データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



菊池雄星、上々の立ち上がり!2回まで3K無失点 マリナーズは序盤2発で主導権握る

2019/03/21

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



イチローの第1打席は三邪飛

<シアトル・マリナーズ ― オークランド・アスレチックス>
 
 マリナーズは、メジャーデビューの菊池雄星投手が先発。学生時代から憧れたそのマウンドにいよいよ登る時が来た。
 
 菊池は初回、先頭のマーカス・セミエン内野手をフルカウントから投ゴロに打ち取り、自らベースを踏んでメジャー最初のアウトを取った。続くマット・チャップマン内野手はカウント1-2から内角低めへの134キロのスライダーで空振り三振。
 
 そして、開幕戦で初回に先制ソロ本塁打を放っている3番のスティーブン・ピスコッティ外野手をフルカウントから146キロの速球で右飛、イチロー外野手がその打球を捕球し3アウトとなった。菊池は初回の立ち上がりを三者凡退で抑えている。
 
 マリナーズは直後の攻撃で、アスレチックス先発のマルコ・エストラーダ投手に対して2死一塁から8番のライオン・ヒーリー外野手が左翼スタンド上段へ第1号2ラン本塁打を放ち幸先良く2点を先制した。そして、続く9番のイチロー外野手はカウント2-1から三邪飛に倒れて3アウト。第1打席から快音を響かせることはできなかった。
 
 先に2点の援護をもらった菊池はその裏、先頭の4番クリス・デービス外野手に対して四球を与えて無死一塁。しかし、続くチャド・ピンダー外野手はカウント2-2から外角高めのスライダーで空振り三振に仕留め、マット・オルソン内野手は二ゴロ、一塁走者のデービスを二塁封殺とする。2死一塁となって、最後はジュリクソン・プロファー内野手を内角低めの141キロのスライダーで空振り三振。この回2つの三振を奪って無失点とした。
 
 マリナーズは3回にも2番ミッチ・ハニガー外野手の第1号ソロ本塁打で1点を追加。3-0とリードを広げている。