データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:2019 MGM MLB Opening Series

マリナーズが開幕2連勝!イチロー無安打も勝利に歓喜 決勝点演出のゴードン「感謝でいっぱい」

2019/03/21

「彼から学んだ全ての事が思い出された」 <シアトル・マリナーズ 5―4 オークランド・アスレチックス>   マリナーズが21日、東京ドームで行われた「2019 MGM MLB Opening Series」第2戦でアスレチックスに5-4で勝利。開幕2連勝とした。メジャー初登板の菊池雄星投手は5回途中2失点で勝ち星は付かず、イチローは4打数無安打に終わった。    マリナーズは、先発の菊池が4回まで無失点と好投していたが、5回に制球が定まらず、タイムリーを浴びた直後に降板。その後もリリーフ投手が走者の生還を許し、菊池のメジャー初登板は4回2/3を投げて被安打4、与四球1、奪三 ... 続きを見る


イチロー、スタンディングオベーションに包まれ交代 涙する菊池雄星の左肩叩き言葉かける

2019/03/21

第4打席は好機で遊ゴロ、8回に守備位置就いた直後に退く <シアトル・マリナーズ ― オークランド・アスレチックス>  マリナーズは、4-2とアスレチックスを突き離した直後に2番手のロエニス・エリアス投手が7回にピンチを招いて降板。ここで3番手でマウンドに上がったダン・アルタビラ投手が満塁から4番のクリス・デービス外野手に中前へ2点タイムリーを安打を浴びて4-4の同点に追い付かれた。    マリナーズは8回、アスレチックス4番手のルー・トリビーノ投手に対して1死から7番のティム・ベッカム内野手の二塁打でチャンスを作ると、2死後にイチロー外野手が第4打席を迎えた。    大歓声 ... 続きを見る


大歓声、のちに静寂…イチローの第3打席は見逃し三振 7回の守備にも就く

2019/03/21

アスレチックス3番手ソリアのチェンジアップに手が出ず <シアトル・マリナーズ ― オークランド・アスレチックス>    マリナーズはメジャー初登板の菊池雄星投手が4回2/3を投げて2失点(自責点1)で降板。3-2と1点リードで試合終盤を迎えた。    この日ここまで三邪飛、二ゴロと打ち取られたイチロー外野手は7回、無死二塁のチャンスでアスレチックス3番手のホアキム・ソリア投手と対戦。大観衆の拍手と声援で包まれる中打席に立った。    初球の外角低め143キロの速球を見逃し、2球目は同じく外角低め146キロの速球を空振り。3球目と4球目は速球が外角高めに外れ、カウン ... 続きを見る


菊池雄星、タイムリー浴び4回2/3で無念の降板 メジャー初登板初勝利ならず

2019/03/21

4回まで順調も5回に突如崩れる <シアトル・マリナーズ ― オークランド・アスレチックス>    メジャー初登板のマリナーズ・菊池雄星投手は、2回まで3奪三振をマークしていたが、3回から内容が一変。先頭打者に自身メジャー安打を浴びたものの、後続の上位打線を抑えて無失点とした。    そして4回は3番のスティーブン・ピスコッティ外野手、4番のクリス・デービス外野手、5番のチャド・ピンダー外野手と中軸を前の回に続いて打たせて取り三者凡退。一発の怖さがある強力アスレチックス打線を相手に堂々の投球を見せた。    3-0とリードし勝ち投手の権利が懸る5回。菊池は先頭の6番 ... 続きを見る


イチロー、第2打席は痛烈な打球放つも二ゴロ 前日に交代した4回の守備も右翼でプレー

2019/03/21

<シアトル・マリナーズ ― オークランド・アスレチックス>    マリナーズは2回にライオン・ヒーリー内野手の第1号2ラン本塁打、3回にミッチ・ハニガー外野手の第1号ソロ本塁打が飛び出し3点をリード。投げてもメジャーデビューの先発・菊池雄星投手が2回までに3つの三振を奪い無失点と上々の立ち上がりを見せた。    菊池は3回のマウンドで先頭の8番ラモン・ローレアーノ外野手にメジャー初被安打となる右前安打を許して2回に続いて無死から走者を背負う形に。この後暴投で走者を二塁に進めてしまうが、続くジョシュ・フェグリー捕手を二飛、マーカス・セミエン内野手も二飛に打ち取って2アウトとす ... 続きを見る


