データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



松井秀喜がメジャー挑戦、イチローら3選手の活躍は――日本人野手のメジャー挑戦を振り返る【2003年編】

2020/07/05

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ついに7月開幕(日本時間7月24日か25日)が正式決定となったメジャーリーグ。60試合制や、ナショナル・リーグ初の指名打者(DH)制導入など、NPB同様2020年は異例のシーズンとなる。
 

 
 一方で、今年は新たに筒香嘉智、秋山翔吾、山口俊の3人がNPBから海を渡り、メジャーの舞台に挑戦。2人の野手が同時に挑戦するのは、2012年の青木宣親と川﨑宗則以来8年ぶりとなる。筒香と秋山は、日本人野手再評価の流れを作ることができるだろうか。
 
 本シリーズでは、年度別シーズンOPSランキングトップ10選手と、同年の日本人選手の成績を振り返り、時代背景とともに日本人野手のメジャーリーグ挑戦の軌跡を辿る。今回は2003年編。

2003年シーズンOPSランキングトップ10


 
 
 2003年は、バリー・ボンズ(サンフランシスコ・ジャイアンツ)が3年連続でランキングを制した。同年のボンズは本塁打、打率ともにナショナル・リーグ2位となり、タイトルこそ逃したものの、出塁率.529、長打率.749、OPS1.278と3部門で両リーグトップの成績を残した。
 
 2位にランクインしたのはアルバート・プホルス(セントルイス・カージナルス)だ。プホルスは、2001年にメジャーデビューを果たし、ナ・リーグ新人王を獲得。同年のアメリカン・リーグ新人王はイチローが獲得しており、二人は盟友としても知られている。メジャー3年目となった2003年はさらに成績を伸ばし、打率.359、212安打で首位打者と最多安打を獲得。アベレージヒッターとしての面もあるが、43本塁打、124打点、OPS1.106をマークしており、長打力も兼ね備える好打者と言えるだろう。
 
 3位はトッド・ヘルトン(コロラド・ロッキーズ)、4位はゲーリー・シェフィールド(アトランタ・ブレーブス)とプホルス同様の打撃を誇る打者が続く。
 
 5位に入ったのは、カルロス・デルガド(トロント・ブルージェイズ)だ。同年は打率.302とハイアベレージを残しながら、42本塁打、両リーグトップの145打点をマークし、自身初の打点王に輝いた。
 
 6位にマニー・ラミレス(ボストン・レッドソックス)、7位にジム・エドモンズ(カージナルス)と続き、8位はランキング常連のアレックス・ロドリゲス(テキサス・レンジャーズ)だ。同年のロドリゲスは、両リーグトップの47本塁打をマークし、3年連続ア・リーグ本塁打王を獲得。地区最下位に沈んだチームで、シーズンMVPに輝く奮闘ぶりを見せた。
 
 9位にはトロット・ニクソン(レッドソックス)、同じくレッドソックスのデビッド・オルティスが10位という結果になった。

1 2 3 4





  • 記者募集