データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



アスレチックス、2番の大砲チャップマンが反撃3ラン マリナーズ2番手右腕を粉砕

2019/03/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



<シアトル・マリナーズ ― オークランド・アスレチックス>
 
 アスレチックスは、2-5と3点を追う3回に昨季メジャー最多となる48本塁打を記録した4番の指名打者クリス・デービスが1号2ラン本塁打を放ち4-5と1点差に詰め寄る。
 
 しかし、その後マリナーズにティム・ベッカム内野手の2ラン本塁打を浴びるなど中盤5回までに4-9と大きくリードを許す展開となった。
 
 そのまま試合終盤を迎えたが、7回にマリナーズ2番手の右腕ニック・ランベロー投手に対して1死二、三塁と反撃のチャンスを作ると、ここで昨季24本塁打を放った2番のマット・チャップマン内野手が右翼スタンドへ第1号3ラン本塁打を放って7-9と一気に2点差に迫った。