時間7月24日)開幕が決まったメジャーリーグ。60試合制や、ナショナル・リーグ初の指名打者(DH)制導入など、NPB同様2020年は異例のシーズンとなる。
 

 
 一方で、今年は新たに筒香嘉智、秋山翔吾、山口俊の3人がNPBから海を渡り、メジャーの舞台に挑戦。2人の野手が同時に挑戦するのは、2012年の青木宣親と川﨑宗則以来8年ぶりとなる。筒香と秋山は、日本人野手再評価の流れを作ることができるだろうか。
 
 本シリーズでは、年度別シーズンOPSランキングトップ10選手と、同年の日本人選手の成績を振り返り、時代背景とともに日本人野手のメジャーリーグ挑戦の軌跡を辿る。今回は2008年編。

2008年シーズンOPSランキングトップ10


 
 
 2008年は、アルバート・プホルス(セントルイス・カージナルス)が2年ぶりの1位に返り咲いた。同年のプホルスは、打撃タイトルの獲得とはならなかったが、打率.357、出塁率.462はナショナル・リーグ2位の成績。長打率.653、OPS1.114は両リーグトップの数値を誇った。
 
 2位にはアトランタ・ブレーブス一筋のチッパー・ジョーンズが入った。同年は両リーグトップの打率.364、出塁率.470をマークし、初の打撃タイトルとなるナ・リーグ首位打者を獲得。36歳を迎えたベテランが、もう一花を咲かせた。
 
 3位にはボストン・レッドソックスからシーズン途中にロサンゼルス・ドジャースへ移籍したマニー・ラミレス、4位にミルトン・ブラッドリー(テキサス・レンジャーズ)、5位にランス・バークマン(ヒューストン・アストロズ)と続いた。
 
 6位にはライアン・ラドウィック(セントルイス・カージナルス)、7位に前年1位のアレックス・ロドリゲス(ニューヨーク・ヤンキース)、8位にカルロス・クエンティン(シカゴ・ホワイトソックス)となった。
 
 同年に初のランクインを果たしたラドウィック、クエンティンはともにキャリアハイの成績を残し、シルバースラッガー賞を獲得した。
 
 9位はマーク・テシェイラ(ニューヨーク・ヤンキース)、10位はケビン・ユーキリス(ボストン・レッドソックス)という結果になった。
 
 ユーキリスは、2014年に東北楽天ゴールデンイーグルスでプレーし、そのまま引退した日本でもよく知られる選手だ。2008年は打率.312、29本塁打、115打点、出塁率.390、OPS.958をマーク。高い選球眼と勝負強い打撃で、名門・レッドソックスの打線を支えた。

1 2 3 4 5 6


  • 記者募集