データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大歓声、のちに静寂…イチローの第3打席は見逃し三振 7回の守備にも就く

2019/03/21

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



アスレチックス3番手ソリアのチェンジアップに手が出ず

<シアトル・マリナーズ ― オークランド・アスレチックス>
 
 マリナーズはメジャー初登板の菊池雄星投手が4回2/3を投げて2失点(自責点1)で降板。3-2と1点リードで試合終盤を迎えた。
 
 この日ここまで三邪飛、二ゴロと打ち取られたイチロー外野手は7回、無死二塁のチャンスでアスレチックス3番手のホアキム・ソリア投手と対戦。大観衆の拍手と声援で包まれる中打席に立った。
 
 初球の外角低め143キロの速球を見逃し、2球目は同じく外角低め146キロの速球を空振り。3球目と4球目は速球が外角高めに外れ、カウント2-2となった後の5球目、最後は外角やや高めのチェンジアップを見逃して三振となった。
 
 イチローの打席が終え、数秒間の静寂となった直後にイチローを敬愛するディー・ゴードン内野手が左前安打で繋いで1死一、三塁とチャンスが広がる。続くミッチ・ハニガー外野手は死球で満塁となり、ここで3番のジェイ・ブルース内野手が左翼へ犠飛を放って1点を追加。マリナーズが4-2とリードを広げた。