菊池雄星、上々の立ち上がり!2回まで3K無失点 マリナーズは序盤2発で主導権握る

2019/03/21

イチローの第1打席は三邪飛 <シアトル・マリナーズ ― オークランド・アスレチックス>    マリナーズは、メジャーデビューの菊池雄星投手が先発。学生時代から憧れたそのマウンドにいよいよ登る時が来た。    菊池は初回、先頭のマーカス・セミエン内野手をフルカウントから投ゴロに打ち取り、自らベースを踏んでメジャー最初のアウトを取った。続くマット・チャップマン内野手はカウント1-2から内角低めへの134キロのスライダーで空振り三振。    そして、開幕戦で初回に先制ソロ本塁打を放っている3番のスティーブン・ピスコッティ外野手をフルカウントから146キロの速球で右飛、イ ... 続きを見る


イチロー、2戦連続「9番・右翼」でスタメン! 菊池雄星が白星デビューへ強力ア軍打線に挑む

2019/03/21

マリナーズは打順変更なし、前日に続き猛打発揮なるか  シアトル・マリナーズとオークランド・アスレチックスによる日本開幕シリーズ「2019 MGM MLB Opening Series」第2戦が21日、東京ドームで行われる。試合に先立って、両チームのスターティングメンバ―が発表された。    マリナーズは、イチロー外野手が2試合連続で「9番・右翼」で先発出場する。前日の開幕戦は2打席に立ち1打数無安打1四球の成績だったが、日本のファンの前で待望の安打を放ってシリーズを終えることができるか注目だ。また、ラインナップは1番から9番まで前日と変わりなく、2本塁打を含む9得点を放った開幕戦に引 ... 続きを見る


マリナーズ、逆方向に満塁弾のサンタナ「あんな方向に…」 日本での開幕には「夢叶った」

2019/03/20

新加入で持ち味発揮!連勝に意欲「やるべきことを」 <シアトル・マリナーズ 9―7 オークランド・アスレチックス>  シアトル・マリナーズが20日、東京ドームで行われた日本開幕戦「2019 MGM MLB Opening Series」でアスレチックスに9-7で勝利を収めた。    マリナーズは2点を追う3回に、アスレチックス先発のマイク・ファイアーズ投手に対してディー・ゴードン内野手のタイムリー安打、今季から加入したドミンゴ・サンタナ外野手による右翼スタンド中段に突き刺さる第1号満塁本塁打で5点を挙げ5-2と逆転に成功する。    その後、アスレチックスの4番クリス・デービ ... 続きを見る


マリナーズ、2発含む9得点で打撃戦制し開幕白星発進! イチローは2打席無安打&途中交代

2019/03/20

4回の守備に就いた直後に歓声の中ベンチに下がる <シアトル・マリナーズ ― オークランド・アスレチックス>    シアトル・マリナーズとオークランド・アスレチックスによる日本開幕戦「2019 MGM MLB Opening Series」が20日、東京ドームで行われ、マリナーズが9-7でアスレチックスに勝利。マリナーズのイチローは2打数無安打に終わり、4回の守備を前に交代した。    マリナーズは初回に先制ソロ本塁打を浴びるなど2回までに0-2とリードを許す展開となる。しかし、3回にディー・ゴードン内野手のタイムリー安打、ドミンゴ・サンタナ外野手の1号満塁本塁打で一挙5得点 ... 続きを見る


アスレチックス、2番の大砲チャップマンが反撃3ラン マリナーズ2番手右腕を粉砕

2019/03/20

<シアトル・マリナーズ ― オークランド・アスレチックス>    アスレチックスは、2-5と3点を追う3回に昨季メジャー最多となる48本塁打を記録した4番の指名打者クリス・デービスが1号2ラン本塁打を放ち4-5と1点差に詰め寄る。    しかし、その後マリナーズにティム・ベッカム内野手の2ラン本塁打を浴びるなど中盤5回までに4-9と大きくリードを許す展開となった。    そのまま試合終盤を迎えたが、7回にマリナーズ2番手の右腕ニック・ランベロー投手に対して1死二、三塁と反撃のチャンスを作ると、ここで昨季24本塁打を放った2番のマット・チャップマン内野手が右翼スタン ... 続きを見る


マリナーズ、5回までに打線爆発9得点! ベッカムの2ランでアスレチックスを突き離す

2019/03/20

<シアトル・マリナーズ ― オークランド・アスレチックス>    マリナーズは2点を追う3回にディー・ゴードン内野手のタイムリー安打、ドミンゴ・サンタナ外野手の第1号満塁本塁打で5-2と一気に逆転に成功する。    対するアスレチックスも直後に4番のクリス・デービス外野手が第1号2ラン本塁打を放ち1点差に。しかし、それでもマリナーズは4回にミッチ・ハニガー外野手の犠飛によって6-4と再び突き離した。    マリナーズのイチロー外野手は二飛、四球と第2打席を終えたところで交代となったが、チームの攻撃はここで終わらない。    5回にはアスレチックス3番手の ... 続きを見る


イチロー、4球連続ファールの粘りの末に四球 守備に就いた直後に歓声の中ベンチに退く

2019/03/20

マリナーズは4番デービスに2ラン浴びるも再び突き放す  マリナーズは、2回までに2点のリードを許す展開となったが、3回にディー・ゴードン内野手のタイムリー安打、ドミンゴ・サンタナ外野手の第1号満塁本塁打で5-2と一気に逆転に成功した。    対するアスレチックスは、直後の攻撃で2死三塁のチャンスを作り、4番のクリス・デービス外野手がセンターへ左への第1号2ラン本塁打を放って4-5と1点差に詰め寄る。    第1打席でアスレチックス先発のマイク・ファイアーズ投手の前に二飛に倒れたマリナーズのイチロー外野手は、4回無死一塁で第2打席を迎えた。    アスレチックス2番 ... 続きを見る


イチロー、第1打席は144キロの速球に二飛 マリナーズは先制許すも満塁弾で逆転!

2019/03/20

<シアトル・マリナーズ ― オークランド・アスレチックス>    マリナーズの初回の攻撃は、アスレチックス先発のマイク・ファイアーズ投手の前に無得点。直後、右翼の守備へ全力疾走で就くイチロー外野手に球場に詰めかけた観衆から大歓声が送られた。    一方のアスレチックスは、マリナーズ先発の左腕マルコ・ゴンザレスに対して2死走者なしから3番のスティーブン・ピスコッティ外野手がバックスクリーンへ特大の第1号ソロ本塁打を放ち、幸先良く1点を先制した。    2回を三者凡退で終えたマリナーズに対し、アスレチックスは先頭のチャド・ピンダー外野手が右前安打で出塁すると、続くマッ ... 続きを見る


いよいよ開幕!復活なるか、イチロー「9番・右翼」でスタメン アスレチックスも強力布陣

2019/03/20

1試合4安打放った7年前の再現に期待  シアトル・マリナーズとオークランド・アスレチックスによる日本開幕戦「2019 MGM MLB Opening Series」が20日、東京ドームで行われる。試合に先立って、両チームのスターティングメンバ―が発表された。    マリナーズは、マイナー契約からメジャー19年目を迎えることとなったイチロー外野手が、来日3試合連続で「9番・右翼」で先発出場する。読売ジャイアンツとのプレシーズンゲームでは2試合とも無安打に終わったが、4安打を放った7年前の日本開幕戦の再現なるか注目だ。    ミッチ・ハニガー外野手、エドウィン・エンカーナシオン ... 続きを見る